中堅MBA完全ハックマニュアル 留学準備編

キャリアアップの一つの手段としてMBA留学したい、と思ったけど何をしたらいいかわからない方、留学の意味から具体的な準備の仕方まで以下の疑問に答える形で記事をまとめております。目次をご覧頂き、気になるところがあればジャンプしてもらってリンク先の記事を読めば理解が深まると思います。

目次

MBA留学のきっかけって?

プロサラの個人的な留学のきっかけについてエッセイ風に書いています。留学するきっかけって人それぞれでしょう。プロサラはインドネシア人と結婚した友人の式でジャカルタに行った時に英語ができなかったこと、当時「グローバル人材」という言葉がキーワードになっていた事でした。個人的な事ではありますが、留学を考えたい人に参考になるかもしれませんので興味ある方は以下のリンクをご覧下さい。

関連記事

どうもプロサラです。 プロサラがMBA留学しようと思ったキッカケを書いてみました。   MBA留学を検討されている方、参考になると思うのでご一読ください。 MBA留学のきっかけとなった出来事 &nbs[…]

 

どんなケースだとMBA留学が効果的?

外資系で働きたい場合

外資系企業でキャリア構築していきたい場合にMBA留学は非常に効果的です。特に海外でのMBA取得となると外資系企業での受けは非常にいいです。実際、外資系企業のマネジメントポジションはほぼMBAホルダーです。

関連記事

どうもプロサラです。 20代で社会人も3年くらいしていると、仕事で成果を出せるようになる一方で、自分のキャリアについて不安を覚える人もいるかと思います。そんな方々への処方箋の一つとしてMBA留学をプロサラはオススメします。 シリーズとし[…]

グローバルに働きたい場合

外資系はもちろん、国内日系企業でキャリアを作りたい場合でもMBA留学は効果的です。外資系より日系企業の方がより「グローバルな」働き方ができます。外資は日本支社ですが、日系はグローバル本社なのでより大きな領域での仕事が可能になります。

関連記事

どうもプロサラです。 20代で社会人も3年くらいしていると、仕事で成果を出せるようになる一方で、自分のキャリアについて不安を覚える人もいるかと思います。そんな方々への処方箋の一つとしてMBA留学をプロサラはオススメします。 シリーズとし[…]

ビジネス上流の職種で働きたい場合

いわゆる営業職や販売職といった現場に近い仕事=ビジネス下流の仕事をしている方にとって、MBA留学はビジネス上流の仕事をするための切符になります。上流の仕事とは事業企画や経営企画、事業開発系の職種になります。地方や現場に近いところで働いている人には以下の記事が参考になります。

関連記事

どうもプロサラです。 20代で社会人も3年くらいしていると、仕事で成果を出せるようになる一方で、自分のキャリアについて不安を覚える人もいるかと思います。そんな方々への処方箋の一つとしてMBA留学をプロサラはオススメします。 シリーズとし[…]

ブラック企業を抜け出したい場合

これはレアなケースかもしれませんがブラック企業で働いている方にもMBA留学はオススメです。プロサラ自身がブラック企業勤務からMBA留学して劇的に人生が変わったのでかなりオススメです。逆にブラック企業で消耗して抜け出したい一心に安易に転職すると再びブラック企業へ、となる可能性が高いです。

関連記事

どうもプロサラです。 20代で社会人も3年くらいしていると、仕事で成果を出せるようになる一方で、自分のキャリアについて不安を覚える人もいるかと思います。そんな方々への処方箋の一つとしてMBA留学をプロサラはオススメします。 シリーズとし[…]

 

低年収で悩んでいる場合

新卒時に大企業に入れなかった、業界の利益水準が低い、などの理由で本来実力はあるんだけれども環境のせいで年収が低い方はMBA留学することをオススメします。なぜなら留学することで一旦リセットすることができ、MBA新卒という形で高年収の企業への転職が可能になるからです。

関連記事

どうもプロサラです。 20代で社会人も3年くらいしていると、仕事で成果を出せるようになる一方で、自分のキャリアについて不安を覚える人もいるかと思います。そんな方々への処方箋の一つとしてMBA留学をプロサラはオススメします。 シリーズでキ[…]

どうなりたいかわからない場合

社会に出て働いているけども、自分が本当にやりたいことが何なのかわからない方にはMBA留学がオススメです。ビジネスに関する知識を多様なクライメイトと学びながら、自分で様々なことを考える時間を与えてくれるのがMBA留学です。自分の将来がぼやけていてよくわからない方にはMBA留学がオススメします。

