MBA留学

MBA留学決意からの流れと劇的向上した英語-IELTS・TOEICスコア推移-

留学を決意してから実際に留学を実現するまで、時間軸に沿って振り返ってみます。2011年5月に本格的に留学を決意して、2012年6月に渡英していますので準備期間は約1年。TOEICスコア400点未満からのスタートでしたのでギリギリといえばギリギリでした。振り返ると準備期間は2年くらいあった方が無難でした。
MBA留学

留学エージェントの使い方

留学エージェントは色々な会社がありますが、基本的には情報収集の場所と考えたらよいと思います。プロサラは忙しい自分に焦って有料サービスに申し込みましたがお金の無駄でした。MBA留学して唯一の後悔です。同じ轍を踏んでほしくないので共有します。
MBA留学

TOP MBAでないと意味はないのか?

MBA留学を検討されている方、タイトルのようにどこのMBAに行けばいいのか悩みますよね。TOP MBAとなるとGMATとTOEFLの勉強で相当な時間が取られます。そこまで時間と費用をかけてMBA取る必要あるの?TOP MBAでないと意味ないの?前者の質問についてはNO、後者の質問についても答えはNOです。
MBA留学

MBA投資とリターンについて

金銭的なリターンはもちろん、金銭以外のリターンも計り知れません。まさに人生が変わるのがMBA留学です。プロサラはコストを最小限に抑えて、最大限のリターンを得るためにやってきました。投資銀行や戦略コンサルへ行かなくても元は取れます。留学は絶対にした方が得です。その実感は帰国後にすごく感じることになります。
MBA留学

MBAコースの国籍の多様性とクラス人数について

MBAコースの国籍の多様性とクラス人数について書きました。国籍は自分の将来キャリアと関連付ける、クラス人数は少人数=20人から30人くらいのコース、をおススメします。少人数のコースはあまり数が少ないかもしれませんが、少人数のクラスは存在しています。留学エージェントに相談するなりして情報を集められてはいかがでしょうか?
MBA留学

MBAのキャリアー実際に役立つシーン

プロサラはMBA後、外資系メーカーにて勤務していましたがMBAでの学びが多いに役立ちました。また、外資系企業で働くと日本以外の地域の同僚とコンタクトする機会も増えます。その際に同僚もMBAホルダーであることも多く、会議で一緒になったときには学校の話しをすることもありました。
英語学習

IELTS公式問題集を使った勉強法 ―安く効率的にIELTS対策―

プロサラはIELTSの過去問とCDを入手しました。リスニングは絶大な効果ありです。リーディングはそこそこでした。ライティングとスピーキングは、教材をライティング講座やオンライン英会話に利用しました。それ自体では効果ありません。リスニングでは試験の雰囲気も味わうことができるので買っておいて損はないと思います。
英語学習

DUO3.0を使って劇的に語彙力向上した勉強方法

英単語を効率的に学習するにはDUOが一番手っ取り早いです。結果としてIELTS6.0を取るための基礎力が身につきました。何をするにも英単語は重要です。最低でも半年は続けることでDUOの全単語が身につくようになります。語彙力向上はDUO3.0だけで十分です。これがコストパフォーマンス最強の単語力アップ術です。
MBA留学

コスパ良・ROI高・お得なMBA留学って?

コスパの良いMBAを狙おうと思うなら、短期間でコースが終了できる、都市より地方、トップ高ではないが質の高いコース、をおススメします。自分ではよく調べられない、という方はMBA留学エージェントにカウンセリングを受けることで自分の留学に対するモチベーションを確認できたり、目的や卒業後のキャリアまで明確になります。
英語学習

オンライン英会話レアジョブで劇的にスピーキング力が上がる勉強法

2011年の5月頃に留学しようと思い立ちましたが、TOEICの点数は400点。。MBA留学するための英語力を身につけるのは相当の覚悟が必要でした。少なくともTOEIC換算で800点、IELTSで6.0以上は最低必要。レアジョブというオンライン英会話サイトでこれをクリアしました。その勉強法について解説します。