子育てって大変!子育てタスク色々Part2

子育て術

どうもプロサラです。

 

前回に引き続き生後4ヶ月の赤ちゃんに対して必要なケアを書き記します。

子育て中のサラリーマンパパはこれだけのタスクがあることを理解しましょう。

 

赤ちゃんが夜にちゃんと寝るように授乳、お風呂のタイミングを考える

例えば夜21時に寝かせようと思ったら、20時にお風呂、20時30分から授乳をすると21時に寝かしつけることができます。

 

子供が寒くならないように気を使う

春や秋だと、朝・夜と日中の気温さが大きいです。子供が寒そうな場合は服を着せる、タオルでくるむなどしなければなりません。

 

絵本を読み聞かせする

0歳児でも読み聞かせの効果はあります。たくさんの色彩や言葉、絵を見せることで赤ちゃんの発達を促進します。

 

子供の予防接種を予約と接種

予防接種を受けさせる必要があります。接種するには小児科へ予約する必要があります。

 

子供に何かあったら小児科へ電話する

子供の様子がおかしい、咳き込む、下痢した、などの場合にはかかりつけの小児科へ連絡する必要があります。

 

ヨダレかけをする

4ヶ月ともなるとヨダレが出始めます。ほっとくと大量のヨダレが出て服につくのでヨダレかけを着せてやります。

 

赤ちゃんに風邪が移らないようイソジンを買って手洗い・うがいを徹底する

通勤で風邪をもらってきてしまう可能性があります。イソジンを買っておいて手洗い・うがいを徹底します。

 

赤ちゃんをお風呂に入れる

生後4ヶ月ともなるとベビーバスでなく、浴槽に一緒に入れることが可能です。この時、落とさないように気をつけて洗ってあげる必要があります。

 

赤ちゃんが万一落下しても大丈夫なように床にクッションを置く

赤ちゃんが万一落下しても大丈夫なように緩衝材となるものを床にしきつめておく必要があります。ハイハイや歩けるようになると必要になるので今の内から用意しておきます。

 

 

赤ちゃんに炎症が起きた時に薬を塗る

顔が赤くなったりお尻にデキモノができたりします。小児科へ行ってもらった薬を塗ってあげます。

 

誤って薬を飲んでしまわないように手の届かないところに保管

チューブ型のお薬は赤ちゃんが誤って飲んでしまう可能性があります。大量の薬剤を飲んでしまうことがないよう、手の届かないところで保管する必要があります。

 

うんちが水っぽいときに整腸剤を飲ます

炎症とは別に多いのは、ウンチが下痢になる事です。整腸剤を飲ませて胃腸の調子を整えてあげましょう。

 

哺乳瓶やおしゃぶりを消毒する

哺乳瓶やおしゃぶりは消毒する必要があります。最近ではレンジでチンするタイプの製品が出ています。とても便利です。

 

(参考)

簡単に哺乳瓶が除菌できる除菌じょ~ずはオススメです
「電子レンジ除菌&保管ケース 除菌じょ~ず」はとてもオススメです。つけ置きタイプのものだと時間も場所も使うので正直面倒くさかったです。ところがこれを使うとレンジでチンして終わりです。コンパクトなケースなので場所も取られません。子育て世帯にはとても便利な商品ですので一度使ってみることをオススメします。

赤ちゃんが泣いた時は抱く

生後4ヶ月ともなると、わがままや自己主張をしだします。立ってあやさないと泣き止まない場合は立って抱いて上げる必要があります。

 

赤ちゃんを散歩に連れて行く

散歩に連れていって赤ちゃんに新鮮な空気を吸わせる、色々な景色を見させてあげましょう。

 

家の中では一定の場所でなく、色んな場所に歩いて抱っこして連れて行ってあげる

赤ちゃんを一箇所の特定の場所に居させるだけでは発達によくありません。家の中でも色んな場所に抱っこして連れていってあげる必要があります。

 

まとめ

プロサラが考えられるタスクを思いつく限り挙げてみましたが、これだけでは奥さんに怒られそうです。実際にはもっとたくさんの事に注意して子育てしなければなりません。

 

(参考)子育てって大変Part1

子育てって大変!子育てタスク色々Part1
他にも細かい事を挙げていけばきりがありません。ですが、こういう一つ一つの事に注意をしておかないと大切な赤ちゃんが大変な事になってしまう可能性があります。次回も引き続き、生後4ヶ月くらいの赤ちゃんに必要な事について書きます。

 

コメント