オンライン海外MBAをオススメする理由

MBA留学

どうもプロサラです。

 

以前にパートタイムで参加できる海外の大学が提供するDistance Learning MBAを紹介しました。今回はこの海外オンラインMBAについてそのメリットについて深掘りします。

 

海外オンラインMBAとは

その名の通り、海外の大学の提供するオンラインMBAです。もちろん英語での授業なので英語力が必須です。メリットは働きながら参加できる事です。

 

 

提供している大学、コース

Financial timesにOnline MBAコースのグローバルランキングが出ています。これによると、1位はUKのWarwick Business School、2位はSpainのIE Business School、3位はUSのUniversity of Massachusettsでした。

 

Business school rankings from the Financial Times - FT.com
Business school rankings, including MBA, MSC, and European MBA rankings from the Financial Times

 

ちなみにプロサラがFull time MBA取ったUniversity of Bradford School of Managementは14位にランキングされています。

 

 

University of Bradford School of ManagementのOnline MBAについて

コースの例として上記スクールについて紹介します。カリキュラムは各大学のHPで確認してもらえればいいのですが、ここでは参考にBradford universityを取り上げます。

 

コース内容

学ぶ科目はMBAと同様です。戦略論からマーケティング、HRM、Operation Management、Finance、Accounting、などです。特にイノベーション、リーダシップ、チェンジマネジメント、デジタルマーケティング、ブランド戦略、意思決定支援、など実践的な内容となっています。

 

Elective moduleもあるので深掘りしたい科目は選択可能です。また一番の特徴は自分の好きな時間にE-learningシステムを用いて学習する事が可能です。チューターの助けも得ることが可能です。

 

引用

The flexibility of the Distance Learning MBA allows you to study at your own convenience with our new Virtual Learning Environment, and we provide live online sessions with tutors that help you contextualise your learning.

 

授業料

授業料はリーゾナブルです。International studentでも£17,000=約250万円ほどです。

 

入学資格

少なくとも3年以上の就労経験、アカデミック・仕事での何かしらの成果を上げていること、GMATテストに相当する試験をクリアする必要性(数学と読解力)。

 

英語力

IELTS Overall 6.5以上(全てのセクションで5.5以上)

 

なぜOnline MBAがオススメなのか

まずパートタイムで仕事をしながらでも受講可能な点です。そして海外の大学が提供しているMBAコースなので、MBA取得後のキャリアでの評価につながります。

 

また、英語での授業なので英語力向上にも繋がります。最後に価格が魅力的な点です。生活費もかからないですし、授業料もフルタイムMBAに比べて安価です。

 

引用

The programme enabled me to study whilst continuing a busy full time job. It is flexible and supports students wanting to work around a career and family commitments, in a way that other MBA courses may not. It provides a comprehensive range of core and elective modules, and the ‘triple accreditation’ gives the course a quality seal of approval. The Distance Learning MBA utilises the latest technologies and enables international collaboration that is very reflective of today’s modern work environment.

 

MBA Distance Learning
A flexible online MBA designed with the busy executive in mind. Concentrations available in finance, marketing, HR, information management and healthcare.

 

オンラインMBAに通うビジネスマンが増えている

プロサラが外資系企業で働いている時に、出張で米国や欧州に行って同僚と話すとオンラインMBAで学んでいる、という人が多かったです。パートタイムで融通がきくし、安い。会社からも評価してもらえる、というのが彼らがそこで学ぶ理由でした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

オンラインのテクノロジが発達したおかげで、海外の大学でもオンラインMBAの推進が進んでいるようです。フルタイムで行くよりも価格が安くリスクもないMBAはとてもオススメです。Financial TimesのMBAランキングを参考に自分にあったオンラインMBAコースを探してみてはどうでしょうか?日本にいならがらにして海外大学の授業を受ける事が可能です。

 

MBA検討する際には同時にキャリア戦略の組み立てが非常に重要です。キャリア戦略策定について、プロサラがブラック企業時代に考えていたことを、その後のMBA留学・外資系企業勤務時代の経験から体系的にまとめた「戦略的転職プラン」をご覧下さい。

 

【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 前編|プロサラ|note
「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。 当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら...
【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 中編|プロサラ|note
「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。 当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら行動し...
【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 後編|プロサラ|note
「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。 当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら行動していま...

 

MBAを検討されている方、以下の記事も合わせてどうぞ。

MBAを検討して迷ってるなら早く行くべき
もしMBA留学検討段階で迷われている方がいたら、さっさと留学準備を始めた方がいいです。やることがたくさんあるので。それでも留学したいという願望があるならば続きますし、ないなら断念します。時間を無駄にしないためにも、さっと行動に移した方がいいでしょう。
MBA留学決意からの流れと劇的向上した英語-IELTS・TOEICスコア推移-
留学を決意してから実際に留学を実現するまで、時間軸に沿って振り返ってみます。2011年5月に本格的に留学を決意して、2012年6月に渡英していますので準備期間は約1年。TOEICスコア400点未満からのスタートでしたのでギリギリといえばギリギリでした。振り返ると準備期間は2年くらいあった方が無難でした。
TOP MBAでないと意味はないのか?
MBA留学を検討されている方、タイトルのようにどこのMBAに行けばいいのか悩みますよね。TOP MBAとなるとGMATとTOEFLの勉強で相当な時間が取られます。そこまで時間と費用をかけてMBA取る必要あるの?TOP MBAでないと意味ないの?前者の質問についてはNO、後者の質問についても答えはNOです。
コスパ良・ROI高・お得なMBA留学って?
コスパの良いMBAを狙おうと思うなら、短期間でコースが終了できる、都市より地方、トップ高ではないが質の高いコース、をおススメします。自分ではよく調べられない、という方はMBA留学エージェントにカウンセリングを受けることで自分の留学に対するモチベーションを確認できたり、目的や卒業後のキャリアまで明確になります。
国内MBAに行くなら海外通信制MBAへ
海外志向が少しでもあるならば海外MBAもしくは海外の大学が開いている通信MBAが良いでしょう。個人的には日本の社会、経済的なマクロ環境を考えるとグローバルビジネスは必須ですので海外MBAの方がいいです。ただしお金と時間がかかるので海外の大学が提供しているパートタイムの通信MBAを受講するのが一番おススメです。

コメント