転職して働きはじめたらpart4 人に慣れる

転職

どうもプロサラです。

 

転職して働きはじめたらシリーズ第4回は人に慣れる、です。新しい環境で働きはじめて一番気を使う部分は人、です。人は話してみないとわからないし、合う人・合わない人がどうしても出てきます。この人には聞けるけど、あの人とはあまり関わってはいけない、などを掴むまでは多少時間がかかります。

 

教えたがりの人と仲良くなる

何もわからない新参者に親身になって色々教えてくれる世話好きの人を見つけましょう。プロサラは今まで4回転職しましたが、いずれも教えたがりの人が近くにいました。この人に最初は色々聞いて覚えていきました。

 

その時、ちゃんとお礼はして大変感謝しましょう。もっと仲良くなってくると社内、部内の人間関係についても教えてくれたりします。あまり深入りしてはいけませんが、人なので人間同士の関係については理解しておいた方がいいです。

 

それとなく人間関係について理解していく

教えたがりの人からの情報だけを信用しては危ないので、仕事をする中で人間関係や人それぞれの性格について理解していきましょう。その中で、あの人にはこういう対応、この人にはこういう対応といったようなコミュニケーションの仕方を理解していきましょう。

 

特に上司とのコミュニケーションは一番重要です。メールでのやり取りを好む人なのか、口頭での報告を好む人なのか、など上司のスタイルを理解してコミュニケーションを円滑にとれるようにしましょう。

 

ここでも焦らない

プロサラは人と仲良くなるまでに時間がかかるタイプです。したがってすぐに打ち解けようと焦って人間関係を作ろうとしても上手くいきませんでした。それよりも仕事をする中で少しずつ人間関係を作っていった方がよいです。

 

仕事をする上で人間関係は重要ですが、焦って打ち解けようとしたり無理すると逆効果の場合もあるので焦らないでじっくりいきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

転職して働きはじめたら人間関係にも慣れていきましょう。まずは教えたがりの人と関係を作るのがよいです。また、上司とのコミュニケーションも重要なので上司のスタイルを理解しましょう。周囲との人間関係は焦ってもすぐにはできませんので焦らずにじっくり付き合っていく中で作っていきましょう。時間が解決してくれます。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

転職して働き始めたらシリーズはコチラから。

転職して働き始めたらpart1 気合いを入れすぎない
新しい環境に慣れ親しむまでは時間がかかると言う事を理解しておきましょう。これだけで楽になります。入社して1日で周囲に溶け込むのは不可能です。肩肘張らずに自分は何も知りません、教えて下さい、くらいの心持ちでいた方がよいでしょう。
転職して働きはじめたらpart2 挨拶回りをしよう
転職して入社した最初の日は当たり前ですが挨拶して回りましょう。上司が紹介してくれるケースがほとんどなので上司について回りましょう。ただし、上司がいないケースがあるので、その場合は上司に確認してから挨拶回りをした方がいい場合もあります。
転職して働きはじめたらpart3 物理的な環境に慣れる
転職して新しい環境で働き始めたらまずは物品や機器、アプリケーションの位置や使い方を把握しておきましょう。仕事を進める上での前提です。何も聞かずに放置していると上司から依頼があった時に慌てふためくことになります。そうならないためにも事前にアシスタントの方などを通じて教えてもらっておきましょう。

コメント