国内か海外MBAかで悩んだらどうしたらいい?そんな疑問に答えます

MBA留学

どうもプロサラです。

 

お悩み相談4回目は国内MBAか海外MBAで悩んでいる方について紹介します。結論から言えば、キャリアゴールによりけりです。何も目的にMBAを取得するかによって国内か海外かが決まってきます。

 

前提条件

27歳男性。某国内大手銀行にて融資営業担当。年収600万円。英語力なし。

 

相談内容

現在、国内の某支店で中小企業向けの融資営業をしています。融資提案を行う際にはお客様の財務諸表を読むことはもちろん経営についても知る必要があります。今のままだと特定の業種や会社規模の財務状況しか見られないので、もっと幅広く経営一般について学びたいと思うようになりました。

 

そこでMBAを学ぶ事で経営全般について知見を広めることで今の業務にさらに活かせるのではないかと思います。そこでMBAを学ぶ際には国内のコースを受けた方がいいのか海外MBAに行った方がいいのでしょうか?

 

回答内容

もし今の仕事内容を変えることをせずにキャリアを作っていきたいと考えているならば、国内のパートタイムMBAで十分かと思います。経営全般の知識について学びたいなら国内であるならばグロービスがよいのではないでしょうか?

 

国内MBAであれば同業界や近い業界の方もいるかもしれません。仕事以外にも刺激を色々と受けられる可能性があります。もし、今までの融資の経験を活かして、グローバル展開しているベンチャー企業のファイナンス職に就きたい、というようなキャリアプランがあるならば海外MBAをオススメします。

 

ただし、英語力がないということなので、準備には最低でも1年以上はかかるとみておいた方がよいでしょう。

 

ポイント

今回の相談者の質問内容からMBAを学ぶ事で今の仕事に活かしていきたい、という趣旨に読み取れました。そうであるならば、パートタイムで国内MBAコースに2~3年かけて通われることをオススメします。

 

今のキャリアを続けながらかつ経済合理的にMBAを取得することができます。ちなみに国内MBAについては雇用保険の教育訓練給付金が適用されますので最大で112万円が給付されます。とってもお得にMBA取得ができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は国内金融機関の営業職の方からの質問でした。国内MBAと海外MBAの選び方ですが、自分のキャリアプランからどちらがいいのかを選択しましょう。

 

今回の場合は国内営業でキャリアを作っていきたいということだったので国内MBAを取得するのが一番合理的です。さらには給付金制度もありますので経済的なダメージをくらうことなくMBA取得が可能です。キャリアプランの作り方については以前に戦略的転職プランシリーズで書いていますのでこちらを参考にしてみて下さい。

 

(参考)戦略的転職プランシリーズ

【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 前編|プロサラ|note
「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。 当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら...
【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 中編|プロサラ|note
「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。 当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら行動し...
【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 後編|プロサラ|note
「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。 当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら行動していま...

 

MBA留学やキャリア構築に関する質問がありましたらツイッターまでDM下さい。

コメント