関連記事

どうもプロサラです。 20代で社会人も3年くらいしていると、仕事で成果を出せるようになる一方で、自分のキャリアについて不安を覚える人もいるかと思います。そんな方々への処方箋の一つとしてMBA留学をプロサラはオススメします。 シリーズとし[…]

 

今働いている会社や業界の先行きに不安がある場合

社会人として働いて3年もすると自分の会社や業界についての知識が深まって来る頃だと思います。見通しがよく、これからも業界の収益性が上がっていくならいいのですが、市場低迷、先行きが不安が予測されるような業界にいる場合にはMBA留学することが効果的です。留学中に将来見通しをじっくり考えることができ、MBA新卒という転職カードが使えるのでかなりオススメできます。

関連記事

どうもプロサラです。 20代で社会人も3年くらいしていると、仕事で成果を出せるようになる一方で、自分のキャリアについて不安を覚える人もいるかと思います。そんな方々への処方箋の一つとしてMBA留学をプロサラはオススメします。キャリアへの不安[…]

そもそもMBAって本当に価値があるものなのか?

迷っている場合は思いきって留学する決断をすることを強くオススメします。もし決意しなければ後々必ず後悔することになるからです。決意してダメだったら諦めてたらいいのです。まずはやってみることが大切です。そんなことを以下では書いています。

 

関連記事

どうもプロサラです。 MBA留学をもし検討されているなら、すぐにでも準備を始めたほうがいいです。なぜ準備を始めたほうがいいのか? 大きく分けて3つあります。 まずは行きたい気持ちがあればモチベーションが続きますので早い方がいい。また、[…]

 

どんな人がMBA留学に向いているの?

ずばり失敗を恐れない、積極性、割り切りができる適当さ、自己管理ができる人が向いています。以下ではプロサラの実体験に基づいて留学に向いている人の特性についてまとめてますのでご覧下さい。

 

関連記事

どうもプロサラです。 MBA留学を検討されている方の中には、留学しても大丈夫だろうか、自分でも何とかなるんだろうか、と不安に思っている人も多くいらっしゃると思います。そこでプロサラ自身がMBA留学を経験から、MBA留学に向いている人と向い[…]

 

留学準備から帰国までの流れはどうなっているの?

留学を考えている人は決意してから帰国までどのくらい期間がかかって、何をしなければならいのか、など全体像を知りたい人も多いのではないでしょうか。そんな方に留学をイメージできるようプロサラの体験から実際の流れについてまとめましたのでご覧下さい。

 

関連記事

どうもプロサラです。 留学のきっかけから留学するまでの間のプロセスについての記事がよく読まれていました。今回は留学してから帰国するまでの流れを時系列に追って説明します。また、自らによって高められたスキルや経験、今の仕事でも活かせていること[…]

 

年収アップできるのか?リターンはどれくらいあるの?

プロサラの事例から実際にかかった費用とMBA卒業後の年収を算出し、留学した場合としなかった場合を比較したのが以下の記事です。十分な投資効果があったことがわかりました。

関連記事

どうもプロサラです。 MBA留学を決意してから、留学準備→留学→帰国→転職→現在、に至りますが、いったいいくらお金を投資して、リターンはどうなのか?プロサラの経験から実際にかかった金額と帰国後のサラリーから費用対効果があったのかどうか検証[…]

 

また、MBA留学中にクラスメイトから学んだMBA投資の意味について以下にまとめてありますのでこちらも参考にしてみて下さい。

 

関連記事

どうもプロサラです。 MBA留学を通してグローバルのクラスメイトと交わって感じたことの一つに「投資をする」があります。株はもちろん、不動産や金をもってる友人も多くいました。彼らはMBAも投資の手段と認識しており、取得後の目的意識もはっきり[…]

MBAと年齢って関係あるのか?何歳くらいに留学しなければいけないのか?

MBAと年齢は極論をいうと関係ありません。個人の目的意識とそれを実現するための手段としてのMBAが合致すれば何歳でも効果的に働きます。そんなことについて以下では記載しています。

関連記事

どうも、プロサラです。 年齢とMBA、色んな議論があると思いますが、私の経験から解説します。 結論から言うと、「自分のキャリア観や仕事の状況によりけり」です。 本記事では、年齢層ごとに考えられるベストなMBA取得方法につい[…]

費用高いしハードルがものすごく高い気がするけどどうなの?

