ポストMBA転職術 CVの書き方

MBA留学

どうもプロサラです。

 

外資系企業へ転職する際には、英文レジュメが必要になります。特に本社の主要ポジションの場合、本国の偉い人(VPとか)とインタビューしますので必須です。今回はCVの書き方について書きます。

 

スポンサーリンク

CVの基本

基本的には英文レジュメは職務経歴書の書き方と同じです。ただし、英文レジュメは採用する本国の部長あたりが読むことになる事を想定して書くようにする必要があります。

 

すなわち、端的に「何をしていたか」「どういう実績を上げたか」です。何をしていたか、は当たり前ですが今までの仕事の経験を書きます。重要なのはそこでどのような実績を作ったかです。

 

これは数字で書きます。例えばマーケティングであるならば、自分のマーケティング施策によって認知度が10%上がったとか、売上が5%伸びたとか、市場を○○億円作った、とかです。シンプルに数字で表現します。

 

スポンサーリンク

募集ポジションを意識して書く

また、外資系企業の場合、求められるポジションのスキルが明確です。Job Descriptionに求められるスキルが記載されています。これらのスキルを自分は持っています、ということをレジュメに記載します。

 

そうすることでレジュメを見た人が「採用したいポジションのスキルを満たしている」と思ってもらえます。したがってレジュメは受ける業界や職種によって変える必要があります。

 

自分の職務経歴を嘘つくことはできません。ですが、今までの経験で得られたスキルのうち、募集ポジションの求めるスキルに近いものからピックアップしてレジュメに記載する事は求められます。

 

スポンサーリンク

インタビューを意識する

プロサラは以前ある外資系企業の面接を受けた時は、1次面接が日本法人の社長(日本)、2次面接がアジアのマーケティング責任者(オーストラリア)、最終面接が事業部の責任者(イギリス)でした。

 

例えば、日本法人の社長の場合は職種というよりもビジネス全般の話しを意識してインタビューに臨みます。オーストラリア人の場合は直属の上司になるので具体的なスキルやこれまでの経歴を意識します。

 

そしてイギリス人のVPとの面接のときにはそのビジネスにどう貢献できるのか、を説明します。このように外資系企業の面接の場合、日本以外の場の人ともインタビューする事が多いので、自分のことを知ってもらうためにもバックグラウンドや経歴、などを意識する必要があります。

 

したがって先ほども述べたように簡潔に、かつ数字をレジュメにふんだんに入れなければいけません。文章で長ったらしく書いても、頭に残りません。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は外資系企業での英文レジュメ作成時の注意点を説明しました。外資系企業の場合、面接は日本だけでなく、アジアや本国の人と面接します。

 

国が違う、物理的に遠い環境の人と面接をすることになります。これを見越して、レジュメはシンプルにかつ数字で説明するようにしましょう。数字はどこの世界でも共通言語ですので相手に伝わりやすいです。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

外資系転職についてはこちらもよく読まれてます。参考までに。

外資系企業への転職
プロサラははじめての外資系企業への転職でカルチャーショックをかなり受けました。ですが、人間関係がある程度できてくるとその仕組みが合理的にできていることに気づきます。
ポストMBA外資系企業での面接術
外資系企業での面接術について紹介します。同業種・同業界の場合はスキル・経験の刷り合わせになるので何をやってきたのかを話しましょう。異業種・異業界の場合は熱意とキャッチアップするための具体的な努力を伝えましょう。両者に共通する対策として端的にかつ早口で話すようにしましょう。
MBAと外資系企業でのキャリア
MBA取得後は外資系でのキャリアを歩む方が多いと思います。プロサラの周りでも日系メーカーに勤めてMBA取得後に外資系コンサルで働きはじめた人や外資系製薬メーカーで働いている人などいます。理由は単純でMBAホルダーを企業がほしがっているからです。なぜ外資系企業はMBAホルダーをほしがっているのか解説します。
ポストMBA外資系転職:米国本社勤務への壁
外資系メーカに勤めていた頃、プロサラは本社への出張はあるものの、米国本社で働くという機会には恵まれませんでした。実感として本社で働くのは相当な理由がないと難しいです。ポストMBA転職後に、米国本社で働きたい方、興味のある方に本社で働くために必要な事について説明します。

コメント