外注を積極的に活用する!業務効率化し時間に自由になる方法

  • 2019年11月14日
  • 雑記
  • 8view

どうもプロサラです。

 

以前の記事でも伝えましたが、子供が産まれるとどうしても自分の時間が減ってしまいます。そうすると時間をどうやったら作る事ができるのかを考えるようになりました。今回は外注について書きたいと思います。

 

時短のためにまずは家電に投資

外注の前に、繰り返しになりますが、まずは家電に投資することをオススメします。時間を作りたいのであれば、自動食洗機やルンバ、乾燥機付全自動洗濯機などに投資することです。

 

これだけで家事負担が減って時間を作り出すことができます。自動食洗機で毎日15分の時間が作れます。また、ルンバで10分、乾燥機付全自動洗濯機で20分くらいの時間で合計45分間は時間を作れるようになりました。

(参考)

https://arakkie.com/np-ta1/

https://arakkie.com/roomba960/

 

他にも時間を作る方法はある

その他にも時間を作る方法はあります。例えば髭剃りの時間です。髭を脱毛することで髭剃りにかかる時間を短縮することができます。髭剃るのに毎日5分から10分くらい時間がかかります。また、髭剃りのための日用品を購入する手間もありますし、メンテナンスする手間もあります。

 

これらの手間が脱毛することで一気に解消します。また、必ず使う日用品はアマゾン定期便で定期的に届けてもらうように仕組み化することで時間を作れます。

 

トイレットペーパー、キッチンベーパー、トイレ・キッチン・浴槽・洗濯の洗剤、シャンプー、ゴミ袋、ラップ、スポンジ、ティッシュペーパー、歯ブラシ、歯磨きジェル、などでしょうか。これらをアマゾン定期便で購入することで購入の手間が省けます。

 

外注でさらに時短

さらに、外注を活用することで時間を作ることができます。今は子育てと、それによる家事負担が大きいので、ベビーシッターを家事代行を頼むようにしています。

 

これによって自分の時間を作ることが可能です。他にも事務作業や雑務などは外注してやってもらって自分の時間を作り、その間に他の生産的なことをやった方が効率が良いかなと感じています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

仕事や子育てでプライベートの、自分の時間がなくなるのが30代ではないでしょうか?自分の時間を作るためには外注も一つの選択肢です。こういう工夫をして自分の時間を作り出しましょう。