外資系転職 哀れな戦略コンサルファームのコンサルタント達

外資系転職

どうもプロサラです。

 

プロサラは戦略コンサルで仕事をした事はありませんが、外資系メーカー勤務時代に戦略コンサルと一緒に仕事をした事はあります。その経験を通して戦略コンサルのコンサルタントに対して抱いたイメージについて書きます。

 

結論から言うと実務レベルのコンサルタントは実に泥臭く、しかもクライアントから虐げられることもある厳しい世界だ、ということです。

 

重要製品ローンチ戦略プロジェクトに某TOPコンサルファームのお世話に

とある製品をローンチする時に本国からプレッシャーがかかり、コンサルを使ってでもいいから売上を上げよ、とお達しがきました。製品ローンチ戦略を某TOPコンサル会社のコンサルタントと一緒に考えていく社内プロジェクトがスタートしました。

 

コンサルタントは4名のチームでプロサラが当時働いていた会社のオフィスに常駐していました。彼ら用のミーティングルームを作ってそこで日中は作業します。

 

普段は一緒に仕事をしつつ、常駐先からオフィスに戻って深夜遅くまで資料作りを行い、プロサラの上司や日本法人のマネジメントチーム向けにプレゼンをしていたのが印象的でした。

 

嫌われるコンサルタント達

しかしながら、彼らは嫌われていました。同じ外資系でありながら。どういう風に嫌われていたかというと、彼らのいたミーティングルームが臭いとか、服装やメガネがダサい、とかいう中学生的な嫌われ方です。

 

なぜか?

 

プロサラ達、セールス・マーケティングチームは自分たちの経験に基づいた戦略がある。顧客やマーケットの事は我々が一番よく知っている、という自負があったからです。完全なよそ者扱いでした。

 

資料は細かく作られていましたし、プレゼンテーションもロジカルでした。しかしながらスタッフレベルとのコミュニケーションに問題がありました。彼らはひたすらミーティングルームにこもりっぱなしで資料を作っているのでした。

 

戦略コンサルに抱いた印象

プロサラが当時、戦略コンサルで働いているコンサルタントに抱いた印象は「なんと哀れな人たちなんだ」でした。深夜まで、時には徹夜をしてまで資料を作り上げているにも関わらず、クライアント先の従業員からは総スカンを食らっているのです。

 

いかに優秀なコンサルタントといっても4人で狭いミーティングルームでこもりっぱなしでPCに向かっている姿に哀れみを覚えました。しかもミーティングルームはガラス越しなので、中の様子が見えています。

 

そして皆から馬鹿にされているのです。

 

「臭い」と。。

 

コンサルタントの泥臭さとはこのことを言うんだな、と思いました。パートナーレベルになるとクライアントの経営陣の参謀として助言したり仕事を受注したりするのでしょうが、コンサルタントレベルだと奴隷に近い印象です。

 

クライアントの求めるアウトプット以上のものを出そうと一生懸命資料作りを行っているコンサルタント。目にクマを作りつつ。でもクライアントのスタッフからは嫌われる。なんとも切ない職業だな、と一緒に仕事をして感じました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

一見華やかに見える戦略コンサルタントですが、一緒に働いてみた経験から言うと、可哀想で同情すらしてしまいました。徹夜して資料つくってアプトプットするものの、クライアント先の従業員からは「臭い」と嫌われるのです。非常に厳しい世界だなということを感じました。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

外資系転職については以下の記事も読まれています。

外資系企業とプレッシャー
外資系企業では会社とのコミットメントが非常に重要です。コミットした数字、目標には非常にシビアな目で見られます。日系企業のように毎日決まった時間に出社しても数字が達成できていなければ袋叩きにされます。
【外資系企業で出世したいあなたへ】昇進のパターンを知っておこう
外資系企業でのキャリアについて説明してきました。以上はあくまでプロサラの実体験です。マネジメント層になると中途採用で外からやってくることがほとんどです。また、業界にはピラミッド構造が存在しており、基本的にはピラミッドの上から下へキャリアアップする形で転職してくるのです。
外資系企業への転職
プロサラははじめての外資系企業への転職でカルチャーショックをかなり受けました。ですが、人間関係がある程度できてくるとその仕組みが合理的にできていることに気づきます。
【絶対に実践すべき!】外資系企業での面接への臨み方教えます
外資系企業での面接術について紹介します。同業種・同業界の場合はスキル・経験の刷り合わせになるので何をやってきたのかを話しましょう。異業種・異業界の場合は熱意とキャッチアップするための具体的な努力を伝えましょう。両者に共通する対策として端的にかつ早口で話すようにしましょう。
外資系企業で本国の本社勤務するための4つの条件教えます
外資系メーカに勤めていた頃、プロサラは本社への出張はあるものの、米国本社で働くという機会には恵まれませんでした。実感として本社で働くのは相当な理由がないと難しいです。ポストMBA転職後に、米国本社で働きたい方、興味のある方に本社で働くために必要な事について説明します。

コメント