こんな会社に勤めるなPart16 仕事のための書籍費を自腹購入させる企業

ブラック企業

どうもプロサラです。

 

シリーズも16回目となりました。こんなにネタが出てくるとはとんでもない会社で働いていたんだなと改めて思います。今回は仕事のために必要な書籍費を自腹購入する会社、です。こんな会社に勤めている人は転職した方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

自分で買って書籍

1社目でプロサラは経営層に対して法人契約の保険提案を行っておりました。目的は役員退職金の積立、従業員の退職金の積立、利益の繰り延べ、事業承継対策、などです。

 

これらの提案を税理士と一緒に行っていました。プロサラは税務の専門家ではありませんでしたが、実務上、保険契約に関する税務については勉強しておく必要がありました。そこで保険税務のすべて、という書籍を買いたくて上司に相談したら、「自分で購入しろ」と言われました。


仕方なく自分で購入することになりました。実務上必要な書籍にも関わらず、自分で購入しなければならないとか…。でも当時はあまり疑問をもたず上司の圧力の下、自費で購入していました。

 

スポンサーリンク

実務で必要な書籍は会社が購入してくれる

その後、MBA留学を経て、外資系企業で働く事になりました。同じように実務上必要な書籍を購入したいと上司に相談したところ、その必要性を認めてくれて会社のお金で購入してくれました。自分の勉強用ではなく、実務として必要な書籍であれば認めてくれるのです。

 

さらには会社に書籍が置いてあったので勉強用であれば持っていっていいよとも言ってくれました。このように本来ならば必要な書籍や雑誌などについては会社として購入するのが当たり前である事にこの時はじめて気づきました。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

会社が書籍をケチって購入してくれないような会社、さらには自腹で買わせるような会社はヤバイです。このような会社で働いている人は辞めた方がいいです。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

ブラック企業を退職されたい方、プロサラがブラック企業で働いていたときにはなかった退職代行サービスがオススメです。中でもSARABAは料金安く、サービス内容も他社と比較しても良い内容となっています。

退職代行

LP | 退職代行「SARABA」

 

転職を考えている人は以下の記事も参考になりますのでどうぞ。

転職マーケットにマッチした人材になるための工夫
転職エージェントが発表するレポートなどを定期的にチェックすること、新聞などからトレンドを把握すること、転職エージェントの担当者と会って情報収集すること、の3点が重要です。プロサラはそれを20代の後半から意識することによって、今では希少人材になることができました。
レア人材になる方法
希少人材になることで自分の人材市場での評価が高まります。誰でもなれるような人材であれば企業から安く買い叩かれるだけです。替えがすぐに見つかるので市場評価も低いです。企業が欲しがる、希少人材になりましょう。食いっぱぐれることがなくなります。
転職のススメ
転職すれば別に会社が危なくなろうがどうなろうが生きていくことができます。会社に浸かっていると、会社の中の視点になり、外が見えなくなってしまいます。手遅れにならないうちに、転職するまでとはいかないものの、一度転職活動をされてみることをおススメします。会社の中での視点ではなく、客観的な自分の評価がわかりますよ。
転職面接活用法
プロサラは転職での面接を情報収集の場として活用していました。企業の生の情報をその企業で実際に働いている人から聞ける貴重な機会です。この貴重な機会を活かして色々な企業の面接を受けてみることをオススメします。面接の練習にもなりますので一石二鳥です。

コメント