オンライン英会話レアジョブで劇的にスピーキング力が上がる勉強法

どうもプロサラです。

社会人4年目の頃、29歳の頃にMBA留学したいと思うようになり、「よし!英語の勉強をしなければ」と思いはじめたのがオンライン英会話でした。ここではプロサラがおススメするオンライン英会話レアジョブについて説明します。

MBA留学しようと思ったキッカケについてはコチラ。

【MBA留学検討している方向け】留学しようと思ったキッカケ教えます

2011年の5月頃に留学しようと思い立ちました。ただし、TOEICの点数は400点足りず、大学卒業してから英語には全くノータッチ。。そんな状況の中、高いモチベーションを保ったまま、留学できるくらいの語学力を身につけるのは相当の覚悟が必要です。

MBA留学できるくらいの英語力ってどのくらいだろうと思われる方はコチラを。

関連記事

どうもプロサラです。 MBA留学を決意したのはいいけど、どのくらいの英語力が必要なのか? 留学するための試験はあるのか? など疑問は山積みでした。今回は私費でMBA留学するための英語力について解説します。同時に私費留学を検討される方に[…]

少なくともTOEIC換算で800点以上。プロサラの場合は英国へ留学したのでIELTSのスコアがOverallで6.0以上は最低必要。達成するまでに少なくとも1年は継続的に勉強する必要がありました。

そこで冒頭に挙げたレアジョブというオンライン英会話サイトを、2011年5月からIELTSスコア6.0を取った2012年4月までの約1年間使っておりました。

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

オンライン英会話教室レアジョブとは

当時はレアジョブはインターネット英会話の黎明期にビジネスを展開しているベンチャー企業でした。F2Fの英会話に比べ、破格の料金を提供していたのがレアジョブで当時から注目されていました。現在ではオンライン英会話No.1です。

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

 

レアジョブの特徴

特徴として以下が挙げられます。顧客満足度No.1。これはやってみるとわかりますが、講師には様々なタイプの方がいます。女性・男性、どこの大学を卒業したか、専攻、年齢、強いトピック、文法・会話など教えるのに強い分野、など様々なバックグラウンドから好きな講師を選択することが可能です。

これが顧客満足なNo.1につながっているものと思われます。また、先ほども述べましたが1授業、25分間129円からの格安料金で英会話可能です。料金体系は後述します。朝6時から深夜11時までレッスン受講可能なのも特徴の一つです。

プロサラは当時仕事で朝8時前には家を出て21時過ぎに帰宅するという毎日を送ってました。なので、朝は出社前の6時に自宅でレッスンを受けたり、帰宅後の22時からはじめたりととても便利でした。目的に合わせてコースを選べるのも特徴です。プロサラは当時英語が全くできない状態からスタートしたので、日常英会話コースを選択していました。

他にも初心者向けのコースなどもあり、受講者のニーズに合わせたコースが用意されています。

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

レアジョブの料金体系

気になる料金体系ですが、コース別に以下のようになっています。日常英会話コース:月8回レッスンで4,200円/月と毎日25分レッスンで5,800円/月。日常英会話コースは英会話初心者や海外旅行で英語を使いたい!という方におススメのプランです。ビジネス英会話コース:毎日25分レッスンで9,800円です。

日常会話コースより高額になっていますが、特別なトレーニングを受けた認定講師とコース専用教材を用いたコースになります。

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

効果的なレアジョブの使い方

ここでどのタイプを利用したいかにもよりますが、コスパ重視で「使える英語」を本格的に学びたい方には日常英会話コースの毎日レッスンをおススメします。ビジネスコースは料金が高いし、月8回レッスンだと毎日継続できないのでおススメできません。英語の勉強法で重要なのは「継続すること」です。英語勉強の流れは以下の通りです。

  1. 最初の2ヶ月くらいまでは自己紹介や簡単な日常会話でとにかく英語になれる
  2. ある程度なれてきたら、無料で使える教材「Daily news Article」を使って、日々のニュースに関してディスカッション。
  3. 8ヶ月目くらいでかなり慣れてきたら、ある特定のトピックをピックアップして講師とディスカッション
  4. IELTSの試験が近づいてきたら試験、特に英会話の形式に則った形で出題してもらうように講師に頼んで模擬試験を行う

以上のような流れでやっていました。重要なのは毎日続けることで、最初は講師の言っていることがわからなかったりしどろもどろになったりました。ただ、わからなくても毎日毎日継続して行うことで少しずつ耳が慣れてきます。また、英会話以外の時間ではラジオを聴いて耳を鳴らすという事を行っていました。

自宅にいるときはシャドーウィングをし、電車などの移動中はダウンロードしたポッドキャストを聴いて、心の中でシャドーイングしていました。

リスニング力を鍛えるための関連記事はコチラ。

関連記事

どうもプロサラです。 本日はIELTS6.0を取得するまでにプロサラが行ってきた勉強法を解説します。リーディングとリスニングのトレーニングを0円でできる方法について解説します。 0円でリーディング、リスニング力をアップするための前提 リー[…]

このようにして、スキマ時間はラジオを聴き、ネット動画を見たりしてとにかく英語漬けの環境を作ることで3ヶ月くらいしたら耳が慣れてきます。そうすると自然と喋れるようになってきます。英会話とリスニングはラジオとオンライン英会話を活用することでかなり上達したように思います。

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

オンライン英会話はレアジョブ

最近、約7年ぶりにレアジョブを短期的に使用しました。当時と変わらず使い勝手がよく、コストパフォーマンスが非常に優れているなと改めて実感しました。もし、英語力がない状態で留学を目指そう!と思われている人、仕事で海外の取引先とやり取りがあって会話力が求められる人は是非レアジョブをおススメします。

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」



自分のニーズに見合った講師やレッスンが必ず見つかるはずです。