英語学習

効率的な学習法part1 はじめに

効率的に学習するためには以上の5つのステップを忠実に行うことです。目標を立てる、習慣化する、繰り返す、記録する、試行錯誤する、このステップを行ってきたことで資格や英語、海外MBAの取得ができました。今は料理、このブログと子育てに適用してやっています。
雑記

科学的な目を持つことの大切さ

科学的根拠のない噂や情報を頼っていると間違った行動を起こしたり、正しい判断ができなくなる可能性があります。食品添加物を例にしましたが、添加物自体は多量摂取の場合問題となりますが、普段人間が摂取している量はごく少量であり健康に問題がないことがわかりました。
転職

やってはいけない転職術part7 年収で考える転職

やってはいけない転職として、今回は年収という数字のみを見た転職について取り上げました。特に日系企業から外資系企業への転職の場合、福利厚生面までしっかりと目を通して、不明点は内定先企業へ確認した上での転職をしましょう。さもないと、額面で年収が大幅アップしたとしてもトータルで考えると待遇が悪くなる可能性すらあります。
転職

やってはいけない転職術part6 交渉なき転職

交渉なき転職はやってはいけません。安売りしないようにしましょう。年収交渉は転職エージェントがプロですので任せるようにしましょう。ただし、前提として自分がどのくらいの条件なら満足するのかをしっかりと伝える必要があります。自分のスキルや経験をできるだけ数値化して希望年収の根拠として示せるようにすれば交渉も進めやすいです。
転職

やってはいけない転職術part5 戦略のない転職

戦略のない転職をした場合、長期的には失敗する可能性があります。よく戦略を練った上で転職活動されることを強くおススメします。安易な転職は場合によってはプライベートライフや人生にまで悪影響を及ぼしかねません。
転職

やってはいけない転職術part4 同業界・同職種・同ポジションでの転職

同業界・同職種・同ポジションへの転職はやってはいけない転職の一つです。例えば給与が上がったとしても新しい環境への適応コストが発生するため、場合によっては前職の方がよかった、というような結果になりかねません。また、仕事も同じなのでキャリアップ転職とも言えません。この点に注意した上で転職活動を行いましょう。
転職

やってはいけない転職術part3 時間をコントロールされる職種への転職

人生の時間は有限です。仕事が人生の中心ならいいですが、人生とはプライベートが中心にあるべきとプロサラは思っています。であるならばプライベートを充実させるための働き方を模索すべきです。時間をコントールされる仕事に就くとプライベートまでコントロールされることになりますので、そういった職種への転職は避けるようにしましょう。
転職

やってはいけない転職術part2 日本でのみビジネス展開している会社

やってはいけない転職術の2回目は日本でのみビジネス展開している会社で働く事です。さらに国外展開がしにくいビジネスモデルや業態の場合、こういった会社で勤めることはリスクになるので避けた方がいいです。低い給与になったり、長時間労働を強いられたりする可能性がありますので要注意です。
転職

やってはいけない転職術part1 利益率の低い業界への転職

利益率の低い業界への転職はしないようにしましょう。いくら仕事ができたとしても報われない可能性が高いです。特に平等主義の日本企業ではそうでしょう。時間単価の高い業界で働く事をおススメします。利益率や成長率の高い業界が時間単価の高い業界になりますのでそういった業界で働くことをおススメします。
MBA留学

残念なMBAホルダー

今回は残念なMBAホルダーについて取り上げました。このようにならないためにも20代のうちから冷静かつ戦略的にキャリアプランを考えておくべきです。さもないとお金をドブに捨てただけの最もコスパの悪いMBAホルダーになりかねません。戦略的な転職プランの考え方については以下の記事を参考にしてみて下さい。