MBA転職 LinkdInの活用法について

MBA留学

 

どうもプロサラです。

 

転職活動をされている皆さん、LinkedInは利用されていますでしょうか?

 

本記事ではLinkedInについて記載します。また、プロサラのLinledIn活用術について解説します。

 

LinkdInとは

 

LinkedInは世界最大級のビジネスに特化したSNSです。

 

LinkedIn: Log In or Sign Up
500 million+ members | Manage your professional identity. Build and engage with your professional network. Access knowledge, insights and opportunities.

 

全世界のビジネスマンと繋がることができます。

 

2016年にマイクロソフトが買収しています。世界では5億人以上が登録しています。

 

日本では200万人以上が使用しているようです。ちなみにMBA時代の友人は皆登録してました。

 

ビジネス専用のプロフィールを作成してプロフィールをLinkedInにアップロードします。

 

採用側の企業が採用したい人材スペックを検索するとマッチしたプロフィールが出てきます。

 

検索から出てきた人材に採用企業は直接アプローチすることができるのです。

 

求職側の人も自分のプロフィール内容(スキル・経験)からこれにマッチする求人を検索することができます。

 

日本では特に外資系企業や日系でもスタートップ企業が積極的に活用しています。

 

プロサラのLinkedIn活用法

 

そんなLinkedInを活用しない訳にはいきません。プロサラは以下のようにLinledInを活用しています。

 

外資系企業のHR担当者やエージェントと繋がるため

 

先ほど述べたように、LinkedInには外資系企業や外資系転職エージェントが多数登録しています。

 

プロフィールを詳細まで登録しておくと、外資系企業のHR担当者から直接ハンティングのメールが来ることがあります。

 

また、外資系転職エージェントの担当者からつながりリクエストが来たり案件(求人情報)の案内が来たりします。

 

繋がっておいて損はないのでプロサラは積極的に繋がるようにしています。

 

スタートアップ企業やアーリーステージの外資系企業からの誘いを待つ

 

スタートアップ企業や日本に事務所を開設して間もない外資系企業から直接コンタクトがある場合があります。

 

プロサラの場合はメルカリの担当者から連絡があり、オフィスまで行って話しを伺ったことがあります。

 

https://www.mercari.com/jp/

 

彼らのアメリカでのビジネス展開や今後の事業計画などについて話しを機会を得ました。

 

また、モバイルバッテリーやライトニングケーブルをAmazonを通じて販売し、大きな収益を上げているAnker Japanからも連絡があり、オフィスへ行って代表の話しを直接聴く機会がありました。

 

Anker(アンカー)公式オンラインストア
モバイルバッテリー・充電器・スピーカー・イヤホン・ケーブルならAnker(アンカー)公式オンラインストア。iPhone・AndroidやiPad・Macbook等のスマホ・タブレット・パソコンにおすすめの製品を取り揃えています。USB PDや急速充電情報も満載。

 

雑誌や記事からではなく、直接自分の耳で彼らの事業計画やビジネスについて聴く機会ができました。

 

LinkedInのおかげです。

 

海外の友人や海外ネットワークの構築

 

最後に、個人的なネットワークの形成です。

 

LinkedInは日本でというよりも海外で使っている人の方が多いです。

 

すなわち世界中の人と繋がることが可能です。

 

プロサラの場合は留学時代の友人やそこで出会った知り合いと繋がっています。

 

また、卒業したイギリスの大学の卒業生とも繋がっています。

 

また、これまでビジネスで一緒になった米国本社の同僚やアジア地域のリージョン担当者などとも繋がっています。

 

やり取りを頻繁にする訳ではありませんがこうやって繋がっておくと、何か必要な事が生じた時にすぐにコンタクトして聴くことができます。

 

つながりは財産です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

プロサラはLinkedInを外資系企業のHR担当者やエージェントと繋がって情報収集するため、スタートアップ企業やアーリーステージの外資系企業からの誘いを待つ、海外ネットワークを構築する、ために用いています。

 

ベンチャー企業の場合、直接会社へ行って経営者の話しを聴くチャンスがありました。

 

また、外資系企業のHR担当から直接コンタクトがあり面接に進む、なんてこともありました。

 

LinkedInにプロフィールを登録しておくだけで、何かしらのオポチュニティを得ることができるのでおススメです。

 

まずはLinkedInに会員登録し、プロフィールを作ってみましょう。もちろん無料です。

コメント