とりあえずやってみる事の大切さ

雑記

どうもプロサラです。

 

これまで様々なことにチャレンジしてきました。もちろん失敗した事も何度もありました。ですが、まずはやってみた事でやらなかった時よりも確実に世界が開けて見えています。リスクを恐れて何もしないのか、とにかく挑戦してやってみるのかで人生変わってきます。

 

 

とりあえずやってみて良かった経験

プロサラのこれまでで一番大きかった経験はMBA留学でした。なぜ留学しようかと思ったかというと、キャリアアップ、学生時代に留学できなかった事の後悔、そして何よりブラック企業から抜け出したかった事、の3点です。詳しくは別記事をご覧下さい。

 

(参考)MBA留学のきっかけ

MBA留学しようと思ったキッカケ
MBA留学を少しでもやってみたいと思った方、絶対した方がいいです!!でも、お金が・・・とか、いや、英語が・・・とか、MBAってTOPスクールじゃないと意味ないでしょ・・・とか、色々あると思いますが大丈夫です。なんとかなります。

 

綿密にリサーチをして、Go/No goの判断を決定した訳ではありません。「やってみたら何とかなるんじゃないか」、という思いからやってみようと言う事になりました。簡単に調べたりはしますが、最終的には直感で決めました。

 

今になって思う事はやって良かったな、です。もし何もせずにいたら、後悔は残りますし、人生に変化もなかったように思います。

 

やってみた事で、英語でのコミュニケーションはもちろん、海外の友人・ネットワークができた、よりビジネスの上流のポジションに就けた、外資系企業で働けた、海外出張に何回も行けた、戦略的思考のスキルがアップした、などなど数え切れません。

 

何かやってみたいと思ったらやってみる事

それからというものの、何か興味があってやってみようと思った事はあれこれ考えずにやってみる事にしました。

 

このブログもそうです。今まで文章でアウトプットする事に慣れていませんでしたが、やってみると楽しく今のところ毎日更新できています。記事数も100記事を超えました。毎日継続する事で少なからず読んだ人からのフィードパックも頂けるようになりました。

 

やってみてダメだったら止めればいい

とりあえずやってみて自分に合わなかったら辞めればいいのです。例えば、プロサラは美術館に行く事が趣味です。

 

最近はあまり行けてないですが20代の頃はよく休日に行っていました。アートが好きなのでアートに関わる事をやってみたい、と言う事で2年前にTARL (Tokyo Art Research Lab)が主催する「思考と技術と対話の学校」に参加しました。

 

TARL

Tokyo Art Research Lab
Tokyo Art Research Lab(TARL)は、アートプロジェクトを実践する全ての人々に開かれ、共につくりあげる学びのプログラムです。人材の育成、現場の課題に応じたスキルの開発、資料の提供やアーカイブなどを通じ、社会におけるアートプロジェクトの可能性を広げることを目指しています。

思考と技術と対話の学校

思考と技術と対話の学校│Tokyo Art Research Lab
アートプロジェクトを動かす力を「身体化」するスクールプログラム。社会的な課題を「思考」し、アートプロジェクトの現場をつくるための「技術」を磨き、問題意識を共有するメンバーと「対話」しながら進めます。これからアートプロジェクトに関わりたい方、現場で活躍しながら次のステップに進みたい方に向けた実践的な講座を提供しています。

 

この学校はアートプロジェクトの担い手を養成するための学校です。アートプロジェクトとは美術館の外でアートを媒介に地域を活性化させようとする取り組みです。横浜トリエンナーレなどがアートプロジェクトです。

 

アートプロジェクトとは

美術館・アート情報 artscape
現代美術用語辞典ver.2.0は、artscapeサイト創設15周年を記念して制作されました。1,581語を収録。2012年9月18日、完全版リリース。

 

横浜トリエンナーレ

横浜トリエンナーレ
3年に1度、横浜で開催される日本を代表する現代アートの国際展。2001年に開始して以来、みなとみらい地区をはじめとする横浜の都心臨海部の施設や屋外広場を会場に、2005年、2008年、2011年とこれまでに4回開催してきました。

 

自分もアートに携わることをしたい!と思ったので参加したのですが、自分が忙しい時期にあったのと、プロサラ自身はアートプロジェクトのような活動ではなく、自身が表現する事の方に興味がある事に気づきました。

 

3部に分けられて構成されていた学校ですが、1部のみ参加してその後は参加しませんでした。ですが、楽しかったので別シリーズでアートプロジェクトについて書いてみようと思います。

 

とりあえずやってみる事で新たな気づきが得られる

とりあえずやってみると、何かしらの気づきが得られます。先のアートプロジェクトに関する学校では、自分がプロジェクト推進を行うよりも自身が何かしら表現する事の方に興味がある事に気づきました。

 

そして現在はブログで自分自身の今までの経験と反省を表現しています。これが楽しくて毎日継続して続けられています。ブログ運営でよく言われているのが、100記事まで挫折しない事、とか3ヶ月まずは続けてみる、とかです。

 

ですが、楽しいので次々にネタは沸いてきます。自分は何かを運営するよりも表現する事に楽しみを覚えるのだな、と気づけた事が今のブログ執筆にもつながっているのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

とりあえずやってみる事は大事です。やってみる事で新しい世界が開けます。やってみて失敗したら止めればいいだけです。失敗したとしても何かしらの気づきを得ることができます。次に何かを始めるための糧になりますのでとにかくやってみよう!の精神でいる事が大切です。

コメント