【MBAを考えている人必見】MBA採用の裏側と企業が欲しがる理由教えます

どうもプロサラです。

MBA後の就職活動において一番メリットがあるのはMBA採用を行っている企業に転職する事です。なぜなら、MBAホルダーを欲しがっている企業であること、高い給与が見込めること、ポジションが魅力的な事が挙げられます。

MBA採用とは

MBAコース修了者のために採用枠を設けて求人を行うことを言います。大手外資系の事業会社に多いですが、日本でもメガベンチャー企業などがMBA採用枠を設けています。

MBA採用のため、MBAを修了予定もしくはMBAホルダーであることが応募要件になります。

MBAホルダーを欲しがる企業

MBA採用を行っている企業は当然ですがMBAホルダーを欲しがっています。また、MBA新卒採用している会社は外資系の事業会社や日系メガベンチャーなどのMBAホルダーの人が立ち上げた会社です。

外資系事業会社でMBAホルダーである事を評価されて入社したプロサラの経験から言うと、共通言語であるMBAは便利だからです。ビジネス推進する上でMBAを学んでいるとその知識をベースに物事を組み立てることができます。

プレゼンテーションにしてもMBAホルダーがプレゼンすると理解しやすくディスカッションも弾みます。例えばグローバルでの会議に出席すると、ビジネス戦略や製品戦略に関するプレゼンはいずれもMBAで勉強した、やってきた事をベースになされています。したがって理解が早くなるのです。

MBA採用の場合、企業は特別に高い給与でのオファーを用意している

MBA新卒採用をしている企業はMBAの価値を理解しています。海外留学の場合は高額な投資をしていることもわかっているので、給与は高くなります。

MBA前の経験やそこで得られたスキル、年齢にもよりますが、一般的には1,000万円くらいのオファーは出るでしょう。戦略コンサルや投資銀行に比べると少ない金額ですが、中堅MBAクラスでMBA採用されると十分な投資効果が出るのではないでしょうか?

TOP MBA卒業でこの年収は少ない気がしますが。

MBA採用では企業が用意するポジションが非常に魅力的

MBA採用をしている企業の場合、ポジションが魅力的であることも挙げられます。戦略的なポジションが多くなります。経営系、上流マーケティング、オペレーション、人事、などでいずれも戦略的なポジションが多くなります。

また、リーダーシッププログラムなどを行っている企業でMBA新卒で採用された場合はジョブローテーションで2,3年複数の部署を経験してから戦略企画部門などへの配属、などもありえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

MBA採用をしている企業があれば受けてみるべきです。MBAホルダーの価値を理解している企業である事、高い報酬が望める事、戦略的なポジションに就けることが受けるべき理由です。外資系の事業会社や日系のメガベンチャーでMBA採用している企業が多いので一度調べてみてはいかがでしょうか?

キャリア戦略策定については、プロサラがブラック企業時代に考えていたことを、その後のMBA留学・外資系企業勤務時代の経験から体系的にまとめた「戦略的転職プラン」をご覧下さい。

note(ノート)

「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラッ…

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

MBA新卒の方、これからMBAを取ろうと思っている方にはこちらの記事も参考になります。

関連記事

どうもプロサラです。 プロサラがMBA留学しようと思ったキッカケを書いてみました。   MBA留学を検討されている方、参考になると思うのでご一読ください。 MBA留学のきっかけとなった出来事 &nbs[…]

関連記事

留学を決意してから実際に留学を実現するまで、時間軸に沿って振り返ってみます。 MBA留学の準備ってどれくらいかかるの? 英語のスコアってどのくらいで上がるの? 気になる方、読んでみて下さい。 2011年5月に本格的に留学を決意して、[…]

関連記事

どうも、プロサラです。 MBA留学を検討されている方、タイトルのようにどこのMBAに行けばいいのか悩みますよね。MBA上位校となるとGMATとTOEFLの勉強で相当な時間が取られます。 そこまで時間と費用をかけてMBA取る必要あ[…]