こんな会社は勤めるなPart19 夜遅くまで飲み会に参加させられる会社

ブラック企業

どうもプロサラです。

 

こんな会社は勤めるなシリーズ19回目は夜遅くまで飲み会に参加させられる会社です。飲み会が多い会社も考え物ですが、深夜まで連れまわされて翌日普通に出社を強いるような会社はブラック企業です。こういう会社に勤めている人は転職の準備をはじめましょう。

 

飲み会はほぼ強制参加

プロサラが1社目で働いていた時のことです。部署の飲み会は月に1回程度は行われていました。その飲み会というのが非常に面倒くさい。まず一次会は普通の居酒屋で行われます。スタートは夜21時からです。

 

この飲み会には部長を筆頭に課長や先輩から後輩、アシスタントや派遣の方も一緒にわいわいします。普段からわいわいしているので必要はないとは思うのですが。出先から遅れて参加する人が現れたりして22時くらいにほぼ全員が揃います。

 

と思ったらお子さんのいるアシスタントの方や派遣の方は同じ頃に帰りはじめます。そして23時くらいまで飲み続けます。

 

二次会から本格的に面倒くさくなる

23時を過ぎたら一次会が終わります。そして二次会へ行くのです。二次会へは部長、課長はじめ主要メンバーで行きます。一次会が終わったからといって帰らせてくれません。二次会は部長の行きつけのスナックに行きます。

 

そして部長が好きな歌を歌って気持ちよくなったら夜中の12時を回っています。そして部長は帰路に着きます。

 

さあ帰れると思ったら説教タイム

そしてようやく帰れるかなと思ったら、今度は上司の課長の相手です。ラーメン屋に移動してラーメンとビール片手に反省会です。仕事の事をこんこんと責められます。

 

「そんな事じゃあダメだ」とか「お前は○○ができてないのがいけないんだ」とかグチグチやられます。そうして終わるのが深夜1時30分くらいです。そこからタクシーに乗って帰ります。経費にはならずに自腹で。

 

翌日は朝8時に出社

かなり酔っ払って深夜2時に帰宅、そして3時前に就寝して7時に起床。準備して8時には出社します。昨日の酒が残っていて頭は痛いは最悪な状況です。その日のパフォーマンスは最悪です。単に出社しているだけです。まったく意味のない一日の始まりです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

上述したような「飲み会に強制参加」「三次会まで付き合わされる」「説教される」ような会社は勤めてはいけません。もし読者の方でそういう状況にいるなら転職しましょう。

 

ブラック企業を退職されたい方、プロサラがブラック企業で働いていたときにはなかった退職代行サービスがオススメです。中でもSARABAは料金安く、サービス内容も他社と比較しても良い内容となっています。

退職代行

LP | 退職代行「SARABA」

 

以下に転職に関する記事を書いていますので参考にしてみて下さい。

 

転職マーケットにマッチした人材になるための工夫
転職エージェントが発表するレポートなどを定期的にチェックすること、新聞などからトレンドを把握すること、転職エージェントの担当者と会って情報収集すること、の3点が重要です。プロサラはそれを20代の後半から意識することによって、今では希少人材になることができました。
レア人材になる方法
希少人材になることで自分の人材市場での評価が高まります。誰でもなれるような人材であれば企業から安く買い叩かれるだけです。替えがすぐに見つかるので市場評価も低いです。企業が欲しがる、希少人材になりましょう。食いっぱぐれることがなくなります。
転職のススメ
転職すれば別に会社が危なくなろうがどうなろうが生きていくことができます。会社に浸かっていると、会社の中の視点になり、外が見えなくなってしまいます。手遅れにならないうちに、転職するまでとはいかないものの、一度転職活動をされてみることをおススメします。会社の中での視点ではなく、客観的な自分の評価がわかりますよ。
転職面接活用法
プロサラは転職での面接を情報収集の場として活用していました。企業の生の情報をその企業で実際に働いている人から聞ける貴重な機会です。この貴重な機会を活かして色々な企業の面接を受けてみることをオススメします。面接の練習にもなりますので一石二鳥です。

コメント