MBA留学

外資系と日系企業の違い – 人件費 –

日系企業と外資系企業の人件費の考え方の違いについて書きました。もちろん、全ての日系企業がそうではないと思います。最近の日系企業はコスト意識も高く評価制度もしっかりしたものに見直していることと思います。ポストMBAで外資系企業に初めて転職される方、上司は自分にかかる人件費はコストであると考えています。
マネー術

個人年金保険を活用した節税手法

生命保険料控除と同様に個人年金保険に加入することで毎年控除が受けられ節税できます。多くの掛金を支払う必要はありません。毎月1万円くらい支払っておけば後は毎年保険会社から送られてくる控除証明書を年末調整の時期に会社に提出するだけでOKです。そうすると税金が還付されます。
キャリア戦略

大企業の方が圧倒的にオトク

もし大企業か中小企業に就職、あるいは転職するか迷われている人がいたら大企業へ行くことをオススメします。大企業にはこれまでの競争を勝ち抜いてきた歴史があり、資産があります。中小企業は競争の最中の会社がほとんどでしょう。
マネー術

ロボアドバイザーを使った長期分散積立投資術

投資初心者にとってロボアドバイザーはiDeCo、つみたてNISAの次に有用な投資ツールです。ロボアドバイザーは忙しい方にもピッタリのツールです。是非とも運用されることをオススメします。世界経済が成長し続ける限り、ほっとけば資産が増えていきます。
キャリア戦略

若いうちから独立することのリスク

若いうちからすぐにフリーになる選択肢はオススメできません。勝算があるのなら別ですが、とりあえずフリーになりたい、ということであればサラリーマンやりながら副業やった方がいいです。フリーでいることを勧める人もいますが、自分の状況をよく客観的に判断してから決断することをオススメします。
マネー術

つみたてNISAを活用したお得な資産形成術

つみたてNISAは長期・積立・分散投資を後押しするためにできた制度です。年間40万円まで積立可能で、運用益は20年間非課税です。運用商品は低い手数料、わかりやすい商品、で構成されていますので投資初心者でも気軽に始められます。
英語学習

英語学習に「忙しい」は言い訳にしかならない

わかったことは「耳」が結構空いていることです。リスニングの時間はこれで十分確保することができます。その次に「目」、「手」、「口」の順でした。リーディング、ライティング、スピーキングにも時間を割くことができます。
マネー術

サラリーマンの節税法

サラリーマンであったとしても節税の方法が全くないという訳ではりません。iDeCo、 つみたてNISA、生命保険料控除、個人年金保険料控除、地震保険料控除、ふるさと納税、などを活用することで税金を減らすことが可能です。
マネー術

SNSを越えたプラットフォーム化しつつあるLINE

LINEはもはやSNSのメールサービスを超えたプラットフォームになりつつあります。投資やほけん、決済といったフィンテックサービスから、ヤマト運輸の再配達受付をはじめとしたAIを活用した新しいサービス提供まで幅広く展開しつつあります。
マネー術

iDeCoを活用したお得な資産形成術

iDeCoに関するメリットについて説明しました。掛金の所得税・住民税の控除、運用益の非課税、受け取ったお金の退職所得控除もしくは公的年金等控除が受けられます。商品は投資信託、定期預金、保険から選択できます。確実に年金資金を貯めるためにもiDeCoでは低リスク商品での運用をオススメします。