外資系と日系企業の利益率の違いはどこから来る?

外資系転職

どうもプロサラです。

 

日系企業は外資系企業に比べて営業利益率が低い事が明らかになっています。実際に働いていた経験から利益率の低い理由について書いてみます。端的に言うと日系企業は無駄が多いことがあげられます。

 

人件費の無駄

まず感じるのは人の使い方です。日系企業の場合、のんびりと仕事をしている人が多いです。特に中高年の人は何をしているかわからない人がたくさんいます。

 

また、会議で一言も喋らずにただ出ている人、無駄な出張に伴う時間の浪費や交通費や宿泊費の金銭的コスト負担増、などが上げられます。一方で外資系企業は定量的にシビアに仕事を評価します。

 

合理的で無駄がないため利益を上げるために組織が運営されているといっても過言ではないでしょう。

 

スキルの専門性のなさ

外資系企業の場合、職種で専門性が磨かれます。例えばマーケティング職ならマーケティングでキャリアを構築していきます。したがってマーケティングのスペシャリストが仕事をしていますのでパフォーマンスも高くなります。

 

一方で日系企業の場合、製造部門にいた人がマーケティングへ、その後マーケティングから営業部門へ異動、のような事があります。せっかく製造部でのスキルを身に付けたと思ったらマーケティングへ。

 

マーケティングの知識をゼロから身につけなければなりません。このように異なる職種に異動することによって専門性が身に付かない、結果としてパフォーマンスが落ちることになります。非効率的な経営になってしまわざるを得ません。

 

意思決定に時間がかかる

外資系企業の場合、各自の責任が明確でスピードが日系企業よりも2倍から3倍は早く物事が決まって進んでいきます。

 

一方で日系企業の場合、皆の同意が必要です。一つの事を決めるのに色々な人のコンセンサスを得る必要があります。その分意思決定に時間がかかって中々物事が進まない状況が起こりえます。

 

そのため、成果を上げるまでに時間がかかってしまいます。どうしても効率が悪くなってしまいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

外資系企業と日系企業の営業利益率の違いを実体験から推測してみました。人の使い方、スキルの専門性、意思決定の遅さが経営効率を悪くし、その結果として利益率が低くなるのではないでしょうか?

 

これはあくまで仮説ですが明らかに日系企業は外資系企業に比べて非効率的な経営をしています。経営効率を取り上げただけで働きやすさとは別問題なのですが。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

外資系企業への転職について以下も参考になります。

外資系企業とプレッシャー
外資系企業では会社とのコミットメントが非常に重要です。コミットした数字、目標には非常にシビアな目で見られます。日系企業のように毎日決まった時間に出社しても数字が達成できていなければ袋叩きにされます。
外資系企業での出世
外資系企業でのキャリアについて説明してきました。以上はあくまでプロサラの実体験です。マネジメント層になると中途採用で外からやってくることがほとんどです。また、業界にはピラミッド構造が存在しており、基本的にはピラミッドの上から下へキャリアアップする形で転職してくるのです。
外資系企業への転職
プロサラははじめての外資系企業への転職でカルチャーショックをかなり受けました。ですが、人間関係がある程度できてくるとその仕組みが合理的にできていることに気づきます。
ポストMBA外資系企業での面接術
外資系企業での面接術について紹介します。同業種・同業界の場合はスキル・経験の刷り合わせになるので何をやってきたのかを話しましょう。異業種・異業界の場合は熱意とキャッチアップするための具体的な努力を伝えましょう。両者に共通する対策として端的にかつ早口で話すようにしましょう。
ポストMBA外資系転職:米国本社勤務への壁
外資系メーカに勤めていた頃、プロサラは本社への出張はあるものの、米国本社で働くという機会には恵まれませんでした。実感として本社で働くのは相当な理由がないと難しいです。ポストMBA転職後に、米国本社で働きたい方、興味のある方に本社で働くために必要な事について説明します。

コメント