MBA取得で海外ネットワークができるという幻想

MBA留学

どうもプロサラです。

MBA留学すると海外ネットワークができるという謳い文句をMBA留学を斡旋するページでよく見かけますが厳密にいうとこれは幻想にすぎません。例え留学したとしても本人の影響力やバリューがなければネットワークなどできないからです。

 

ネットワークが出来ない人もいる

プロサラが留学していた時の頃です。様々な国籍からクラスが構成されるのですが、シンガポール人の留学生が来ました。

 

彼は授業でよくディスカッションに参加して意見もするのですが、コースの後半になるとあまり発言もなくなりました。クラスメイトからも存在を忘れ去られ、結局彼は周囲となじむことができずに帰国することになりました。

 

なぜネットワークができないか

なぜ彼にネットワークができなかったか?それは彼にバリューがなかったからです。彼がシンガポール人としてのバリューを出すことはありませんでした。

 

また、他人とも積極的に関わろうとしませんでした。そのため、当然ですが皆の輪から外れていき孤立します。結果、留学したにも関わらずネットワークはできずに帰国するハメになったのです。

 

自分のバリューをどうやって出すか

このようなケースもあるため、留学したからといって海外ネットワークができるとは限りません。

 

どうやったらネットワークができるのか?

 

それは自分のバリューを出すことです。

 

ではどうやってバリューを出すのか?

 

それはとても簡単で自国の文化や商習慣をクラスメイトに教えてあげればいいのです。プロサラの場合は日本の商習慣や文化を伝えることでバリューが出ました。そして仲間と関わっていくことです。

 

日本人は意識しないとMBA留学しても無意味になることも

特におとなしい日本人の場合、周囲と積極的に関わっていくことができずに日本人同士で固まるケースもあります。何をするにも日本人で固まる。結果、周囲とネットワークができずに留学先でできた人間関係は日本人だけ、なんてことにもなりかねません。

 

言ってなんぼの欧米文化ですから多少演技するレベルでもいいので自分から関わっていくことが求められます。プロサラは日本にいる時のテンションの3倍くらいで海外のクラスメイトたちと接していました。普段の自分でいると大人しすぎて目立たなく忘れ去られるからです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

単に留学したからといって海外ネットワークができることはありません。卒業後のネットワークを構築するためには二つのポイントがあります。一つは自国の商習慣や文化を紹介できるだけの経験と知識があること。もう一つは自分から積極的にクラスメイトと関わっていくことです。この二つを毎日意識していれば海外ネットワークができるのです。

 

幻想シリーズはこちらも読まれています。

MBA取得でキャリアアップできるという幻想
MBAを取得することでキャリアアップできるというのは幻想です。転職マーケットや産業・景気動向から自分の持っているスキルや経験を掛け合わせた上で転職のための戦略をMBAに行く前に練っておく必要があります。それがなければ単にMBAホルダーになっただけで何の価値も生み出さないことになりかねません。
MBA取得で起業ができるという幻想
MBAを取得したら起業ができる、というのは幻想に過ぎません。起業するためにMBAに行くならその資金で起業した方が早いです。プロサラは起業には興味がなく、サラリーマンとしてキャリアアップするためにMBA留学しました。MBA=経営ができるとか、起業できるとかいう甘い幻想には惑わされないようにしましょう。
MBA取得で経営ができる!という訳ではないので要注意!
MBAを取ったからといって経営ができる訳ではありません。経営学という説明書を理解したにすぎません。経営ができるようになるのは実際に経営に関わる実践を行う中で見につけていくのです。この時、MBAを取得していれば補助的な役割を果たしてくれるのです。
MBA取得で年収が上がるという幻想に囚われないように!
MBAを取ったら年収が上がるというのは幻想です。誤解を恐れずに書くと、MBA後の転職先を見据えたキャリアプランをしっかり立てた転職活動をすることのほうがMBAを取ることよりも大切になります。もし年収を上げたいということであればMBA取得してからのキャリアにフォーカスするようにしましょう。
「MBAはエリート」は幻想であるがMBAホルダーの需要は確実にあります
MBAはエリートという幻想について書きました。欧米は学歴社会であり、2つの意味でMBAの価値を認めています。1つは大学名です。これによりエリートMBAと非MBAに別れます。次にマネージャーへの登竜門としてのMBAです。ここでは大学名よりもマネジメントに関する専門教育を受けたことが重要になるのです。

 

コメント