時間と費用をかけて上位校でMBA取らないと意味はないのか?

どうも、プロサラです。

MBA留学を検討されている方、タイトルのようにどこのMBAに行けばいいのか悩みますよね。MBA上位校となるとGMATとTOEFLの勉強で相当な時間が取られます。

そこまで時間と費用をかけてMBA取る必要あるの?

MBAランキングが上位の学校でないと意味ないの?

という疑問に対して答えます。

前者の質問についてはNO、

後者の質問についても答えはNOです。

時間と費用をかけてMBA取る必要あるの?→「No」の理由

まず、MBAトップスクールへ留学しようと思うとかなりハードルが高いのがわかります。社費なら別ですが私費の場合、授業料の高さがボトルネックになります。また、GMATやTOEFLで高いスコアが求められます。ここでスコアを取るために勉強だけに100万円費やしている人も中にはいることでしょう。また、時間も3年くらいかけて勉強をしている方もいらっしゃいます。

MBA上位校に行くのにそこまで時間とお金かける必要あるの?とプロサラは思ってしまいます。目的が何かによりますが、単にMBA留学したい、とかキャリアアップしたいという漠然とした理由であるならば私はお金と時間の無駄だと思います。むしろ、自分のキャリアとして何を実現したいのか、が明確になっているならば例えTOP MBAでなくても十分な費用対効果が得られます。

もし、「MBA後はモルガンスタンレーやゴールドマンサックスで投資銀行業務に携わりたい」とか、「MBA後はボスコンやマッキンゼーといった戦略ファームでコンサルタントとして働きたい」というような人はMBAランキング上位校を目指すべきでしょう。

そうでなく、「英語を武器に将来はグローバルビジネスに携わりたい」とか「今はメーカー勤務だが、MBA後は年収をアップさせたい」とか「MBA後は事業会社のマーケティング部門やファイナンス部門で働きたい・キャリアチェンジしたい」とか思っている人はランキング上位のMBAでなくても大丈夫です。

というかMBA上位校行っても投資回収できません。

それらが目的になっている人は中堅MBAで投資効率の高いコースにいかれる事をおススメします。具体的に中堅MBAでの投資対効果を知りたい方は以下の記事を参照下さい。私の経験から金銭的なリターンと金銭以外のリターンについて記載しています。自分の留学理由が明確であればどの学校に行けば一番自分にとっての投資効果が高いかがわかります。

そういう意味で冒頭の「時間と費用をかけてMBA取る必要あるの?」の質問についての回答は「No」です。

(参考)MBA投資とリターンについて

関連記事

どうもプロサラです。 MBA留学を決意してから、留学準備→留学→帰国→転職→現在、に至りますが、いったいいくらお金を投資して、リターンはどうなのか?プロサラの経験から実際にかかった金額と帰国後のサラリーから費用対効果があったのかどうか検証[…]

ランキング上位のMBAでないと意味ないの?→「No」の理由

まず自分の留学目的が明確になっているならば、その目的次第ではTOP MBAでなくても十分意味があります。日本人のMBAホルダーというとハーバードやスタンフォード、LBSなどのトップスクールを思い浮かべる人が多くいます。ところがアメリカではそうではありません。

プロサラがMBA後に外資系メーカーで働いた経験から書かせてもらいます。まず、マネージャークラス以上はMBAホルダーでした。ただし、どこの大学のMBAかを見てみるとMBA上位校出身者は少なかった印象です。パートタイムでMBA取得した人や昇進にMBAが必要だったから取得した、という人がほとんどです。

そう、アメリカやヨーロッパではマネジメントの立場になるにはマネジメントの学位であるMBAを取得することが必要になるのです。同僚でエンジニアからグローバルマーケティングにキャリアチェンジしたアメリカ人がいました。彼曰く、「いくらエンジニアリングがわかっていてもビジネスがわかっていないとマーケティングマネージャーになれない、だからMBAを学ぶんだ」、と言っていました。

外資系企業の日本法人の採用でもそうですが、マネージャークラスの採用となるとMBA保持者が優遇されます。もちろんそれまでの実績が重要なのは言うまでもありませんが。そういう意味でMBAというのは「ビジネスをちゃんと知ってますよ。体系的に勉強していますよ」という資格なのです。

したがってどこの大学のMBAをとったとかはあまり関係ないのです。これが、「MBA上位校でないと意味ないの?」の質問に対する「No」の回答理由です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

かならずしもTOP MBAに行く必要はありません。むしろ目的によっては中堅MBAで十分です。プロサラは費用対効果を考慮した留学を実現しました。卒業して5年たちますが、十分にメリットを活かして今に至ります。もしMBAへの投資とリターンを最大化させたい方は以下の記事を読んでみて下さい。

MBA完全ハックマニュアルへ