MBA留学

異業種転職のススメ

30代で異業種への転職を考えた方がいいか、という問いに対しては「Yes」です。先行き不透明で沈んでいく船に乗っているとわかっているならば、積極的に行動すべきです。プロサラの場合はMBAを取って実現させました。別にTOP MBAである必要はありません。戦略的にキャリアを考える事でハッピーになれます。
外資系転職

トップダウンの外資系企業とトップダウンでもボトムアップでもない日系企業

外資系企業の場合トップダウンで非常にわかりやすい流れで物事が進んでいくことがわかりました。一方で日系企業の場合、ボトムアップで情報が上に上がるのですが、いざ実行フェーズになるとリソースが確保できずに立ち消えになるプロジェクトが出てきてしまいます。
MBA留学

MBAへの出願

MBA出願時に必要となるエッセイについて書きました。中堅MBAの場合、ロジックがしっかりしていること、英語表現が間違っていなければまず落ちることはないです。ただし,Requirementに合っていなければ、どれだけよいエッセイを書いても落ちます。
MBA留学

MBAで学んだ投資する姿勢

プロサラはMBAで投資することの重要性について学びました。自分の将来を豊かにするために金銭と時間と労力をかけて投資しているのだ、という意識を持とうとクラスメイトに学びました。また、給与の高い、よりエキサイティングなポジションを貪欲に狙っていく姿勢も学びました。
MBAあれこれ

MBA流 情報収集法

テクノロジーの発達によって従来メディアに触れる機会が激減しました。プロサラは通勤中に新聞はもちろん、書籍を読む行為がなくなりました。ブログを読む、アプリでニュースを読む・聞く、ことにより情報収集できるようになったのです。
キャリア戦略

4回転職してみてわかったこと

ざっとプロサラが経験してきた5社について外資/国内、大規模/小規模の軸に沿って説明しました。それぞれ特徴がありメリット・デメリットがあるのがわかりました。自分の価値観にあわせて、企業を選択してみてはどうでしょうか?自身の年齢や、状況に合わせて働く企業を自ら選択できるのがベストだと考えます。
MBA留学

外資系と日系企業:出世の仕方の違い

今回は外資系企業と日系企業での出世の仕方の違いについて書いてきました。外資系企業では実力主義である一方でポジション争いが過熱する可能性があります。国内企業の場合は、実績以外の部分も考慮される一方で評価が曖昧である可能性があります。
子育て術

写真館での家族写真について

今回始めて写真館で家族写真を撮る体験をしました。アルバムでプロに撮ってもらった写真ってお金がかかるし意味ないな、と思っていましたが意外とそうではありませんでした。家族の歴史を残せますし、子供や自分自身の成長を感じることができます。
MBA留学

ポストMBA転職術 CVの書き方

外資系企業での英文レジュメ作成時の注意点を説明しました。外資系企業の場合、面接は日本だけでなく、アジアや本国の人と面接します。国が違う、物理的に遠い環境の人と面接をすることになります。これを見越して、レジュメはシンプルにかつ数字で説明するようにしましょう。数字はどこの世界でも共通言語ですので相手に伝わりやすいです。
マネー術

マネーフォワードを使い倒そう!

マネーフォワードはとても便利なフィンテックサービスです。何より一元管理ができることとその簡便性がメリットです。このサービスにより目標管理が容易になりました。有料で毎月500円支払っていますが、全然高いとは思いません。むしろ安いくらいです。マネーフォワードを使い倒して収益改善につなげましょう。