【営業職は辞めた方がいい】 誰でもできる代替性の高い仕事だから

どうもプロサラです。

今回は営業職は誰でもできる代替性の高い仕事であることを取り上げます。営業職は基本的に特殊なスキルはいりません。日本語ができれば誰でもできます。そのため参入障壁が低いので代えがいくらでも効くので営業としてやっていくのは得策ではありません。今営業職の人で「キツい」と思っている人はなぜキツいのかこの記事を読んだら理解できるはずです。理解できたら営業職からどうやったら抜け出せることができるか考えましょう。

営業は誰でもできる

営業活動はビジネスの基本です。誰かに提案する業務、ということでいくと営業活動は全ての活動の基本です。プロサラの経験上、マーケティング職であった時もプレゼンテーションをしたり、顧客の面前に出て直接営業的なこともやったりしておりました。これも広い意味で営業活動になります。営業職はどんな会社でも必要です。したがって営業職に希少性を求めることは難しいです。

特殊なスキル・技能があった方が市場から評価される

営業職でいる場合はそのスキルのみでは市場から評価される可能性は低いです。トレンドの製品や伸び盛りの業界なら可能性はありますが、営業スキルのみで市場価値を上げるのは難しいでしょう。営業スキルに加えて他のスキルや技能が合わさると代替性の効かない、価値のある人になる事が可能です。逆にいうと営業スキルしかなかったら労働市場もしくは転職市場からは評価されず、年収も低いまま、営業職で同じ仕事をずっと続けることになります。

営業スキルをベースに他の技能、付加価値を身に付けた方がいい

したがって、営業経験をある程度積んだら、別のスキルを身に付けて付加価値を上げた方がよいでしょう。プロサラの場合は1社目の営業スキルに加えて、留学、2社目をはさんで英語力、マーケティング戦略立案、各種資料作成、などのスキルを身に付けました。営業スキルをベースに他のスキルをかけ合わせていくことで希少価値が生まれ、転職市場で評価されるようになります。

現状のプロサラは、

営業×マーケティング×英語×戦略立案×投資戦略立案とビジネスの下流から上流までのスキルを網羅できています。このような状態を作り上げることで40代になっても市場から評価される人材であり続けることができるのです。

市場から淘汰されないために

会社組織において全社員の営業職の割合は大きいでしょう。すなわち営業職は多いのです。また、営業職の人数も減ってきています。これは、インターネットの発達によりアウトバウンド型の営業からインバウンド型の営業スタイルに変わっていることが要因として挙げられます。

引用

国内の労働者数は、2016 年平均で 6440 万人。そのうち営業職(販売従事者)は約880万人を占めています。労働者数の10%以上の人が営業職として働いていることが見て取ることができます。ただし、営業職の就労人口は年々減少傾向に。2010年と比較すると約マイナス30万人というデータが物語っています。2011年に一時的に就労人口の減少が起きていますが、原因として自然災害をきっかけとした失業と不況によるものかと考えられます。

営業職の減少を続ける大きな要因は、流通の変化とそれに伴う合理化。また、インターネットの普及以降、飛び込みやテレアポに代表されるマンパワーによるアウトバウンド型の営業から、営業側の都合を押しつけないインバウンド型のスタイルに変化していることも理由のひとつに挙げられます。

転職状況と就労人口について(営業職編)

すなわち、何もしないで営業だけをやっていると市場環境の変化により淘汰される可能性が高いでしょう。そうならないためには先ほど書いたように営業以外のスキルを身に付けて人材市場での価値を高めていく必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

営業職でいつづけると環境変化により職を失うリスクが大きくなります。そうならないためにも営業以外のスキルを推奨します。営業職は代替性の高い職なのでずっと営業職であることはオススメしません。

キャリア戦略策定については、プロサラがブラック企業時代に考えていたことを、その後のMBA留学・外資系企業勤務時代の経験から体系的にまとめた「戦略的転職プラン」をご覧下さい。

note(ノート)

「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラッ…

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

ブラック企業を退職されたい方、プロサラがブラック企業で働いていたときにはなかった退職代行サービスがオススメです。中でもSARABAは料金安く、サービス内容も他社と比較しても良い内容となっています。

転職に関する記事はコチラも読まれています。

転職市場で求められる人材にどうやってなる?その方法教えます!

転職してわかる自分の市場価値・できる人脈形成・そして個人で勝負が可能に

【転職者必見!】年収アップさせるために絶対考えておくべきこと