こんな会社は勤めるなPart14 名ばかり管理職にさせられる会社

ブラック企業

どうもプロサラです。

 

シリーズも14回目になりました。今回は名ばかり管理職の会社はブラック企業の可能性が高いです。管理職的な業務は全くなく、残業代の削減などを狙って管理職にしている可能性があるので要注意です。プロサラのいた会社は名ばかり管理職だらけの会社でした。

 

誰でも年を重ねれば管理職に

かつてプロサラが働いていた会社では実力に関係なく、年を経ると役職が上がっていきます。主任→チームリーダー→課長代理→課長、という順番です。

 

主任は5年目に、チームリーダーは6年目、課長代理は8年目、課長は10年目くらいになります。一生課長になれない人なんていなく、全員が課長になれます。ただし、課長になったからといって○○課の課長になる訳ではありません。

 

単純に名前だけ課長になるのです。そう、管理職とは名ばかりのエセ管理職になるのです。

 

残業代対策のための名ばかり管理職

管理職になるとどうなるのでしょうか?基本給はちょこっと上がりますが残業代がでなくなります。全体としての年収はあまり変わりないとのことです。むしろ残業し放題になるので、時給が下がる場合もあります。

 

残業代を払わずに長時間働かせてコスト削減するやり方です。経営的には良いですが、「名ばかり管理職」にはたまったもんではありません。会社は「課長になったのだから今まで以上に責任を持って仕事に取り組んでくれ」とか責任だけ押し付けてきます。

 

それが報酬に反映されたり管理職としての権利がもてればいいのですが名ばかりのため、何も得しません。責任だけ増えて先述のように労働時間だけ長くなるのです。

 

そして課長だらけの会社に

そうやって誰でも課長になる事ができるので会社は課長だらけになります。どの課長が本当の課長なのか外から見るとわからなくなります。名刺だけを貰っても本当の管理職としての課長なのか、名ばかりの課長なのかわからないのです。

 

特に中途採用者は困るのではないでしょうか?役職を見て「あー、この人は課長なのか」となりますが、本当の管理職なのか名ばかり管理職なのかは会わないとわからないのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は管理職の多い会社はブラック企業である可能性が高い事を説明しました。名ばかり管理職を大量生産して残業代を払わずに長時間労働させる。そして責任だけ押し付けるやり方です。こんな会社にもし勤めているとしたらすぐにでも転職した方がいいです。残業代減らすために無駄に管理職が多い会社はヤバイ企業=ブラック企業です。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

ブラック企業を退職されたい方、プロサラがブラック企業で働いていたときにはなかった退職代行サービスがオススメです。中でもSARABAは料金安く、サービス内容も他社と比較しても良い内容となっています。

退職代行

LP | 退職代行「SARABA」

 

転職に関する記事は以下にまとめていますのでご参考までに。

転職マーケットにマッチした人材になるための工夫
転職エージェントが発表するレポートなどを定期的にチェックすること、新聞などからトレンドを把握すること、転職エージェントの担当者と会って情報収集すること、の3点が重要です。プロサラはそれを20代の後半から意識することによって、今では希少人材になることができました。
レア人材になる方法
希少人材になることで自分の人材市場での評価が高まります。誰でもなれるような人材であれば企業から安く買い叩かれるだけです。替えがすぐに見つかるので市場評価も低いです。企業が欲しがる、希少人材になりましょう。食いっぱぐれることがなくなります。
転職のススメ
転職すれば別に会社が危なくなろうがどうなろうが生きていくことができます。会社に浸かっていると、会社の中の視点になり、外が見えなくなってしまいます。手遅れにならないうちに、転職するまでとはいかないものの、一度転職活動をされてみることをおススメします。会社の中での視点ではなく、客観的な自分の評価がわかりますよ。
転職面接活用法
プロサラは転職での面接を情報収集の場として活用していました。企業の生の情報をその企業で実際に働いている人から聞ける貴重な機会です。この貴重な機会を活かして色々な企業の面接を受けてみることをオススメします。面接の練習にもなりますので一石二鳥です。

コメント