こんな会社は勤めるなPart7 ヤバい外部研修に行かされる会社

ブラック企業

どうもプロサラです。

 

本シリーズもPart7まできました。今回もプロサラが1社目で働いていた会社の経験から書きます。宗教臭い研修に行かされる会社はブラック企業です。すぐに辞めた方がいいでしょう。プロサラも奇妙な自己開発系の研修に2泊3日で参加させられました。気持ち悪かったのでその時の体験を書きます。

 

スポンサーリンク

田舎の道場に寝泊りの2泊3日

プロサラが入社3年目になった時のことです。ある日、上司に呼ばれ「2泊3日の研修に行ってきなさい。選ばれてよかったな」と言われました。研修の詳しい内容は知らされませんでした。過去に研修に行った先輩からは行ったらわかるというだけです。

 

当日、田舎の研修所まで行くと、人間性を開発するための研修とのことでした。1日目はアンケート調査に答えたり、自己分析をしたりしました。それも仕事に関わる事のみならずプライベートから自分の価値観まで全てに答えます。

 

スポンサーリンク

両親との思い出や手紙を書かされる二日目

二日目から本格的にヤバくなりました。自己の人格形成と職場活性化のためという名の下で、「生かされていることの気づきから感謝せよ」という宗教臭い雰囲気が出てきます。

 

そして両親との思い出というタイトルで作文を書かされるのです。さらにはその内容を面談します。そして瞑想して両親への感謝を深めるのです。業務やスキルとは関係なく、完全にプライベートに入り込みます。しかもこの研修は断る雰囲気ではありません。

 

スポンサーリンク

最終日に両親と上司・会社へコミットする

そして最終日には1日目、2日目で掘り下げた自己と両親への感謝をもって、上司と会社への近いを両親への感謝とともにコミットさせられるのです。

 

さらに会社に帰った後には全体朝礼で前に出て社員全員の前でこれを発表させられます。今さらですがよくこんな事をやっていたなと思ってしまいました。

 

完全に宗教ですね。業務と全く関係ありません。個人の人格や価値観にこれほど侵害してくる会社はかなり危険です。

 

スポンサーリンク

中身は自己啓発系の洗脳プログラム

この手の研修はいたるところで行われています。こうやって無理矢理感謝させて価値観を統率しようとするやり方は非常に危険であると個人的には考えます。戦時の日本やナチスドイツを思い起こさせます。

 

たしかにこの研修を行うことによって組織は同一の価値観に染まっていくので統率はしやすくなるでしょうが、本来個人の価値観は異なっていて当たり前です。それを強制的にはめ込もうとうするこの研修は明らかに洗脳です。

 

こういう研修は任意で行きたい人が行けばいいのです。プロサラがその会社にいた時は会社全体でこの研修にはまっていて、経営幹部になると上級の研修に参加させられたりしてますます価値観を強固にしているようでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

自己啓発系のセミナーを行っている会社はブラック企業です。任意ならまだしも半ば強制的に参加させるのです。そして同一の価値観に仕立て上げるのです。まさに洗脳です。このような会社が心地いいという人はどっぷり浸かって下さい。しかしながら少しでも気持ち悪さを感じるならば即座に転職すべきです。

 

 

ブラック企業を退職されたい方、プロサラがブラック企業で働いていたときにはなかった退職代行サービスがオススメです。中でもSARABAは料金安く、サービス内容も他社と比較しても良い内容となっています。

退職代行

LP | 退職代行「SARABA」

 

 

転職活動のノウハウについてはコチラも参考になります。

転職マーケットにマッチした人材になるための工夫
どうもプロサラです。 例え非常識な転職であったとしても時勢を読めば可能であることは以前の記事に記載したとおりです。 重要なのは、現在の人材マーケットを把握した上、今後5年後に必要となる人材は何なのか、常に...
レア人材になる方法
こんにちは、サラプロです。 どうせサラリーマンとして働くんだったら収入は多い方がよいと思いませんか? サラリーマンなので年収4,000万円とか5,000万円とかは難しいでしょう。でも、年収500万を600万にする...
転職のススメ
どうもプロサラです。 これまで4回転職、5社で勤務して思ったことですが、転職した方が絶対いいです。本記事ではプロサラなりに実際に転職してみて感じたことを解説していきます。 ちなみにプロサラが今まで勤めた会社は規模...
転職面接活用法
どうもサラプロです。 転職活動における面接は何も転職のためだけにするものではありません。それでは何のために活用するのか? ズバリ情報収集のためです。 本記事では面接を受けることを情報収集の観点から解...

コメント