転職

責任を取らない組織にありがちな事

日本企業にありがちな問題点として、責任が定義されておらず、責任者が曖昧、という2点が挙げられます。そのためプロジェクトの進むべき方向性がはっきりしないのです。リーダーシップがこの問題を解決するために必要です。マネジメント層が責任を明確にしてリーダーシップを発揮すればこのような問題は解決されるのです。
雑記

大学生の時にやっておいたらよかったと思う事

もし大学生に戻れるなら、アウトプット重視のアルバイトをする、留学して留学先で旅/アルバイトをする、日本文化に関わる部活・サークルに入る、大学の講義で勉強した事を実務に活かす、これらの事をやっておきたかったです。
MBA留学

戦略を重視する外資系企業と雰囲気を重視する日経企業

外資系企業は戦略を重視します。ロジックやストーリー立てが非常に重要で良いものは評価してくれます。一方で日系企業は年齢や役職、それに加えて事前の根回しや雰囲気作りが重要です。若手が自分の意見を通したかったら上司や年配の方に根回しして発言してもらうなどする必要があるのです。
子育て術

子育て共働世代に必須のコープデリ(cope deli)のミールキット

共働き世帯にとって平日の晩御飯の準備は大変な家事かと思われます。そんな方にはコープデリのミールキットがオススメです。簡単に調理できます。さらに価格もリーゾナブル。自動食洗機と一緒に使うことで毎日の平日夜の火事時間が30分削減できます。平日の夜の30分を読書や趣味、団欒の時間に充てる事ができるようになりますよ。
外資系転職

外資系転職 嫌がらせと対処法

外資系企業ではこのような嫌がらせをしてくる人もいるものです。その場合は自分の仕事や業績に影響が出ますのですぐに対処した方がいいです。上司やマネジメントもロジックの通る理由があるならば納得してくれるはずです。
MBA留学

MBA留学してから帰国するまでの流れ

MBAコース開始後から帰国までの流れをまとめました。詳しくはリンクを参照してもらえれば幸いです。一年の流れを振り返るとあっという間の一年でした。授業はハードでしたが、合間にパーティーをしたり、大学近くのパブで飲み倒したりしていました。今となってはどれも楽しい思い出です。
外資系転職

外資系転職 60歳を超えてもハイパフォーマンスを出し続ける人

外資系企業であれば雇用がフレキシブルなので60歳を超えても成果を出す人は重宝がられます。ただし、外資系の場合は年齢が高くなると容赦なくクビを切られます。一方で、日本の大企業場合は従業員数も多いため、柔軟な対応はできません。50歳以降の働き方については40代のうちからしっかりと考えておいた方がよさそうですね。
MBA留学

ポストMBA転職・M&A実務編Part3 M&A戦略編

M&Aを行う際に重要になるのは戦略をきちっと決めておくことです。ここがしっかりしていると各フェーズで判断がぶれることがありません。案件の吟味がしやすくなります。また、余計な物を掴まされるリスクも低くなります。
MBA留学

ポストMBA転職・M&A実務編part2 M&Aのプロセスについて

M&Aの全体プロセスにおいては戦略立案とPMIが重要です。さらにPMIはディールが終わってから始めるのではなく、戦略立案段階から統合後の事を考えて進めなければなりません。また、社内・社外と多様な人たちがプロジェクトチームにアサインされるのでこれらをどうやってマネージしながら交渉を進めていくのかが重要な点になります。
MBA留学

ポストMBA転職・M&A実務編Part1 M&Aの現状

欧米企業はM&Aを戦略的に行いますし、現地マネジメントも非常にうまい。もともと欧米各国は植民地支配に成功してきた国です。現地のマネジメントがうまいのも長年にわたるノウハウが蓄積されている事も一つの要因として考えられるかもしれません。