MBA実務編 PPM的キャリアの考え方

MBA留学

どうもプロサラです。

 

PPMをご存知でしょうか?

 

Product Portfolio Managementの略でプロダクトポートフォリオマネジメントと読みます。この考え方はビジネスでもそうですが、キャリアプランを構築する際にも応用できます。

 

PPMとは

PPMとは複数の事業を行っている企業がそれぞれの事業にどのようにリソース配分するかを検討するためのフレームワークです。縦軸に市場成長率、横軸にマーケットシェアをおいて、四つの象限に分けます。

 

金のなる木 (Cash Cow)=低成長率×大マーケットシェア

市場は成熟しつつあるものの大きなシェアを占めているため稼ぎ頭の事業または製品になります。利益の源泉です。

 

花形事業(商品)(Star)=高成長率×大マーケットシェア

市場成長が見込めて大きなシェアを取れています。今後も市場が伸びることからさらなる投資を行っていく必要のある領域です。将来的に金のなる木に育てて利益回収していく必要があります。

 

問題児(Question mark)=高成長率×小マーケットシェア

成長率は高いけどシェアが少ない領域です。積極的に投資を行ってシェアを大きくして金のなる木にする必要があります。将来的にも有望な領域です。

 

負け犬(Dogs)=低成長率×小マーケットシェア

成長率が低く、シェアも小さい領域です。もしこの領域の事業や製品を持っているならば、撤退も含めた検討をする必要があります。

 

マーケティング戦略を考える際にも有用

プロサラはマーケティング職としてプロダクト群のマーケティングプランを考える際にPPMのフレームワークを使っていました。

 

基本的には金のなる木には守りの戦略を、花形製品には攻めの戦略を、問題児は今は手をつけずに様子をっ見る、負け犬は製品のディスコンにする、このような考え方でやっていました。このようにPPMの考え方はビジネスの実務面で大いに役立ちます。

 

また、ビジネス面のみならず、例えば個人のキャリアを考える際にもPPMは有効です。

 

PPMの考え方を転職で応用する

転職活動を行う時にこの考え方を企業や業界研究に応用できます。花形の高成長率で高マーケットシェアを持っている企業であれば今後も安定的な成長が見込めるでしょう。ライフサイエンスやヘルスケア、デジタル業界が当てはまります。

 

逆に時代遅れで既に成長が止まっている領域、例えば出版社などは負け犬に当たります。このような領域に転職すると今はよかったとしても将来的にはブラック化する可能性があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回はPPMについての基本的な考え方について説明しました。また、プロサラの実際の経験やビジネス以外でも例えばキャリアプランを考える際にも有効です。PPMの考え方は色んな場面で役立ちますので頭に入れておくようにしましょう。

 

キャリア戦略策定については、プロサラがブラック企業時代に考えていたことを、その後のMBA留学・外資系企業勤務時代の経験から体系的にまとめた「戦略的転職プラン」をご覧下さい。

 

【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 前編|プロサラ|note
「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。 当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら...
【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 中編|プロサラ|note
「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。 当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら行動し...
【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 後編|プロサラ|note
「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。 当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら行動していま...

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

コメント