将来的に楽するためのキャリア戦略

どうもプロサラです。

20代で社会人も3年くらいしていると、仕事で成果を出せるようになる一方で、自分のキャリアについて不安を覚える人もいるかと思います。そんな方々への処方箋の一つとしてMBA留学をプロサラはオススメします。

シリーズとしてキャリアへの不安や悩みを抱えている方へ向けて、解決策としてのMBA、というテーマで書きます。今回は将来的に楽したい、という方に対してMBAが効果的であることについて書きます。

今の会社の上司や上を見て「ああはなりたくない」と思ったら

もし、今働いている10年もしくはそれ以上年上の上司や先輩を見て「あんな上にはなりたくない」と思ったら転職を考えるべきでしょう。具体的には、いくら年次が上がっても今の苦しい環境は変わらなく、むしろ上の方がストレスを抱えて働いている、しんどうそうだ、というような場合です。

自分の人生の大半をストレスフルな会社人生に捧げてしまうことになります。ちゃんとキャリア戦略を考えて行動すればそのような人生から開放されるのです。

MBA留学は全てをリセットさせてくれる

その一つの方法として効果的なのはMBA留学です。20代後半でMBA留学すると全てがリセットされます。そして留学中にしっかりとキャリア戦略を練って転職することで、留学前のストレスフルな状況から開放されるのです。

そして、転職先でじっくり働く事でまったく別の人生が開けるのです。これはまさにプロサラがそうでした。ブラック企業から留学し、留学後は外資系企業でスキルを身に付け、今は日系企業で働いています。ポジションや待遇よく、さらにストレスのない環境で働く事ができています。

転職もよいがその前に留学した方が可能性が高い

例えば転職して環境を変える、という手もあるでしょう。しかしながら転職の場合はそれまでの自分のスキルや経験で判断されるため、全く異なる業界や職種へ転職することはまず不可能です。一方で20代後半のうちにMBA留学すれば業界も職種も変える転職が可能になります。

すなわち、今いる自分の環境から楽することのできる環境で働くことが可能になるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は今の会社で働き続けた場合に将来が見通すことができない方にはMBA留学をオススメします。転職も一つの手段ですが、今の会社の経験やスキル、業界に近いところでの転職になってしまうため、失敗してしまう可能性があります。MBA留学ならば容易にキャリアチェンジできるので、将来的に楽したい、と思う方がいればオススメします。

キャリアに悩んでいらっしゃる方、こちらより連絡頂ければご相談に乗ります。

関連記事

キャリア・MBAよろず相談所はじめました。 TwitterのDM宛にMBA留学やキャリアに関する相談を受けるようになりましたので相談所をオープンしました。以下に当てはまる方は問い合わせフォーム、またはTwitterのDM(@ProSala[…]