雇用制度延長から思うこと

雑記

どうもプロサラです。

 

毎日新聞にこんな見出しがありました。「65歳以上雇用へ法改正」。。。これで政府は年金受給開始年齢を遅らせようとする布石を打つことになりましたね。

 

政府:65歳以上継続雇用へ法改正検討 社会保障費を抑制 - 毎日新聞
 安倍晋三首相は5日、国の成長戦略を議論する「未来投資会議」(議長・安倍首相)で、意欲のある高齢者が65歳を過ぎても働き続けられるよう法改正を検討する方針を表明した。高齢者にできるだけ長く働いてもらうことで、年金などの社会保障費を抑制するとともに、人手不足を緩和して成長の底上げを狙う。2020年の通

 

プロサラが60歳になる30年後はどうなるのでしょうか?75歳定年とかなっているのでしょうかね。そして年金受給年齢が80歳からとか・・・

 

ということで少し将来について考えてみます。

 

増大する社会保険料

 

誰もが知っている通り、日本の人口は減少していて、高齢化まっしぐらです。そのような状況下なので当たり前ですが国内の医療費は増える一方です。

 

また、年金制度について言えば、現役世代が年金受給世代の費用を負担する形になっています。増大する医療費に年金。これを今の制度で支えていくことはもはや難しいのが現状です。

伸びない給料

 

それでも経済が成長していて、全体の収入である給与が上がっていれば、これに耐えることができます。

 

しかしながら経済成長は30年近く停滞したまま。給与も増えていません。給与が増えない中、社会保障費が増大していくというのが今の日本の現状です。

 

価値観を大きく変える必要性

 

したがってプロサラの親世代、バブル以前の世代の価値観と同じ価値観で生きていても報われません。親世代は頑張ったら給与が上がる、銀行金利が高いのでとにかく預けていればお金が増える、というような世の中ではないのです。

 

それではどのような価値観で生きればいいのでしょうか?

 

会社で頑張っても給与が上がらないのであれば、別で収入を作るか支出を見直すかです。

 

給与を上げるため、支出を下げるために具体的にどうするかは別記事に記載していますのでそちらをご覧ください。

 

(参考)給与を上げるためにできること 後日アップ予定

(参考)すぐに貯金ができる方法教えます

すぐに効果が出る貯金を増やす方法教えます
どうもプロサラです。 昨日、マネーフォワードから家計に関する記事が出ていたので紹介します。 これを例にすぐに貯金を増やす方法教えます! 収支を一目見てどこが改善できるか考えられるようにしなけ...

 

 

情報強者にならなければいけない

 

給与を上げるのは難しい。別で収入を作るのもいきなりは難しい。そんな時に重要なのが支出を見直す事です。

 

特にテクノロジーの進化で今までコストかかっていたものが大幅に下げられるサービスがたくさん出てきています。

 

・C to C のプラットフォーム(メルカリなど)

・ライドシェア(自動車や自転車)

・レンタル

・新聞(例えば楽天証券に口座を作ると無料で新聞読めるサービスがあります)

 

などなどたくさんあります。

こういった情報を収集するクセをつけておいて、少しでも便利でかつ低コストなサービスがあれば積極的に利用していくことです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

経済成長が停滞していて給与が伸びない中、社会保障費は増大する一方で、今後サラリーマンの手取り給与はさらに少なくなっていくことでしょう。

 

こういった状況で大切なのは支出を減らす努力で、新しいテクノロジーが低コストなサービスを提供してくれるのでこれを利用しない手はありません。

 

情報収集する仕組みを作って常に最新のトレンドを手に入れる環境を作っておくことをオススメします。

コメント