副業を始める前に副業ができる環境を整える

どうもプロサラです。

副業ブームが言われている昨今ですが、副業を行うにあたっては行うための準備が必要であるとプロサラは考えます。副業の準備とは、ホワイト環境で働く、十分なサラリーマン給与を貰う、の2点です。これができてはじめて副業環境が整ったといえるでしょう。今回はプロサラの経験から書きます。

ブラックな環境にいたら一生副業できない

まず、副業を始めるための環境として、ホワイトな環境で働く事について取り上げました。逆にいうと、ブラックな環境にいる場合は副業をはじめるのではなく、ブラック環境から抜け出ることを考えるのが先です。

プロサラはかつてブラックな環境で働いていました。この時は朝から晩まで仕事まみれで家に帰っても副業などする余裕はありませんでした。したがってまずはブラックな環境から抜け出さないことには始まらないのです。

十分なサラリーマン給与を貰う

そしてもう一つが十分な給与を貰うことです。最悪なのは低賃金かつブラック企業で働く場合でしょう。これは論外です。一方でホワイトな環境だけど低賃金の場合はどうでしょうか?低給与だと投資を行うためのお金を貯めるのに時間がかかります。

そのため、いくらホワイトな環境で働いていたとしても給与が低ければ投資できる原資が限られるので副業してもそれを大きく育てていくのに時間がかかってしまいます。

ホワイトかつ十分な給与を貰うには

それではどうすればホワイト環境に加えて十分な給与を貰うことができるのでしょうか?プロサラはMBA留学+外資系勤務で実現しました。留学するための資金を貯める必要がありますがこれはブラックな環境で働きながら成果報酬をため込んで実現しました。

そして留学後は外資系企業でブラック時代よりもさらに稼いでお金を貯めました。そして現在はホワイト大企業へ給与を維持したまま転職しました。正確にいうと、給与は下がりましたが、福利厚生(住宅手当、勤務地手当、子供手当)や退職金の積立があるので外資時代とほぼ同等の待遇です。

このようにして副業を行える体制を整えました。

いざ副業を

そして、今では副業できる環境が整いました。残業をせずに自分の時間を確保して副業に充てることができます。また、外資時代に稼いだお金があるのでこのお金で投資を行うことができます。こうして体制が整ったので後は副業を立ち上げ、マネタイズし、雪だるま式に資産を膨らませていくのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

副業を行うにはそれなりの環境を整える必要があります。いきなりフリーランスになるにはまだまだ抵抗の強い時代ではないでしょうか?そのような方にはホワイト環境+高い給与を実現させて副業に取り組むのが一番低リスクなやり方ではないでしょうか?