サラリーマンのメリットpart1 定期収入が見込める

転職

どうもプロサラです。

 

サラリーマンのススメという記事を以前に書きました。この記事が思いの他、反響がありましたので少し深堀りしてシリーズ化していきたいと思います。サラリーマンである事は企業や職種を上手く選べばメリットが多いです。第1回目は定期収入が見込める点について書きます。

 

毎月決まった日に給与が払われる

サラリーマンでいると、毎月給料日に給与が振り込まれます。普通に出勤して仕事をしていれば自動的に支払われるのです。フリーランスの場合は仕事を受注することができなければ収入が発生しません。

 

したがって収入の多いときはいいですが、急に収入がなくなる可能性があります。サラリーマンの場合はこういった心配がいらないのがメリットです。また、

 

仕事の質もフリーランスに比べると問われることは少ないです。フリーランスの場合は仕事に見合った報酬になりますので評価次第では減額される可能性もあります。

 

毎月のキャッシュフローがわかりやすく管理可能

キャッシュが安定的に入ってくるので計画が立てやすいです。毎月の支払いがはっきりしていれば資産構築の計画も立てやすくなります。したがって4年後に家を建てる、とか子供教育資金を貯める、などといったようなライフプランニングがしやすいです。

 

言い換えると安定した生活が保障されているといってもいいです。これがフリーランスのように収入が不安定ですと、資金計画が立てづらくなります。毎月の収入が不安定で貯金の増減が激しくなると安定的に資産を構築することができません。

 

フリーランスよりサラリーマンの方が安定的

お金を生み出す資本を持っていれば別ですが、企業と契約する形で収入を得ているフリーランスの場合、生活は不安定になるリスクが高いです。一つの企業としか契約していなければ、その契約がなくなったとたんに収入がなくなります。

 

複数の企業と契約するなどしてリスク分散させる必要があります。一方でサラリーマンは会社が倒産するなどのリスクはありますが、フリーランスのリスクに比べるとはるかに低いです。このようにサラリーマンであることはフリーランスであるよりも生活基盤が安定します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

サラリーマンのメリット1回目は定期収入がある点について取り上げました。安定的な収入が見込めることで資金計画が立てやすくなります。フリーランスの場合は収入が不安定になるので生活も不安定になりがちです。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

コメント