MBAサラリーマン資産構築実践講座part5 スケールさせていく

マネー術

どうもプロサラです。

 

サラリーマンの資産構築講座、最終回はスケールさせて行く事について書きます。これまでで給与収入以外の小さい収入源を3つ得ることができました。すなわち、金融商品による配当収入、不動産賃貸収入、そして副業による収入です。これらを時間をかけて大きくしていくことが最後のステップになります。

 

現金資産を増やし、少しずつ大きくしていく

サラリーマン給与からの手残りを最大化させ、金融商品および不動産に現金を変換させることで給与収入以外の収入源を得ます。そして低リスクで投資のいらないビジネスを副業として始めることで第3の収入源ができました。

 

前回までの例だと年間で267万円の貯蓄ができることになりました。既に生活防衛資金は500万円ありますので、この267万円を給与以外の3つの収入源に分配していき、大きくしていくことで資産が資産を生む構図が大きくなっていきます。

 

シミュレーションしてみる

それではシミュレーションしてみましょう。267万円のうち、30%を株式に、60%を不動産に5 %を副業、残りの5%は現金として蓄積していくとします。副業は月1万円の収益から30%で成長し、10年後には月14万円を得られると仮定します。

 

また、給与収入は毎年2%成長、金融商品は3%, 不動産収入は5%の収益(いずれも税引後)が得られるとします。生活費は毎月20万円から毎年1%増えていくと仮定します。

 

P/L
year0 year1 year2 year3 year4 year5 year6 year7 year8 year9 year10
給与収入 40 41 42 42 43 44 45 46 47 48 49
株式配当 0.5 0.7 0.8 1.0 1.2 1.5 1.7 2.0 2.3 2.6 3.0
不動産収入 1.25 1.8 2.4 3.0 3.7 4.4 5.3 6.2 7.2 8.3 9.6
副業収入 1 1.3 1.7 2.2 2.9 3.7 4.8 6.3 8.2 10.6 13.8
収入合計 43 45 47 49 51 54 57 60 64 69 75
生活費 25 25 26 26 26 26 27 27 27 27 28
月間貯蓄 18 19 21 23 25 27 30 34 37 42 47
年間貯蓄 213 232 252 275 301 330 363 403 449 504 570

 

B/S
現金 500 511 522 535 549 564 580 598 618 641 666
株式 200 264 333 409 491 582 680 790 910 1,045 1,196
不動産 300 428 567 718 883 1,063 1,261 1,479 1,721 1,990 2,292

 

5年後、10年後どうなるか

もちろん、環境変化やライフスタイルの変化によりシミュレーションは変わります。ですが、資産構築のための行動をするかしないかでどれだけ変わるのかの目安のために見てみましょう。

 

5年後には給与以外の収入が全体の17%に、10年後には35%になります。固めの前提でこれだけなのでもっとアグレッシブにいくと10年後には50%以上を給与以外の収入にすることもできます。

 

何もしなかった場合と比べてどうなるか

上記シミュレーションの場合、全体の資産総額は10年後に4,154万円になります。もし、何もせずに現金貯蓄だけで生きたらどうなるでしょうか?

 

下記の通り、この場合は3,117万円となり約1,000万円の差になります。1年あたり100万円の差になります。

 

P/L
year0 year1 year2 year3 year4 year5 year6 year7 year8 year9 year10
給与収入 40 41 42 42 43 44 45 46 47 48 49
株式配当 0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
不動産収入 0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
副業収入 0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
収入合計 40 41 42 42 43 44 45 46 47 48 49
生活費 25 25 26 26 26 26 27 27 27 27 28
月間貯蓄 15 16 16 17 17 18 19 19 20 20 21
年間貯蓄 180 187 193 200 207 215 222 230 238 246 254

 

B/S
現金 1,000 1,180 1,367 1,560 1,760 1,968 2,182 2,404 2,634 2,872 3,117
株式 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
不動産 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

資産構築の最終ステップは収入の柱を育てていくことです。そうすることで何もしなかった場合と比べ、時間が経てば経つほどその差は大きくなっていきます。今回のシミュレーションはあくまで例ですので自分で色々と前提条件を変えてシミュレーションしてみることをオススメします。

 

シリーズ記事はこちらから

MBAサラリーマン資産構築実践講座part1 サラリーマンP/Lについて
利益を最大化させるためにはサラリーマンの場合においては支出を抑えることがすぐに結果が出る方法になります。売上である給与を上げようとすると昇進や年収アップのための転職が求められますが時間がかかります。まずは支出を見直して手残りを増やしましょう。
MBAサラリーマン資産構築実践講座part2 サラリーマンB/Sについて
サラリーマンが資産構築するための第一ステージは現金を貯めることです。仕事がなくなっても1年は暮らしていけるだけの生活防衛資金を貯めることが第一歩です。これができたら次のステージに進みます。具体的には次回に詳しく説明します。
MBAサラリーマン資産構築実践講座part3 資産の転換を行う
資産構築の第二ステップは現金資産を金融商品や不動産へ変換することです。これにより、サラリーマン給与以外の収入源ができ、資産が資産を生み出す第一歩を築けたことになります。次回は副業についてサラリーマンP/L, B/Sの視点で考えてみます。

コメント