学校によって授業料が大きく変わるのが海外MBAです。したがって授業料が高い=ランクの高いMBA留学をする場合は卒業後、高い年収が保証されている業界・職種に就業する必要があります。逆にいうと費用の高くない中堅MBAの場合は、そこまで高年収でないポジションでも十分投資回収できます。

関連記事

どうもプロサラです。 MBAを海外で取得するには莫大なコストがかかります。金銭面でいくと生活費や授業料です。フルタイムの場合は機会コスト(働いていたら稼げたであろう金額)もあります。また、時間もコストの一つです。英語の勉強、GMATの勉強[…]

留学エージェントって使った方がいいの?

・エージェントの選び方

選び方については以下をご覧ください。個人的にはオンラインベースのエージェントがコスパがよくオススメです。

関連記事

どうもプロサラです。 MBA留学に限らず、留学にかかる費用は授業料や現地での生活費だけではありません。出国までの準備で多大なお金がかかってきます。そこで今回からはシリーズで留学準備におけるコスト削減テクニックについて紹介していきます。初回[…]

・留学エージェントの使い方

コストを抑えて留学したい場合はエージェントは情報収集の場と考えて有料サービスには一切手を出さないようにすることが大切です。エージェントもビジネスですのであの手、この手を使ってサービス提供しようとしますが、基本的には自助努力で準備可能なのが留学です。

関連記事

どうも、プロサラです。 プロサラはイギリスにMBA留学をすると決めた後に、複数社の留学エージェントと接触し、beoという会社のサービスを利用しました。 結論から言うと「お金をエージェントに払ってはいけない」です。 はっきり言って大した[…]

学校はどうやって選んだらいい?

・失敗しない選び方について

留学先の選び方で一番重要なのは何のためにMBA留学するのか、目的をはっきりさせることです。軸があるとそれに見合ったコースが必ず見つかるので、まずは自分の今までのキャリアや将来キャリアを実現させるためになぜMBAが必要なのかを問うことが大切です。

関連記事

どうも、プロサラです。 MBA留学を検討されている方、多くいらっしゃると思います。ですが、授業料や生活費を含めたコストが高い、英語力がない、入学条件を満たしていない、今の年齢が気になる、などの理由から諦めていらっしゃる人も多いのではないで[…]

・クラスの人数と国籍について

実体験から言うと、国籍は多様な方がいいですし、人数は大きすぎず小さすぎず、といったところではないかと思います。この辺りの観点も学校選びの一つの重要なポイントになります。

関連記事

どうもプロサラです。 どこMBAコースに行こうか迷われていらっしゃる方、多いと思います。コース選定の一つの要素となるクラスメイトの国籍の多様性と人数についても悩まれる方もいらっしゃるかもしれません。 コースの国籍と人数は重要!! […]

・クラス選びに悩んだら

プロサラが実際に通っていたBradford university school of managementについての紹介記事です。

関連記事

どうもプロサラです。 今回はプロサラが選んだイギリスはヨークシャー州にあるUniversity of Bradford School of Management(以下、ブラッドフォード大学)が提供するMBAコースについて紹介します。 [b[…]

 

MBA Top校でないと意味ないの?

よく質問されることですが、Top校でないと意味はないのか?という問いにははっきりと「No」ということができます。プロサラの実体験として中堅校へ留学しましたがキャリアアップもできましたし、年収もアップしました。詳細は以下を読んで頂ければわかります。

 

関連記事

どうも、プロサラです。 MBA留学を検討されている方、タイトルのようにどこのMBAに行けばいいのか悩みますよね。MBA上位校となるとGMATとTOEFLの勉強で相当な時間が取られます。 そこまで時間と費用をかけてMBA取る必要あ[…]

中堅校であっても強力なネットワーキングができます。プロサラのクラスメイトのプロファイルとネットワークについて以下で解説しています。

関連記事

どうもプロサラです。 MBAに行くと学生のネットワークができるが中堅MBAでは期待できない。と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?プロサラは中堅MBAでしたが、VC、起業、大企業GM、グローバル大企業Manager、政府関係者[…]

ランク外の下位校であっても留学は価値を生みます。実際、プロサラも現在はランク外のMBAコースへ留学しましたが、年収アップ、海外ネットワーク構築、グローバル企業の戦略部門へのキャリアアップを実現できました。自身の経験を以下に書いていますので参考にどうぞ。

