外資系企業勤務はグローバルではない

MBA留学

どうもプロサラです。

 

外資系企業で5年間ほど働いていたプロサラですが、外資系企業は本当の意味でのグローバルな環境ではありません。外資系企業の日本法人の場合、対象マーケットは日本です。世界ではありません。本当の意味でのグローバルで働こうと思ったら欧米にある本社に勤務する必要があります。

 

スポンサーリンク

外資系企業の日本法人勤務って

 

外資系メーカーでプロダクトマネージャーとして働いていたプロサラですが、主な役割は担当製品群の「日本の」売上を最大化することでした。したがって対象マーケットは日本です。日本の顧客に対してどのような施策を行えば売上を最大化できるのかを常に考えていました。

 

そのプロセスの中で、米国本社のグローバルの製品担当とディスカッションすることはよくありました。また、米国から日本へエンジニアやマーケティング担当が来て、顧客へ一緒に訪問する、展示会へ一緒に行くこともありました。

 

外資系の日本法人の仕事って所詮こんなものです。グローバル環境というのは社内環境がグローバルなだけであって社外は当然日本なのです。また、日本の事について常に考える仕事なのです。

 

グローバルな環境で働きたいから外資系企業で働く、というのはちょっと意味が違うので注意が必要です。確かに英語を使ってディスカッションすることもあります。ですが考える事は日本の事なのでグローバルとは言えません。

 

本当のグローバルとは、世界の事を考える仕事でしょう。アジアや欧州、米国に対してどうやって製品を展開していくのか、あるいはどのような製品がグローバル戦略を実現するために必要なのか。こういった思考をする仕事が真のグローバル環境での仕事といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

「グローバルな環境」で働きたければ

 

それではどうすれば真の意味でのグローバル環境で働けることができるのでしょうか?方法は2つあります。一つは欧米の本社で働くことです。もう一つは日系企業のグローバル部門で働く事です。

方法1:欧米本社に務める

 

欧米の本社で働く事は別エントリでも説明しましたが非常に高い壁です。自身が優秀であることはもちろん、高い英語力も求められます。欧米の文化にも馴染んでいる必要がありますし、日本人的なマインドセットでは働く事は難しいでしょう。

 

(参考)米国本社勤務の高い壁

ポストMBA外資系転職:米国本社勤務への壁
外資系メーカに勤めていた頃、プロサラは本社への出張はあるものの、米国本社で働くという機会には恵まれませんでした。実感として本社で働くのは相当な理由がないと難しいです。ポストMBA転職後に、米国本社で働きたい方、興味のある方に本社で働くために必要な事について説明します。

 

方法2:日系企業のグローバル部門で働く

もう一つの方法は日系企業のグローバル部門で働く事です。こちらの方が現実的といっていいでしょう。今、日本国内の市場が縮小する中、海外に活路を見出そうとしている企業がたくさんあります。そういった企業で海外の事業開発や海外戦略を考える人材は多く求められているのではないでしょうか。

 

しかしながら日系企業なので外資系企業とはカルチャーが異なります。派閥があったり、人間関係重視だったり、不合理な慣習があったり、意思決定プロセスが遅かったり、などのデメリットも踏まえておくことが必要になります。

 

外資系企業のように責任が明確でない、また若い内は意思決定権のない仕事をさせられたりします。それでもグローバルな仕事がしたいということであれば、外資系の日本法人で働くよりもやりたい事はできます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

外資系企業の日本法人での勤務は日本国内の事しか考えないので、グローバルな環境とは言えません。グローバル戦略に関わる事をしたい、という人は欧米系企業の本社で働くか日系企業のグローバル部門で働くかでしょう。

 

前者は非常に厳しく、後者が現実的ではないでしょうか?海外展開を模索している日系企業はたくさんあるはずです。「グローバルな仕事」をしたい人は日系企業で働きましょう。ただし、デメリットは受け入れる必要があります。

 

キャリアに迷われている方がいればコチラの記事が参考になりますのでどうぞ。

転職マーケットにマッチした人材になるための工夫
転職エージェントが発表するレポートなどを定期的にチェックすること、新聞などからトレンドを把握すること、転職エージェントの担当者と会って情報収集すること、の3点が重要です。プロサラはそれを20代の後半から意識することによって、今では希少人材になることができました。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

コメント