こんな会社は勤めるなPart8 辞めさせてくれない会社

ブラック企業

どうもプロサラです。

 

本シリーズも第8弾まできました。今回は辞めようとしても中々辞めさせてくれない会社です。退職の意思表示をしても、何かと理由をつけて会社に残り続けようとさせる会社があります。プロサラが働いていた会社もそうでした。

 

まだまだ成長していないからダメだと言われる

プロサラの同期に会社を早く辞めて別の企業に転職したい人がいました。彼は会社が嫌いで一日も早く会社を辞めたかったようです。上司にも辞めたいと何度も伝えていたようですがまとも取り合ってくれなかったのです。

 

上司のところで話しが止められて上層部までその話しがいってないことに彼は不満を持っていました。そして上司からいつも言われるのが「お前はまだ成長していないからもう少し残って頑張れ」と言われるとのことでした。

 

なぜでしょうか?

 

その会社は人材育成という名の下に価値観を変えさせようとしてきます。たちの悪いことに辞めたい社員は会社色に染められていない、だからしっかり人材育成すれば喜んで仕事をしてくれるようになる、という教義が上司を洗脳しているのです。

 

したがって彼を一人前、つまりは会社の意に染まるようにしなければ彼を成長させた事になりません。だから上司は上に報告せずにもう少し頑張れと取り合ってくれないのです。本人が辞めたいと言っているのに辞めさせない。非常にたちが悪いです。

 

これまで育ててやった恩を忘れたか!と一喝される先輩

一通りの仕事ができるようになり、成果も上げられるようになった先輩がステップアップを目的に転職を考えるようになりました。転職先も決まり、後は会社への報告なのですが・・。

 

上司や役員からは「育ててやった恩を忘れたか!」と激怒されて凹んでいました。結局、内定先にも断りの連絡を入れて「恩返しのためにもう少し働く」と言っていたのを今でも思い出します。

 

会社は人材育成という名のもとで恩を売っているのです。そうやって育った社員に対してはすぐに辞められては困るので、恩を仇で返すのか、というスタンスでこられます。

 

ではいつになったら恩返しができたことになるのでしょうか?

 

別に会社とその時期についてコミットしている訳でありませんし、する必要もありません。転職は本人の意思で決めるものなのでそこで会社に気を使う必要はないのです。一方的に価値観を植えつけさせて、いざ辞めるとなったら、辞めさせないのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

従業員が辞めたいと言っているのにまともに取り合ってくれなかったりする会社はブラック企業です。会社の言い分などは聞かずにすぐに辞めた方が時間の無駄になりません。だらだらと続けていてもモチベーションが続かないし、しんどいだけです。

 

最近は退職代行サービスを提供している会社もあるようですので、そういったサービスを使うのも一手です。くれぐれも辞めたい社員を強制的に残らせようとする会社に長くいない事をおススメします。いても損するだけです。

 

ブラック企業を退職されたい方、プロサラがブラック企業で働いていたときにはなかった退職代行サービスがオススメです。中でもSARABAは料金安く、サービス内容も他社と比較しても良い内容となっています。

退職代行

LP | 退職代行「SARABA」

 

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

 

転職活動のノウハウについてはコチラも参考になります。

転職マーケットにマッチした人材になるための工夫
転職エージェントが発表するレポートなどを定期的にチェックすること、新聞などからトレンドを把握すること、転職エージェントの担当者と会って情報収集すること、の3点が重要です。プロサラはそれを20代の後半から意識することによって、今では希少人材になることができました。
レア人材になる方法
希少人材になることで自分の人材市場での評価が高まります。誰でもなれるような人材であれば企業から安く買い叩かれるだけです。替えがすぐに見つかるので市場評価も低いです。企業が欲しがる、希少人材になりましょう。食いっぱぐれることがなくなります。
転職のススメ
転職すれば別に会社が危なくなろうがどうなろうが生きていくことができます。会社に浸かっていると、会社の中の視点になり、外が見えなくなってしまいます。手遅れにならないうちに、転職するまでとはいかないものの、一度転職活動をされてみることをおススメします。会社の中での視点ではなく、客観的な自分の評価がわかりますよ。
転職面接活用法
プロサラは転職での面接を情報収集の場として活用していました。企業の生の情報をその企業で実際に働いている人から聞ける貴重な機会です。この貴重な機会を活かして色々な企業の面接を受けてみることをオススメします。面接の練習にもなりますので一石二鳥です。

コメント