確定拠出年金が運用主流に

マネー術

どうもプロサラです。

 

少し前の記事になりますが、10月24日付けの日本経済新聞に企業年金が確定拠出型が5割を超えたとの報道がありました。

 

従来の確定給付型から確定拠出への流れが加速していることがわかりました。個人での運用責任が問われる時代になって事を痛感しました。個人のマネーリテラシーが問われる時代になったと言えそうです。

 

 

確定拠出型の企業年金が5割を超える

 

日本経済新聞によると、確定拠出企業年金が5割を超えたようです。

 

引用

厚労省の就労条件総合調査では、1月1日時点で3697企業から回答を得た。企業年金の調査は5年に1度実施する。年金制度の形態を聞いたところ、2013年の前回調査と比べられる条件で確定拠出が50.6%を占め、約15ポイント上昇した。企業があらかじめ約束した利回りで運用する確定給付型は45.0%と、約9ポイント上昇したが、確定拠出が大きく上回った。

 

企業年金、確定拠出が5割超え 個人の運用主流に
従業員の年金を確定拠出型で支払う企業が増えている。厚生労働省が23日発表した調査結果によると、企業年金制度のある企業のうち、運用手段を従業員が決める確定拠出型を活用している企業が初めて5割を超えた。

 

確定給付型の企業年金は予定利回りに達しなかった場合、企業がその差分を負担しなければいけなく、財務負担が大きくなるという意味もあり確定拠出に移行している背景があります。

 

確定給付型の企業年金は右肩上がりの高度経済成長期が前提のモデルでした。ところが日本はここ10年以上低成長率であり、予定していた利回りを運用で達成することが難しくなりました。

 

企業は自分の懐を痛めたくないので、掛金は企業が拠出するから運用は自己責任でやってね、という事情があるのです。これまでは運用に失敗したら企業がその分を負担してくれました。

 

ところが、拠出型になると運用に失敗したらそれは個人の責任なので年金原資が減ってしまう事になるのです。

 

高まる個人のマネーリテラシーの必要性

簡単にまとめると、今までは企業が面倒見てきたけど、これからは掛金出してあげるから自分で責任持って運用してね、というメッセージです。これをどう捉えるか。自己責任で運用していく必要があります。

 

例え投資をしたことがない素人であったとしても資産運用に対する最低限の知識は必要になる時代に変わったといえるでしょう。個人は自分の退職金原資をうまく運用することによって増やしていく必要があるのです。

 

失敗したらそれも個人の責任です。例えば、確定拠出年金のiDeCoは、元本確保型の商品に投資して、つみたてNISAで運用益を狙いに行く、とか。iDeCOもつみたてNISAもリスクの低い商品に投資して、ロボアドバイザーでリスクを取りに行く、とか。

 

自分で投資戦略を練って将来の老後資金を作っていく必要があるのです。

 

(参考)iDeCoについてはコチラ

iDeCoを活用したお得な資産形成術
どうもプロサラです。 前回は資産運用について記事を書きました。資産運用の基本は収入-支出を最大化させて、余ったお金を投資に回すことを書きました。 (参考)資産運用の基本の基本 今回は、誰でも...

(参考)つみたてNISAについてはコチラ

つみたてNISAを活用したお得な資産形成術
どうも、プロサラです。 前回はiDeCoを活用したお得な資産形成術について書きました。今回はiDeCoに続く税制メリットを活用した資産形成術についてお伝えします。つみたてNISAです。 運用益が非課税なのが特徴で...

(参考)ロボアドバイザーについてはコチラ

ロボアドバイザーを使った長期分散積立投資術
どうもプロサラです。 資産運用について税的メリットのあるiDeCoやつみたてNISAについて説明してきました。まず、これらを用いて運用を始めるが第一ステップです。 その次にまだ余裕資金があるならば、ロボアドバイザ...

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

日経記事にあったように確定給付年金から確定拠出年金への移行は、政府のiDeCoやつみたてNISAの推進と同様に自助努力で老後資金を積立てて下さい、というメッセージです。

 

背景には経済の低成長、人口減少、高齢化による社会保障費の増大があります。今後もこの流れが変わる事はありません。自分で出来る事は自分でやっておかないと後で痛い目を見る世の中になってきました。

コメント