MBA留学準備テクニック 留学エージェント選び

どうもプロサラです。

MBA留学に限らず、留学にかかる費用は授業料や現地での生活費だけではありません。出国までの準備で多大なお金がかかってきます。そこで今回からはシリーズで留学準備におけるコスト削減テクニックについて紹介していきます。初回は留学エージェント選びについてです。

エージェントのMBA留学準備ビジネスを知る

留学エージェント、代理店は留学サポートを留学したいと思っている方に対して提供します。その対価として代行料やサポート費用として手数料(サービス料)を徴収しています。この代行費用についてはコスト削減のポイントになり得ます。

MBA留学準備ビジネスで高額のお金を取っているのは老舗エージェント

この手数料については老舗の、つまりは古くから留学ビジネスをやっているエージェントほど高く取る傾向にあります。ブランド料ともいえるかもしれません。しかしながら現代は技術革新が起こっている時代です。インターネットを活用したオンライン代理店の出現によりこの費用が大幅にカットできる環境に今はあります。

どの留学エージェントにお願いしてもMBA留学先は変わらない事実

どれだけの手数料が取られたとしても留学先が大幅に変わることはありません。大体どこのエージェントも提携している大学は同じです。

なぜなら、大学側からしたら多くの学生を集めたいので多くのチャネルを持っていた方が集めやすいからです。そのため、大体どこのエージェントも提携している大学に大差はありません。

MBA留学準備にお金をかけたくなかったら安いえージョントを選ぶ

以上から、老舗であろうが新興のオンラインサポートベースのエージェントであろうが紹介できる学校に大差はありません。ならばコスト削減という観点で見れば、オンラインエージェントの方が安くなるのは一目瞭然です。

これは、例えばオンラインベースの保険会社(ライフネット生命)が他の保険会社よりも安い保険料で同じような商品が買えることと同じ事です。インターネットのおかげで人件費はじめコストがかからなかった分、オンラインベースのビジネスを行っている企業の方が従来型のビジネスをやっている企業よりも収益性が高いのです。

オンラインベースのエージェントを選んでMBA留学準備を低コストで行う

以上のように、対面ベースの従来型の留学エージェントよりもオンラインベースの留学エージェントを選べば、費用として10万円近くは削減することが可能です。プロサラが留学した5年前はまだあまり存在していませんでしたが、今ではオンラインベースのエージェントが存在しますので活用してみる価値ありです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オンラインベースの留学エージェントを選ぶことでコスト削減が可能になることを説明しました。理由はテクノロジーにより人件費はじめとした経費がかからない分、利用者に還元可能だからです。オンラインベースの留学エージェントを積極的に活用して留学準備費用を抑えましょう。