40代以降をサラリーマンとして続けた場合のキャリアプランとは?

どうもプロサラです。

40代以降をどう生きるか最近考えるようになりました。色々なパターンが考えられます。サラリーマンを続ける、サラリーマンを引退する、サラリーマンを引退して事業を始める、サラリーマンは時短で働き続けるが副業をメインにしていく、などが考えられます。今回はサラリーマンを続ける場合について書きます。

一番簡単で何も考えなくていい方法

サラリーマンを続ける事は今やっている事を続ければいいだけなので最も簡単な選択肢です。今の職場でそのまま働き続けるのもよし、転職するのもよし、引き続きキャリアを考えながら仕事をしていくことになります。

何をしたいのか、どうなりたいのかを考えておく

40代以降になると自分自身についてはよく理解できていると思います。何が得意で何が不得意なのかがわかっているので得意な領域でやりたいことをやっていくのがベストです。

また、会社で上のポジションを狙っていくのか、それともプライベートを優先させて出世は望まずまったり会社の中でやっていくのかも考えるべきポイントです。出世を目指すのであれば社内政治や仕事のパフォーマンスを出すためにプライベートを犠牲にして働く必要があります。

プライベートを優先するなら、自分のやりたくない仕事やモチベーションの上がらないつまらない仕事も率先してやる必要があります。この辺りのメリット・デメリットを熟考する必要があります。

転職も可能

また、会社の中だけで考えるのではなく、転職して自分のライフスタイルに合わせた働き方もできるでしょう。今までの経験を活かして、小さい会社ではあるが責任のあるポジション、仕事をやることもできるでしょう。

また、フレキシブルな働き方のできる会社へ転職するのもアリでしょう。サラリーマンとしてやっていくにしても今なら様々な環境で働くことが可能です。自分の人生観や何を大切にするのかを良く考えた上で行動することが大切に思えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

40代以降を考える、1回目はサラリーマンを続けた場合について書きました。この選択肢は一番簡単な選択ですが、色々な選択肢が考えられます。何をしたいのか、どう生きたいのかを考えた上で自分のライフスタイルにあったサラリーマンスタイルを考えてみてはどうでしょうか?

キャリア戦略策定については、プロサラがブラック企業時代に考えていたことを、その後のMBA留学・外資系企業勤務時代の経験から体系的にまとめた「戦略的転職プラン」をご覧下さい。

note(ノート)

「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラッ…