MBA留学準備に必要な時間はどれくらいかかるの?それは英語力次第です

どうもプロサラです。

今回はMBA留学を考えている方から準備にかかる時間について質問を受けました。その方がどこの大学へ行きたいか、その方のスペック、英語力で準備に要する時間は変わってきます。

相談者について

27歳女性。金融機関勤務の営業職。

相談内容

キャリアアップを目指し、MBA留学を考えています。今、27歳ですが、30歳くらいまでにはMBA取得したいと考えています。英語は大学卒業して依頼使う事はありません。

当時はTOEICレベルで600点ほどありましたが、今は500点にも満たないかと思われます。マネジメント系含むビジネス上流での仕事に就けるなら有名MBAでなくてもいいのではと考えています。今の自分の条件で留学を実現させるためにはどのくらいの期間が必要でしょうか?

回答内容

この方は英語力がそこそこあります。また、キャリアプランがあまり明確ではないですが、ビジネス上流へのキャリアチェンジを目指していることが伺えます。以上から準備するための期間について考えてみます。

まず、英語の勉強を毎日2時間、土日で合計8時間行ったとして半年から1年程度で留学に必要な英語力は確保できるでしょう。また、同時並行で学校選択や出願準備をしていけば1年あれば大丈夫でしょう。

1年後は28歳、29歳にかけて留学すると30歳までにはMBA取得が可能です。この年齢であれば直近の金融機関での営業経験と合わせるとやりようによっては十分にビジネス上流での職に就くことが可能です。

ポイント

MBA留学するにあたって重要になるのは英語力です。TOP MBAの場合はGMATスコアの確保や出願エッセイの準備にお金と時間がかかりますが中堅MBAの場合は必要ありません。

既に中級クラスの英語力を持っているのであれば、集中的に英語を学ぶ事で早くて半年で留学に必要な最低英語スコアを確保できるのではないでしょうか。プロサラは英語初心者で留学準備期間は1年でした。中級者であれば1年あれば余裕で準備できるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は留学準備期間に関する相談でした。TOP MBAを選択しない場合は英語力の準備が留学準備にかかる時間と思っていいでしょう。TOEIC 400点レベルなら1年、600点レベルであれば半年、800点レベルであれば3ヶ月くらいあれば準備できるでしょう。

プロサラ自身の留学準備に関する経験については以下にまとめていますので参考にしてみて下さい。

(参考)留学準備と英語スコア推移

関連記事

留学を決意してから実際に留学を実現するまで、時間軸に沿って振り返ってみます。 MBA留学の準備ってどれくらいかかるの? 英語のスコアってどのくらいで上がるの? 気になる方、読んでみて下さい。 2011年5月に本格的に留学を決意して、[…]