MBA留学するための資金準備に悩んだら?いろんな方法があるので解説します

どうもプロサラです。

相談シリーズも14回目になりました。これまで色々と質問頂いている中で、プロサラのノウハウが活かされそうなものをピックアップして書いています。今回はお金の準備の仕方についての相談を受けましたので回答いたします。

相談者

25歳男性。某大手工作機械メーカー勤務。年収450万円。

相談内容

ブログ読ませてもらっています。現状を打破したい気持ちと学生時代に留学をしたかったけどできなかった事から海外留学を考えています。中でもキャリアアップに活かせそうなMBA留学を目指したいと思うようになりました。ですが調べてみてわかったのですが留学するためにはまとまった資金が必要です。貯金はそこそこありますが、まだまだ留学できるだけの資金はありません。

回答内容

プロサラも留学資金を準備するのに四苦八苦しました。これを解決するためには二つの方法があります。一つ目がコスパの良いMBAコースを選択することです。もう一つは生活コスト削減を行って毎月の貯金を増やす、です。

前者についてまず説明します。授業料が低いMBAコースを選ぶことと、生活費が低い地方の大学を選ぶことをオススメします。授業料が低いMBAコースになると中堅校もしくは下位校になりますが目的がキャリアアップということであれば問題ありません。

また、都市部ですと物価が高いので地方に行きましょう。これを満たすコースであればかなりコストを抑えることができます。続いて後者について説明します。資金を準備するためには貯金を増やす必要があります。

収入をいきなり上げようと思っても難しいので、コスト削減が手っ取り早く貯金を増やす方法になります。具体的にはまずは家賃や光熱費、通信費などの固定費を見直しましょう。特に家賃は生活費のウェイトを多く占めるので、安い物件を探して住みましょう。

もし家賃を2万円下げることができたら1年で24万円貯めることができます。あるいは、携帯を格安スマホにして端末は中古でsimフリー端末を買うなどしましょう。

その他、何に支出しているのか書き出して必要のないもの、安く代替できそうなものを見つけて必要ないものは買わない、代替できるものは代替しましょう。

ポイント

今回は資金準備についての相談を受けました。ポイントは2点です。そもそも留学資金が少なくて済むコース、学校を選択することが1つです。

もう1つは日々の生活を見直してコスト削減を行うことです。この2つに力を入れることで例えば毎月15万円貯金することができれば少なくとも3年あれば準備可能です(もちろんMBAコースによるのですが)。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

キャリアアップのためのMBA留学を目指したい、だけどお金が・・・。という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。今回回答した内容を実行することで少なくとも3年あれば資金的な準備ができるはずです。

ある程度の貯金がある人であれば1年や2年で貯めることも可能でしょう。もちろん個人差はあるのですが。もし資金面で相談したい方がいらっしゃればツイッターまでDM下さい。

また、お金の準備の仕方については下記の記事も参考になるのでご覧下さい。

(参考)MBA資金準備の仕方

関連記事

どうもプロサラです。 プロサラは私費で留学しました。MBAを検討する際にボトルネックになる一つの要素として「お金」が挙げられます。TOP MBAでなくともフルタイムであれば数百万円の資金が必要になります。どうやって資金って貯めたらいいの?[…]