個人年金保険を活用した節税手法

マネー術

どうもプロサラです。

 

生命保険料を活用した節税手法については前回書きました。今回は個人年金保険を活用して節税する方法について書きます。サラリーマンならば絶対に活用しておいた方がいい節税法です。

 

やり方は簡単、保険に加入、毎年保険会社から送られてくる控除証明書を会社に提出、これだけで節税できます。掛金は最低年間8万円支払っていれば控除枠を使い切ることができます。月額にして6700円ですので小額から可能です。

 

個人年金保険とは

 

個人年金保険は公的年金保険を補う目的で加入する私的年金です。契約時に契約期間および払込期間を決めます。また支払い方法を5年や10年の確定年金や生涯にわたって受け取る終身年金など選択が可能です。

 

老後の資金に不安がある方、退職から年金支給が開始される期間がある方の生活費準備(例えば60歳退職で、65歳から公的年金受給開始)に向けて加入する保険といえます。

 

ただし、利率は高いとはいえないのが個人年金保険の特徴です。したがってプロサラは控除を受けるために入ってますので保険料は月額1万円です。保険料を毎月3万円とか5万円とか支払う必要はありません。

 

最低でも6,700円払っておけば後述する控除枠を使うことができます。プロサラは利率は期待せずに控除のために加入しています。運用益を得たいならばつみたてNISAやiDeCo、ロボアドバイザーにお金を回した方が良いです。

 

(参考)iDeCoについて

iDeCoを活用したお得な資産形成術
iDeCoに関するメリットについて説明しました。掛金の所得税・住民税の控除、運用益の非課税、受け取ったお金の退職所得控除もしくは公的年金等控除が受けられます。商品は投資信託、定期預金、保険から選択できます。確実に年金資金を貯めるためにもiDeCoでは低リスク商品での運用をオススメします。

 

(参考)つみたてNISAについて

つみたてNISAを活用したお得な資産形成術
つみたてNISAは長期・積立・分散投資を後押しするためにできた制度です。年間40万円まで積立可能で、運用益は20年間非課税です。運用商品は低い手数料、わかりやすい商品、で構成されていますので投資初心者でも気軽に始められます。

 

(参考)ロボアドバイザーについて

ロボアドバイザーを使った長期分散積立投資術
投資初心者にとってロボアドバイザーはiDeCo、つみたてNISAの次に有用な投資ツールです。ロボアドバイザーは忙しい方にもピッタリのツールです。是非とも運用されることをオススメします。世界経済が成長し続ける限り、ほっとけば資産が増えていきます。

個人年金保険料控除について

 

個人年金保険には個人年金税制特約を保険契約に付加することで所得税と住民税を軽減できます。所得控除額は所得税から最大4万円、住民税から最大2.8万円受けられます。

 

つまり、その年に支払った保険料額の全部または一部をその年の所得から差し引くことで、差し引かれた分が課税されなくなるのです。通常、サラリーマンの場合は年末調整で還付されます。

 

商品について

 

色んな生命保険会社が個人年金保険を販売しています。ドル建ての年金保険もあります。年金保険はそもそも運用益を狙いにいくような商品ではありません。

 

保険料控除を使うためですので、はっきり言ってどこの保険商品でもかまいません。会社が潰れるリスクを気にするなら日本生命や東京海上日動あんしん生命といった大手保険会社の年金保険に入っておけばまず大丈夫です。

 

各社利率がわずかではありますが異なりますので、気になる方は比較されてもいいかもしれませんが、プロサラは面倒くさいのでやりませんでした。何も考えずに東京海上日動あんしん生命の個人年金保険に加入しました。

 

ちなみにあんしん生命の個人年金保険は売り止めになったようです。。。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

生命保険料控除と同様に個人年金保険に加入することで毎年控除が受けられ節税できます。多くの掛金を支払う必要はありません。

 

(参考)生命保険料控除について

生命保険を活用した節税方法
もし、保険料控除枠を使っていない場合は使われることをオススメします。プロサラはプルデンシャル生命のドル建て終身保険に加入していて、毎年控除証明書を会社に提出しています。数少ないサラリーマンの節税手法の一つですので活用されることを強くオススメします。

 

毎月1万円くらい支払っておけば後は毎年保険会社から送られてくる控除証明書を年末調整の時期に会社に提出するだけでOKです。そうすると税金が還付されます。

 

非常に簡単にできる数少ない節税方法の一つである個人年金保険料控除、使わない手はありません。もし控除枠を使っていらない場合はすぐにでも入りましょう。

コメント