関連記事

どうもプロサラです。   本ブログでは何回も書いてきましたが、トップMBAでなくても十分に投資回収ができるのがプロサラのMBA留学に対するスタンスです。今では副業含め様々な「稼ぎ方」がある中でMBA留学はジョーカーのような存在[…]

 

コスパの良い欧州MBAについて知りたい

Financial TimesのMBAランキングで比較的上位にランクしているヨーロッパのMBAでかつ、学費が高くない大学がいくつかあります。そんなコスパの高い欧州MBAの具体的な学校を知りたい方は以下をご覧下さい。

関連記事

どうもプロサラです。 以前のエントリで再三申し上げている通り、トップMBAに行かなくても十分投資回収できます。今回はプロサラが選んだコスパの高い大学について説明します。もちろん、ただ安いだけでなく、大学の評判やFT (Financial […]

 

オンラインMBAってどうなの?

・海外オンラインMBAについて

もし英語力に自信があって今の仕事を辞めずにMBAを取得したい、という場合は海外オンラインMBAをオススメします。日本にいながらにして海外MBAを安い費用で取得できるからです。詳しくは以下をご覧下さい。

関連記事

どうもプロサラです。 以前に別エントリでパートタイムで参加できる海外の大学が提供するDistance Learning MBA (海外オンラインMBA)を紹介しました(下のリンク記事)。今回はこの海外オンラインMBAについてのメリットにつ[…]

・海外オンラインMBAの最新ランキングとオススメの学校

Financial Timesの海外オンラインMBAの最新ランキングとそこから見たオススメの学校を以下の記事では紹介しています。

関連記事

どうもプロサラです。 オンラインMBAの需要が増えるにつれ、大学側も多様なコースを用意するようになってきました。今後はオンラインMBAを受講する人がますます増えていくことが予想されるため、2019年時点でのFinancial times […]

・国内MBAと海外オンラインMBA

両社の授業料はほぼ同じです。同じ授業料ならば、グローバルな海外オンラインMBAに挑戦した方が将来キャリアの面からみてもいいのではないでしょうか?

関連記事

どうもプロサラです。 今回は国内MBAか海外MBAかに迷っている人に向け、国内MBAに向いている人に焦点を当ててみました。国内MBAに向いている人とその理由を詳しく書いていますので興味のある方はご覧下さい。自分が国内MBAに当てはまるかど[…]

 

・アメリカのオンラインMBA事情はどうなっている?

米国のオンラインMBAが急増している記事を以下で紹介しています。今後もますますオンラインMBAがグローバルで注目されていくことでしょう。

関連記事

どうもプロサラです。 フォーブスオンラインにオンラインMBAの受講者数が増えていることについて記事がありましたので紹介します。オンラインMBAは場所に捉われず、コストも低い事から人気になっているようです。プロサラも以前のエントリで説明して[…]

 

国内MBAと海外MBAってどう違うの?

・国内MBAと海外MBAで迷ったら

授業で勉強することは両者で同じですが、それぞれメリット・デメリットがあります。これを知った上で迷われている方は選ばれて方がいいのではないでしょうか?

関連記事

どうもプロサラです。 国内と海外MBAで何が違うのか、と考えている方いらっしゃるかと思います。プロサラは海外MBAを取得し、国内のMBAコースを提供しているグロービスへも単科受講した経験があるのでそこから得た雰囲気から説明していきます。 […]

・グロービスMBAについて

国内MBAでプロサラがオススメするのはグロービスです。費用300万円で職業給付もつきますのでとってもコスパが高いです。詳しくは以下の記事をご覧下さい。

関連記事

どうもプロサラです。 グロービスがMBAコースの卒業生に関する調査結果を公表しました。そのデータによると年収が大幅アップ、役職アップとプラスの効果が高いようです。国内MBAは雇用保険の専門実践教育訓練給付金の対象にもなるので、非常にコスパ[…]

 

MBA留学に必要な英語力はどれくらい必要?

