生命保険を活用した節税方法

マネー術

どうもプロサラです。

 

生命保険料控除はサラリーマンの節税手法の基本の一つです。保険に加入するだけで控除が使えるようになるので、簡単な節税法です。使わない手はないので本記事では生命保険を活用した節税について書きます。

 

また、貯蓄性のあるタイプの保険に加入することでお金を貯めつつ節税することが可能です。掛け捨て保険の保険料がもったいない!と思っていらっしゃる方(プロサラがそうなのですが)、貯蓄性の保険に加入することをオススメします。

 

生命保険の機能について

 

生命保険の機能って亡くなった時の残された遺族への金銭的な備えとして準備する、だけではありません。満期を迎えるとお金が戻ってくる養老保険や積立て型の終身保険などがあります。

 

こういった返戻金のあるタイプの保険に加入すればお金を失うことなく節税することが可能です。

 

積立タイプの生命保険の種類について

 

積立タイプの生命保険は複数存在します。まずは養老保険についてです。養老保険は保険期間が例えば60歳まで、と期間が定められた保険です。契約期間が終わると満期保険金を受けとることができます。

 

(参考)ソニー生命 養老保険

養老保険 | ソニー生命保険
ソニー生命の養老保険。養老保険などの貯蓄と保障を同時にお届けする保険のご紹介。万一のときの保障を確保しながら財産形成ができます。

 

この時、払い込んだ保険料に利率分がプラスされて戻ってきますので貯蓄と保険の機能がある保険商品です。デメリットとしては利率が低い、保険期間中に解約すると元本が全額戻ってこないことが挙げられます。

 

プロサラが保険提案に従事していたころは養老保険の販売はほぼありませんでした。終身保険の方が貯蓄性が高いからです。

 

次に終身保険です。終身保険はその名の通り、保険期間が終身で亡くなるまで続く保険です。

 

この保険ですが、払込期間を例えば55歳とか60歳にすることにより、貯蓄性が高くなります。この特性を利用して、払込期間を短期にして払込を終えて解約すると払い込んだ保険料よりも多くの解約返戻金が戻ってきます。

 

(参考)オリックス生命終身保険

終身保険RISE[ライズ]|オリックス生命保険株式会社
オリックス生命保険株式会社の保険商品ページ。終身保険RISE(死亡保険)の特長やポイントについてご案内しています。ライズは、お手頃な保険料で死亡保障が一生涯続きます。解約払戻金がありますので、将来にも備えられる貯蓄性のある終身保険です。

 

この特性をさらに強めた低解約返戻金型終身保険、という種類の保険商品もります。払込期間中に解約すると元本割れが大きくなるので長期契約が前提になりますが、ある期間を超えると返戻金が払い込んだ保険料より大幅に上回るタイプの終身保険です。

 

(参考)マニュライフ生命 こだわり終身保険v2

こだわり終身保険v2 | マニュライフ生命
一生涯にわたって保障されるマニュライフ生命保険の終身保険。保険料払込期間中の解約返戻金を低く抑え保険料の軽減をはかっています。非喫煙者保険料率の場合、保険料は標準保険料率よりも割安に。

 

生命保険料控除について

 

上記のタイプの保険に加入すると一般の生命保険料控除枠が使えます。毎年保険会社から生命保険料控除証明書が送られてきます。

 

これを年末調整のタイミングで会社に提出すると保険料控除が受けられます。年間で8万円以上の保険料を払い込んでいる場合、金額にして所得税で4万円、住民税で2.8万円の控除が受けられます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

本記事では生命保険料控除について解説しました。もし、保険料控除枠を使っていない場合は使われることをオススメします。

 

プロサラはプルデンシャル生命のドル建て終身保険に加入していて、毎年控除証明書を会社に提出しています。数少ないサラリーマンの節税手法の一つですので活用されることを強くオススメします。

 

今回は貯蓄性の保険商品を紹介しましたが、掛け捨てタイプの生命保険商品でも生命保険料控除は適用されるのでご安心を。

 

合わせて個人年金保険料控除についての記事も参考にしてみて下さい。

(参考)個人年金保険料控除について

個人年金保険を活用した節税手法
どうもプロサラです。 生命保険料を活用した節税手法については前回書きました。今回は個人年金保険を活用して節税する方法について書きます。サラリーマンならば絶対に活用しておいた方がいい節税法です。 やり方は簡単、保険...

コメント