ポストMBA転職・M&A実務編part2 M&Aのプロセスについて

MBA留学

どうもプロサラです。

 

ポストMBA転職において、(投資銀行、FAではなく)、事業会社でのM&Aを考えている人に向けてM&Aの実務にしているのが本シリーズです。

 

前回はM&Aの概要について見ました。今回はM&Aのプロセスについて説明したいと思います。前回説目しましたとおり、M&Aの失敗要因として戦略立案、ディール時、PMIが挙げられました。プロセスにおいては特に戦略立案およびPMIが重要になってきます。

 

スポンサーリンク

プロセスの全体像

まずはM&Aプロセスの全体について見ていきます。大きく三つのプロセスに分けられます。すなわち、

1.戦略立案

2.ディール実行

3.PMIのプロセス

 

です。

 

1と2をブレイクダウンすると戦略立案→対象会社選定→基本合意→DD(デューデリジェンス)→最終合意、になります。

 

さらにタスクに分解すると以下のようになります。

 

戦略立案フェイズでは事業戦略の立案、協業形態の検討、実行計画の立案になります。対象会社の選定においては、対象企業のリスト化、情報収集、シナジー分析、交渉アプローチ策定、対象会社へのアプローチとなります。

 

基本合意は、秘密保持契約、初期的な企業価値算出、基本合意書の提出、初期ストラクチャー検討、です。

 

デューデリジェンスフェイズでは、ビジネスDD, 財務DD, 法務DD, 人事組織DD, 知財DD、事業計画の策定になります。

 

最後の合意では、企業価値の再計算、交渉、クロージングになります。

 

これが終わるとPMIに移りますが、PMIはM&Aディールが終わってからではなく、M&A戦略立案段階かれ出口を考えておくことが肝要です。

 

事業統合については、統合シナリオの検討→統合シナリオ分析→買収後のイメージ統合、統合計画作成のための情報収集→統合計画作成→統合計画の実施、という流れになります。

 

スポンサーリンク

M&Aプロジェクトの体制

どれでは体制についてはどうでしょうか?

 

大きく二つに分かれます。社内検討チームと社外の専門家チームです。社内の中心部署は事業部門と企画部門になります。

 

事業部門は対象会社との交渉や事業性分析やPMIの検討を行います。企画部門は関係各部署への指示と取りまとめや稟議、審査、社内報告を行います。

 

協力部署は多岐にわたります。法務、財務、人事、IT、IR部門と協力していく必要があります。一方で社外専門家チームは、ファイナンシャルアドバイザーが全体をコーディネイトします。また、法務アドバイザー(弁護士辞書)、会計・税務アドバイザー、各種専門コンサルタントが外部専門家として動きます。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

M&Aイントロダクションとしてプロセスについて説明しました。全体的なプロセスにおいては戦略立案とPMIフェイズが重要です。さらにPMIはディールが終わってから始めるのではなく、戦略立案段階から統合後の事を考えて進めなければなりません。また、社内・社外と多様な人たちがプロジェクトチームにアサインされるのでこれらをどうやってマネージしながら交渉を進めていくのかが重要な点になります。

 

(参考)M&A概要

ポストMBA転職・M&A実務編Part1 M&Aの現状
欧米企業はM&Aを戦略的に行いますし、現地マネジメントも非常にうまい。もともと欧米各国は植民地支配に成功してきた国です。現地のマネジメントがうまいのも長年にわたるノウハウが蓄積されている事も一つの要因として考えられるかもしれません。

 

コメント