海外への転職 – ポストMBA転職 –

MBA留学

どうもプロサラです。

 

MBAコースも終了に近づいてきた頃、コース終了後の働き先を見つけるために転職活動していました。当時は色々な可能性を求めて活動していました。海外での転職も含めて検討しておりました。

 

今回は海外の転職について書きましたので興味のある方はご覧下さい。

 

 

海外転職の選択肢

 

最初にどのような海外勤務の選択肢があるのでしょうか?プロサラがイギリスへいた時には大きく分けて二つが考えられました。

 

イギリス企業のイギリスでの転職、日本企業のイギリス支社での転職、の二つのパターンです。

 

同じイギリスで働くにしてもこれら二つのパターンでは難易度がまったく変わってきます。

 

 

海外企業の現地法人(本社)への転職

 

結論から言うとかなり厳しいです。イギリス企業でイギリスで働く、もしくはアメリカ企業のイギリス支社で働く、などのケースです。

 

この場合、普通にネイティブとやっていける力がないと働くことが難しいです。可能性としてあるのは、これらの企業が例えば日本にも支社を持っており、支社とイギリス法人の間を繋いでくれる役割がある、などの日本人としての価値が活かせる場合でしょう。

 

この場合は、現地で働くことができる可能性があります。とはいえ、現地での就職になりますから現地の商習慣や文化に馴染んでいる必要があります。

 

プロサラは海外経験ゼロで留学していましたのでハードルを感じました。海外経験が十分にある方の場合は可能性がありますがプロサラの場合は難しいのですぐに断念しました。

 

(参考)ポストMBA外資系転職 米国本社への壁

ポストMBA外資系転職:米国本社勤務への壁
外資系メーカに勤めていた頃、プロサラは本社への出張はあるものの、米国本社で働くという機会には恵まれませんでした。実感として本社で働くのは相当な理由がないと難しいです。ポストMBA転職後に、米国本社で働きたい方、興味のある方に本社で働くために必要な事について説明します。

 

日本企業の現地法人への転職

 

この場合は先程よりも可能性が高まります。日本企業が現地に法人をもっており、そこでの採用をしている場合です。

 

この場合も日本人であるニーズが求人にある場合だと可能性がありますがそもそも求人はあまり出ません。なぜかというと、日本企業の場合は日本人が必要な場合はまず社内の日本人を現地に送り込むからです。

 

また、よくあるケースですが、現地法人での採用になった場合、現地での給与ベースになるので給与が下がってしまう場合もあります。また、海外での転職となると先進国よりも新興国でのニーズが高いです。

 

具体的には東南アジアなどです。この場合、現地での給与水準になると劇的に下がります。なのでこれもオススメではありません。

 

海外転職の難しさ

 

以上のように海外での転職ははっきり言って厳しいです。可能性があるのは、英語力がネイティブ並みにあり、優秀であることです。それ以外の場合は日本で転職した方が給与は高く良いポジションで採用されます。

 

プロサラは高いお金を払ってMBA留学しましたので(中堅MBAでも数百万の投資になります)、給与が前職と同水準以下のところで転職する気はありませんでした。

 

その場合、海外での転職は非常に狭き門になります。可能性がある人は帰国子女とか、10代の頃に海外経験があって異国の文化適応力が十分にある、かつビジネス経験があってMBAホルダーである。

 

この条件を満たす人は海外転職しても成功するでしょう。プロサラの場合はMBA留学以前の海外経験なく、英語力もネイティブレベルではなかったので断念しました。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

プロサラの経験から海外での転職がいかに難しいか理解頂けたのではないでしょうか。場所や給与を選ばなければ簡単にできると思います。ですが、せっかく高いお金をかけてMBAを取得したのですから、金銭的リターンの高い転職先を選ぶべきです。

 

そうでなければ別にMBA留学する必要もなく、ワーホリや短期留学で十分です。留学前に海外経験のない人は帰国してからの転職をすべきです。

 

日本へ帰国してから外資系企業や国内企業に転職してから海外赴任する、という選択肢を考えた方が現実的です。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

ポストMBAでの転職に関する記事はこちらも読まれています。

MBAと外資系企業でのキャリア
MBA取得後は外資系でのキャリアを歩む方が多いと思います。プロサラの周りでも日系メーカーに勤めてMBA取得後に外資系コンサルで働きはじめた人や外資系製薬メーカーで働いている人などいます。理由は単純でMBAホルダーを企業がほしがっているからです。なぜ外資系企業はMBAホルダーをほしがっているのか解説します。
ポストMBA転職 次のキャリアへの結び付け方
ポストMBA転職活動の極意→目標を立てる→目標へ到達するために必要なスキル・経験を把握する→自分が持っているスキルと今の仕事で身に付くスキルを把握する→ギャップを把握し、埋めるための戦略を練る→目の前の仕事に集中し、準備を行う。この流れを意識しながら毎日を過ごすことで自分のなりたい姿を実現することができます。
ポストMBA転職術 年収交渉術
ポストMBA転職時の年収交渉は以下3点です。エージェントに任せる。良いエージェントと付き合うこと。良いエージェントと付き合うためには自分自身が誠実であること。上記を意識することで自分の納得のいく年収が実現できます。
ポストMBA外資系企業での面接術
外資系企業での面接術について紹介します。同業種・同業界の場合はスキル・経験の刷り合わせになるので何をやってきたのかを話しましょう。異業種・異業界の場合は熱意とキャッチアップするための具体的な努力を伝えましょう。両者に共通する対策として端的にかつ早口で話すようにしましょう。
MBAのキャリアー実際に役立つシーン
プロサラはMBA後、外資系メーカーにて勤務していましたがMBAでの学びが多いに役立ちました。また、外資系企業で働くと日本以外の地域の同僚とコンタクトする機会も増えます。その際に同僚もMBAホルダーであることも多く、会議で一緒になったときには学校の話しをすることもありました。

 

コメント