個人年金保険を活用した節税手法

マネー術

どうもプロサラです。

 

生命保険料を活用した節税手法については前回書きました。今回は個人年金保険を活用して節税する方法について書きます。サラリーマンならば絶対に活用しておいた方がいい節税法です。

 

やり方は簡単、保険に加入、毎年保険会社から送られてくる控除証明書を会社に提出、これだけで節税できます。掛金は最低年間8万円支払っていれば控除枠を使い切ることができます。月額にして6700円ですので小額から可能です。

 

個人年金保険とは

 

個人年金保険は公的年金保険を補う目的で加入する私的年金です。契約時に契約期間および払込期間を決めます。また支払い方法を5年や10年の確定年金や生涯にわたって受け取る終身年金など選択が可能です。

 

老後の資金に不安がある方、退職から年金支給が開始される期間がある方の生活費準備(例えば60歳退職で、65歳から公的年金受給開始)に向けて加入する保険といえます。

 

ただし、利率は高いとはいえないのが個人年金保険の特徴です。したがってプロサラは控除を受けるために入ってますので保険料は月額1万円です。保険料を毎月3万円とか5万円とか支払う必要はありません。

 

最低でも6,700円払っておけば後述する控除枠を使うことができます。プロサラは利率は期待せずに控除のために加入しています。運用益を得たいならばつみたてNISAやiDeCo、ロボアドバイザーにお金を回した方が良いです。

 

(参考)iDeCoについて

iDeCoを活用したお得な資産形成術
どうもプロサラです。 前回は資産運用について記事を書きました。資産運用の基本は収入-支出を最大化させて、余ったお金を投資に回すことを書きました。 (参考)資産運用の基本の基本 今回は、誰でも...

 

(参考)つみたてNISAについて

つみたてNISAを活用したお得な資産形成術
どうも、プロサラです。 前回はiDeCoを活用したお得な資産形成術について書きました。今回はiDeCoに続く税制メリットを活用した資産形成術についてお伝えします。つみたてNISAです。 運用益が非課税なのが特徴で...

 

(参考)ロボアドバイザーについて

ロボアドバイザーを使った長期分散積立投資術
どうもプロサラです。 資産運用について税的メリットのあるiDeCoやつみたてNISAについて説明してきました。まず、これらを用いて運用を始めるが第一ステップです。 その次にまだ余裕資金があるならば、ロボアドバイザ...

個人年金保険料控除について

 

個人年金保険には個人年金税制特約を保険契約に付加することで所得税と住民税を軽減できます。所得控除額は所得税から最大4万円、住民税から最大2.8万円受けられます。

 

つまり、その年に支払った保険料額の全部または一部をその年の所得から差し引くことで、差し引かれた分が課税されなくなるのです。通常、サラリーマンの場合は年末調整で還付されます。

 

商品について

 

色んな生命保険会社が個人年金保険を販売しています。ドル建ての年金保険もあります。年金保険はそもそも運用益を狙いにいくような商品ではありません。

 

保険料控除を使うためですので、はっきり言ってどこの保険商品でもかまいません。会社が潰れるリスクを気にするなら日本生命や東京海上日動あんしん生命といった大手保険会社の年金保険に入っておけばまず大丈夫です。

 

各社利率がわずかではありますが異なりますので、気になる方は比較されてもいいかもしれませんが、プロサラは面倒くさいのでやりませんでした。何も考えずに東京海上日動あんしん生命の個人年金保険に加入しました。

 

ちなみにあんしん生命の個人年金保険は売り止めになったようです。。。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

生命保険料控除と同様に個人年金保険に加入することで毎年控除が受けられ節税できます。多くの掛金を支払う必要はありません。

 

(参考)生命保険料控除について

生命保険を活用した節税方法
どうもプロサラです。 生命保険料控除はサラリーマンの節税手法の基本の一つです。保険に加入するだけで控除が使えるようになるので、簡単な節税法です。使わない手はないので本記事では生命保険を活用した節税について書きます。 ...

 

毎月1万円くらい支払っておけば後は毎年保険会社から送られてくる控除証明書を年末調整の時期に会社に提出するだけでOKです。そうすると税金が還付されます。

 

非常に簡単にできる数少ない節税方法の一つである個人年金保険料控除、使わない手はありません。もし控除枠を使っていらない場合はすぐにでも入りましょう。

コメント