MBA実践編 プロダクトライフサイクルマネジメントキャリア論

どうもプロサラです。

 

今回はプロダクトライフサイクルマネジメントについてお伝えします。この考え方はマーケティングや事業戦略において使われますが、前回のPPM同様、キャリアプランを考える際にも有効です。

 

プロダクトライフサイクルマネジメント(Product Lifecycle Management PLM)とは

製品が販売されてから販売が終了するまでのプロセスを4つに分けたものです。四つとは導入期、成長期、成熟期、衰退期です。それぞれのフェイズにおける製品戦略を練る必要があります。

 

導入期:新しい製品を導入した直後は認知度が低いため、マーケティング投資をして認知度を上げていく活動が求められます。大きな投資が必要。

成長期:認知度が上がり、成長するフェイズ。成長が見込まれることから新規参入業者が増えて競争が活発化します。

成熟期:需要量は頭打ちとなりますが大きなマーケットとなっているためさらに競争が激化します。

衰退期:新しい技術の導入、新製品が市場に出ることにより需要は減少します。マーケットが減少するため市場から撤退者が続出します。

 

マーケティング活動にはPLMは必須

プロダクトマーケティングやマネジメントを行う上でPLMの考え方は必須です。新製品のローンチ前からローンチにかけて、ローンチ後それぞれのフェイズで具体的なマーケティングの打ち手が変わってきます。

 

コスト面で言えば導入期から成長期にかけて大きな投資が必要になります。プロサラは認知度を高めるために導入前から色々な施策を打っていました。一方で成熟期から衰退期になると、マーケティング投資コストは下がります。

 

一般には成熟期で投資回収して衰退期には撤退、つまりは製品販売終了を考えます。

 

PLMを転職活動でも応用してみる

PLMの考え方はPPM同様、転職プランやキャリアを考える際にも有効です。PLMは製品について特化した考え方ですが、事業や会社に置き換えも可能です。例えば業界研究をする際にはその業界が新しい業界なのか、衰退している業界なのかで変わってきます。

 

一番よい転職先としては成長期が良いでしょう。導入期の場合、まだまだ認知されていないのでどうなるか先行き不透明な場合があります。一方で衰退期ですと未来はないですし、成熟期であったとしても数年後は衰退期に陥るかもしれません。

 

成長期であれば認知度も上がり、まさに今が旬の業界でしょう。このように製品ライフサイクルを業界ライフサイクルに見立てることが可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回はプロダクトライフサイクルマネジメントについて説明しました。導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つに分けられます。また、製品だけでなく業界や企業にもこの考え方を適用することも可能です。転職活動する際にもこのフレームワークで考えることができますのでやってみることをオススメします。

 

キャリア戦略策定については、プロサラがブラック企業時代に考えていたことを、その後のMBA留学・外資系企業勤務時代の経験から体系的にまとめた「戦略的転職プラン」をご覧下さい。

 

https://note.mu/prosalaist/n/n19064afd91af

https://note.mu/prosalaist/n/nac9e05bbb780

https://note.mu/prosalaist/n/n630250dbdbe3

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。