転職に失敗したら??

転職

どうも、プロサラです。

 

これまで4回転職し、5社で働いてますが4回の転職のうち成功した転職と失敗した転職があります。今回は失敗した転職と失敗した時の対処法を書きます。

 

プロサラの経験からは失敗と思ったら「すぐに転職しろ」です。なぜすぐ転職しろ、なのかプロサラの事例を交えて紹介いたします。

 

結論から言うと以下の2つになります。

  1. このまま続けても将来イメージが持てず毎日がつらくなる
  2. スキルがあまりにもかけはなれていて、今まで培われてきたスキルが死んでしまう

 

二回目の転職

 

プロサラは二回目の転職で外資系メーカーから外資系Eコマース企業へ転職しています。

 

面接自体のハードルは高く、独自の面接システムを採用している会社でした。ポジションはプライベートブランドのプロダクトマネジメント職でした。

 

PB製品周りに責任を持つポジションでしたので、前職でのプロダクトマネジメント経験が役立つものと思って入社しました。

 

求められるスキルが違う!

 

ところがEコマース企業とこれまでやってきたビジネスはビジネスモデルが全くことなり、求められるスキルが異なります。

 

例えば前職の場合は、製品評価や顧客ニーズは実際に機器が使用される現場に行ってエンドユーザーからヒアリングを行います。

 

ところがEコマースの場合、これらは全てネット上で完結します。ユーザーの評価はレビューに記載されています。

 

新しい製品ニーズもネット上の口コミやレビューに記載されています。前職の場合は直接顧客と接するため対人スキルや顧客との信頼関係構築スキルなどが求められます。

 

またヒアリング力、インタビュー力なども求められます。一方でEコマースの場合はデータを効率的に集めるスキル、PCやソフトウェアのスキルが求められます。SQL言語の知識も求められます。

 

顧客フィードバックを集める、ということをするにも異なるスキルが求められるのです。これは苦痛でした。全く新しい事を一から勉強しなければならなかったので、これまでプロサラが培ってきたスキルが活きないのです。

 

このまま苦痛な事は続けたくない、と思いました。入社して1ヶ月もたたないうちにモチベーションは下がり、将来イメージももてずに過ごすようになりました。

 

転職を決意

 

周囲に相談しても転職したら3年は我慢しよう、とか慣れるまで時間がかかるのでとりあえずはつらくても様子を見よう、などと言われます。

 

ネットで調べても上記のような記事が多いです。プロサラの場合、入社して3ヶ月目で退職しようと決意しました。我慢しても意味ないと判断したからです。

 

今までの蓄積(=スキル・経験)が活かせないなら早期に辞めるべきだと思ったのです。そこからは早くてすぐに転職活動を開始しました。3回目の転職活動です。エージェント数社に相談し、前職の業界に戻りたい旨を伝えて、複数社を受けました。

 

この時は前職のようにプロダクトマネージャーではなく、よりグローバルに近い仕事、上流に近い仕事をしたかったこともあり、グローバルマーケティングのポジションで新しい会社へ転職しました。

 

Eコマースの会社は入ってから6ヶ月で退職しました。そして次の会社ではその前の経験が活かせたのですぐに馴染みました。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

失敗したと思ったらすぐに転職すべきです。これがプロサラの回答です。ただし、冷静に考えることは必要です。

 

プロサラはこれまでのスキルが活かせないこと、毎日がつらいので我慢することも嫌でしたのですぐに辞める決断をしました。今思えば間違っていなかったと思います。

 

当たり前ですが、新しい事にチャレンジすると失敗することもあります。ただ、失敗したらすぐに切り替えて行動すると傷は最小で済みます。

 

また、実体験として記憶に残るので次に同じ失敗はしません。失敗することで色々な学びにもなりました。失敗したら切り替える、の思考でいきましょう。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

転職関連についてはこちらも読まれていますので合わせてどうぞ。

転職マーケットにマッチした人材になるための工夫
転職エージェントが発表するレポートなどを定期的にチェックすること、新聞などからトレンドを把握すること、転職エージェントの担当者と会って情報収集すること、の3点が重要です。プロサラはそれを20代の後半から意識することによって、今では希少人材になることができました。
レア人材になる方法
希少人材になることで自分の人材市場での評価が高まります。誰でもなれるような人材であれば企業から安く買い叩かれるだけです。替えがすぐに見つかるので市場評価も低いです。企業が欲しがる、希少人材になりましょう。食いっぱぐれることがなくなります。
転職のススメ
転職すれば別に会社が危なくなろうがどうなろうが生きていくことができます。会社に浸かっていると、会社の中の視点になり、外が見えなくなってしまいます。手遅れにならないうちに、転職するまでとはいかないものの、一度転職活動をされてみることをおススメします。会社の中での視点ではなく、客観的な自分の評価がわかりますよ。
転職面接活用法
プロサラは転職での面接を情報収集の場として活用していました。企業の生の情報をその企業で実際に働いている人から聞ける貴重な機会です。この貴重な機会を活かして色々な企業の面接を受けてみることをオススメします。面接の練習にもなりますので一石二鳥です。
良い転職エージェント・悪い転職エージェント
転職エージェントも人です。どこに所属しようが結果を出している人は信頼できる何かをもっています。会社や組織で判断するのではなく、人で判断するようにしましょう。外資系のエージェントでも信頼できる人はたくさんいます。外資系だから、とか大手でないから、とかで判断すると間違ってしまう可能性がありますのでご注意を。

コメント