MBA取得で起業ができるという幻想

MBA留学

どうもプロサラです。

 

MBAを取得する事で起業ができる、などと安易な事を書いている留学エージェントやサイトを見かけますがこれは幻想に過ぎません。前回書いたMBA取得すると経営ができるという幻想、とも共通しますが、MBAを取得しても起業できる訳ではありません。

 

MBAはあくまで経営マニュアルを学習する場

前回エントリとも共通しますが、MBAというのは学校で経営学を学びます。アカウンティング、ストラテジー、マーケティング、HR戦略、ファイナンス、などなどビジネスで必要とされる主要科目を学ぶことで経営を体系的に学習するのです。

 

ここでいう学習とは学問としての体系化された知識を学ぶ事であり起業の実践を学ぶ場ではないのです。

 

起業を学ぶなら起業するのが一番早い

それではMBAを学ぶと起業できる訳ではないとしたら、起業を学ぶためにはどうすればいいのでしょうか?それは明確で起業するのが一番早いのです。

 

ビジネスを自分で始めて、企画から営業、マーケティング、全てのビジネスプロセスを1人でやってみることです。そうすることで起業とはなんたるかを学ぶことができるのです。

 

起業した人がMBAを学ぶには価値があるかも

したがって起業したい人がMBAを学ぶのは本末転倒です。起業したいならMBAに行くための資金を自分のビジネスに投資して新しいビジネスを立ち上げた方が早いです。そして起業した中で得られた経験を基にしてMBA留学する方が合理的です。

 

これはだれでもあることかと思いますが、実践する中で自分の経験から仮説がたくさん出てくることでしょう。この仮説を検証するのがMBAでの学びになるのです。

 

MBAコースによっては起業家が集まるコースも

ビジネススクールのコースには起業家に特化したコースを提供している大学もあります。当然このようなコースには起業家が集まる事でしょう。そこで色んなビジネスアイデアを具現化していくことも考えられます。

 

とはいえ、起業したいからMBAに行くというのではなく、例えばビジネスアイデアが10個くらいあってその中の数個は既にビジネスとしてスタートしていて、これらのアイデアを形にするために留学するというのが効果的なMBAになるのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

MBAを取得したら起業ができる、というのは幻想に過ぎません。起業するためにMBAに行くならその資金で起業した方が早いです。プロサラは起業には興味がなく、サラリーマンとしてキャリアアップするためにMBA留学しました。MBA=経営ができるとか、起業できるとかいう甘い幻想には惑わされないようにしましょう。

 

こちらもよまれています。

MBA取得で経営ができるという幻想
MBAを取ったからといって経営ができる訳ではありません。経営学という説明書を理解したにすぎません。経営ができるようになるのは実際に経営に関わる実践を行う中で見につけていくのです。この時、MBAを取得していれば補助的な役割を果たしてくれるのです。
MBA取得で年収が上がるという幻想
MBAを取ったら年収が上がるというのは幻想です。誤解を恐れずに書くと、MBA後の転職先を見据えたキャリアプランをしっかり立てた転職活動をすることのほうがMBAを取ることよりも大切になります。もし年収を上げたいということであればMBA取得してからのキャリアにフォーカスするようにしましょう。
「MBAはエリート」という幻想
MBAはエリートという幻想について書きました。欧米は学歴社会であり、2つの意味でMBAの価値を認めています。1つは大学名です。これによりエリートMBAと非MBAに別れます。次にマネージャーへの登竜門としてのMBAです。ここでは大学名よりもマネジメントに関する専門教育を受けたことが重要になるのです。

コメント