新卒者・転職者向け こんな会社は要注意!part3 理念や価値観ばかりで具体的な戦略説明がない会社

ブラック企業

どうもプロサラです。

 

こんな会社は要注意シリーズ第三弾。

 

今回は理念や会社の価値観ばかりで具体的な戦略説明がない会社を取り上げます。こういう会社は要注意です。

 

むしろ重要なのはどういう事業を行っているか、その結果として業績はどうなのか、将来はどんなプランを描いているのか、そのために今何をやっているのか、についての具体的な説明をすることです。

 

Part1,2はコチラ。

新卒者・転職者向け こんな会社は要注意!part1 「成長」がキーワードの会社
成長という言葉に騙されないようにしましょう。成長なんてどこの会社でも一旦入ってしまえば誰でもできるのです。これは単なる企業のプロモーションにすぎません。むしろそういう飾り言葉よりもファクト=経営実績や今後のビジョンや具体的な戦略と進捗状況、などを重視しましょう。
新卒者・転職者向け こんな会社は要注意!part2 企業担当者が「いい人」の会社
就職活動中に説明会や面接などのプロセスで出会う社員がいい人ばかりで、「この会社いいな」と思う気持ちを会社選びの基準に置いている人は要注意です。業界の将来性やその企業の経営指標などで定量的に把握しつつ、OB訪問などを通して定性的にその会社が良いのかどうかの2軸で判断しましょう。

 

スポンサーリンク

理念の話しばかりする企業

会社説明会で経営理念や会社の価値観ばかり話している経営者の会社は避ける様にしたほうがいいです。経営者はもちろん企業のビジョンやミッションを語る必要はあります。そこに会社の方向性や価値観が集約されているからです。

 

ただし、そのビジョンやミッションを遂行するために、現在のその企業がおかれている経営環境がどうなっているのかも同様に説明する必要があります。

 

具体的には事業を取り巻く、政治・社会・経済・技術的な環境についてと現状の社内環境についてです。その上で、これからは○○が必要なので、××の方向に進む、という具体的な経営戦略が明示している企業は信頼できると言ってよいでしょう。さらに数字=KPI (Key Performance Indicator)を交えて説明していればもっと良いです。

 

しかしながら、そういった具体的な説明がなく、「人材育成に力を入れている」とか「当社は人を大切にする」とか「社員全員が経営者目線です」とかいった曖昧な表現ばかりする会社は要注意です。

 

一般に一部上場企業は株主に対して説明責任があるので理念のみという会社はないでしょう。特にベンチャーや非上場企業に就職・転職を考えている学生・社会人は上記に注意した方がいいです。

 

スポンサーリンク

社長挨拶やプレゼンテーションは注意して聞いてみよう

会社説明会に参加したら役員挨拶があるでしょう。その時に企業理念やビジョンなどの説明があるはずです。また、合わせて会社の方向性や戦略についての説明も行われるはずです。

 

最初の理念について長々と説明して、具体的な戦略やプランがない、あるいは少しの時間しか説明しないような会社は避けた方がいいでしょう。

 

理念ばかり説明している会社はブラック企業の可能性が高いです。いくら業績がよかったとしても戦略的に業績を上げている可能性は低いです。

 

どちらかというと従業員を働かせて「時間や数で稼ぐ」やり方をしている会社の可能性が高いでしょう。例えいくら社長のプレゼンテーションは引き込まれる内容の話しでプレゼンがうまかったとしても、企業・事業戦略のない会社は良い会社とは言えません。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

会社説明会で社長および経営者から理念や価値観ばかり離している会社は要注意です。いくら社長の話しが引き込まれる内容であったとしてもその会社の具体的な戦略がなければブラック企業の可能性が高いです。

 

逆に例えプレゼンが下手な人でも(企業の役員クラスなら話しなれているのであまりないとは思いますが)、しっかりと会社の方向性や戦略を示せている会社の方が魅力的です。

 

もしこのような企業で働いていて転職したいが会社がさせてくれない方へ。プロサラがブラック企業で働いていたときにはなかった退職代行サービスがオススメです。中でもSARABAは料金安く、サービス内容も他社と比較しても良い内容となっています。

 

退職代行

LP | 退職代行「SARABA」

 

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

 

転職活動のノウハウについてはコチラも参考になります。

転職マーケットにマッチした人材になるための工夫
転職エージェントが発表するレポートなどを定期的にチェックすること、新聞などからトレンドを把握すること、転職エージェントの担当者と会って情報収集すること、の3点が重要です。プロサラはそれを20代の後半から意識することによって、今では希少人材になることができました。
レア人材になる方法
希少人材になることで自分の人材市場での評価が高まります。誰でもなれるような人材であれば企業から安く買い叩かれるだけです。替えがすぐに見つかるので市場評価も低いです。企業が欲しがる、希少人材になりましょう。食いっぱぐれることがなくなります。
転職のススメ
転職すれば別に会社が危なくなろうがどうなろうが生きていくことができます。会社に浸かっていると、会社の中の視点になり、外が見えなくなってしまいます。手遅れにならないうちに、転職するまでとはいかないものの、一度転職活動をされてみることをおススメします。会社の中での視点ではなく、客観的な自分の評価がわかりますよ。
転職面接活用法
プロサラは転職での面接を情報収集の場として活用していました。企業の生の情報をその企業で実際に働いている人から聞ける貴重な機会です。この貴重な機会を活かして色々な企業の面接を受けてみることをオススメします。面接の練習にもなりますので一石二鳥です。

 

コメント