・留学に必要な英語力について

留学に必要な英語力をプロサラの事例から紹介しています。

関連記事

どうもプロサラです。 MBA留学を決意したのはいいけど、どのくらいの英語力が必要なのか? 留学するための試験はあるのか? など疑問は山積みでした。今回は私費でMBA留学するための英語力について解説します。同時に私費留学を検討される方に[…]

 

・英語スコアの推移について

プロサラ自身が留学を決意してからの英語スコアの推移が以下にまとめられているので参考にしてみて下さい。大卒でTOEICレベル400点であれば1年あれば十分に準備可能です。

関連記事

留学を決意してから実際に留学を実現するまで、時間軸に沿って振り返ってみます。 MBA留学の準備ってどれくらいかかるの? 英語のスコアってどのくらいで上がるの? 気になる方、読んでみて下さい。 2011年5月に本格的に留学を決意して、[…]

関連記事

どうもプロサラです。 だいぶ以前に留学までの流れと英語スコアの推移についてざっと書いたところ、非常に反響が高くて驚きました。そこで今回は番外編ということで2011年5月のことを書きます。留学を目指すためのモチベーションを保つには選択肢をな[…]

 

働きながら効率的に英語学習はどうやってする?

インプット(リーディング・リスニング)とアウトプット(ライティング・スピーキング)の勉強方法についてまとめています。単語力が最重要なのでこれについてはDUO3.0を使った勉強法についても紹介していますので以下をご覧下さい。

関連記事

どうも、プロサラです。 留学を決意し、イギリスMBAに行こう!と決意した次に必要なのが、英語の勉強です。具体的にはIELTSの勉強です。最終的に6.5のスコアを取ることができたのですが、最初に受験したときは4.0。とても留学には程遠いスコ[…]

 

学費はどうやって準備する?

サラリーマンで私費留学の場合、元々資金があれば別ですが自力で貯める場合はある程度の時間と工夫が必要です。私費かつ手元資金がない方向けにお金の貯め方を解説しています。

 

関連記事

どうもプロサラです。 プロサラは私費で留学しました。MBAを検討する際にボトルネックになる一つの要素として「お金」が挙げられます。TOP MBAでなくともフルタイムであれば数百万円の資金が必要になります。どうやって資金って貯めたらいいの?[…]

 

出願手続きは?

出願手続きについてはエージェント任せにせずに自分でやることをオススメします。なぜなら出願する頃には十分な英語力がついてきている頃ですし、出願すらできないようでは留学して現地で生活することが難しいのではないかと思うからです。ただし、エッセイの添削はしてもらった方がいいでしょう。

関連記事

どうもプロサラです。 MBAコースへの出願時に必要となるのがエッセイです。最初に書きますが、プロサラの読者ターゲットは中堅MBA校の受験者層です。卒業後にだいたい年収800~900万円、3年後には1000万円くらいです。 職種は人事やサ[…]

 

渡航前にやっておかなければいけないことは何?

・予習

海外MBAの場合、当然授業は英語になりますので日本にいる間に日本語で大まかな内容いついて理解しておいた方が絶対いいです。以下に詳しく予習の仕方についてまとめています。

関連記事

どうもプロサラです。 MBA留学前にやっていて良かったな、と思う事の一つに基礎科目について予め日本語で勉強しておくことです。細かいところまで勉強する必要はありません。エッセンスだけを掴むような形で触れていたことで、いざMBAコースが始まっ[…]

・ビザ申請

行先により手続きが多少異なりますが、ビザ申請が必要になります。申請も業者任せにせずに自分でやった方がコストを抑えることができます。

関連記事

どうもプロサラです。 留学準備において費用削減できるものの代表としてエージェントに支払うサポート費用について前回説明しました。オンラインベースのエージェントを活用することで削減可能です。今回は、ビザ申請について説明します。これも自分で簡単[…]

 

・海外送金

現地での生活費や授業料の資金の送金についても手数料を少なくする方法があります。以下のリンクに詳細を記載していますのでご覧下さい。

関連記事

どうもプロサラです。 留学準備においてコストを削減できるポイントがいくつかあります。Part1では留学エージェントによる「サポート費用」の削減、part2では「ビザ申請サポート費用」について説明しました。今回は、授業料や現地生活費を海外送[…]

 

現地に着いたらやっておきたいことは何?

留学して現地に着いたらやっておきたいことはとにもかくにも友人作りとネットワーキングです。色んな人とつながっておくと様々な情報を入手することができます。

関連記事

どうもプロサラです。   MBA留学のために、現地に到着し、コースが始まる前もしくはコースが始まった直後にやっておくべきことについて書きます。本ブログはコスパ重視のMBA留学に特化していますのでこの観点で書きます。 &nbs[…]

 

中堅MBA留学完全ハックマニュアルへ戻る

 

留学編、転職編、外資系勤務編は別でまとめていますので以下に戻ってご覧下さい。

カテゴリーに戻る