外資系転職 海外出張編-失敗を許さない日本-香港編

MBA留学

どうもプロサラです。

 

MBA前は全くの純ドメであったプロサラが、MBA後には数カ国へ海外出張して現地の同僚や顧客と商談や会議をするまでに至りました。これまでの海外出張についてシリーズで振り返ります。まずは香港への出張です。

 

日本より先にアジアでローンチされた製品の市場評価のために香港へ

日本での製品ローンチを翌年に控える中、既にローンチされている香港へ見学する機会がありました。現地への顧客訪問を行い、香港で製品がどのように使われているのか、顧客はどういう評価をその製品に対してもっているのかを確認する事が目的の一つでした。

 

また、現地のセールス・マーケティングチームと合同の会議を設け、製品プロモーションの方法をヒアリングするとともに、日本でのローンチを成功させるためのヒントを得に行くことも出張の目的の一つでした。

 

顧客と営業担当がフラットな香港

香港は中国へ返還されるまではイギリスが支配していました。そのため、英語が通じます。英語が通じるため、日本よりも欧米に近い文化環境が香港にはあります。

 

会話が英語という論理性の高い言語という性質もありますが、よりダイレクトに主張します。日本だと遠まわしに表現したり、直接的には言わないところをダイレクトに言う文化が香港にはあります。

 

また、日本では顧客は神様、という信仰がありますが、香港はどちらかというとフラットでメーカーとユーザーは対等に近い関係で話しができたのが印象的でした。街中は雑多でごちゃごちゃしている印象です。面積が狭い事もあり、高層ビル・マンションが乱立しています。

 

製品のネガティブな部分を探す日本人営業とポジティブな部分をアピールする香港営業

数箇所の顧客を訪問した次の日に、香港営業メンバーと同行していた日本人の営業メンバーでディスカッションする機会がありました。既に市場に出ている製品の売り方について、日本人営業から香港営業へ質問して理解を深める、というのがミーティングの趣旨でした。

 

日本人の営業から多かった質問があったのは、製品のマイナス面を教えてくれ、というものでした。一方で香港の営業は「なんでそんな事を聞く。この製品はここが良いのだ。ネガティブな面はない」。

 

このやり取りに文化の違いを感じました。日本の場合、顧客から細かい部分でクレームを受けることがあります。先に製品のマイナス面を把握しておいて、顧客にネガティブな部分をどうやって説明するか。

 

カウンタートークを用意しておきたい事が背景としてありました。一方で香港では、顧客に自社製品のポジティブな面をアピールして顧客から買って貰う方が重要です。ネガティブな部分に対応をするよりも製品の良さ=ポジティブな部分を伝えるやり方が一般的とのことでした。

 

これは欧米であればどこも同じで、大体自社の製品を愛して、ポジティブに自分を洗脳してしまいます。その上で自信を持って顧客に製品を売るスタイルです。日本の方が特殊で、ポジティブな面よりもネガティブな面を重視するのです。失敗したくない。失敗を許さない文化が背景としてあるように感じました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

香港では日本と違って顧客に製品のポジティブな部分をアピールして製品を買ってもらうのが一般的です。また欧米もそうです。日本では失敗を許さない文化が背景にあるため、製品のネガティブな面を重視してしまいます。欧米人にとっては理解できない日本の特殊性を香港出張で感じました。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

外資系転職については以下の記事も読まれています。

外資系企業とプレッシャー
外資系企業では会社とのコミットメントが非常に重要です。コミットした数字、目標には非常にシビアな目で見られます。日系企業のように毎日決まった時間に出社しても数字が達成できていなければ袋叩きにされます。
外資系企業での出世
外資系企業でのキャリアについて説明してきました。以上はあくまでプロサラの実体験です。マネジメント層になると中途採用で外からやってくることがほとんどです。また、業界にはピラミッド構造が存在しており、基本的にはピラミッドの上から下へキャリアアップする形で転職してくるのです。
外資系企業への転職
プロサラははじめての外資系企業への転職でカルチャーショックをかなり受けました。ですが、人間関係がある程度できてくるとその仕組みが合理的にできていることに気づきます。
ポストMBA外資系企業での面接術
外資系企業での面接術について紹介します。同業種・同業界の場合はスキル・経験の刷り合わせになるので何をやってきたのかを話しましょう。異業種・異業界の場合は熱意とキャッチアップするための具体的な努力を伝えましょう。両者に共通する対策として端的にかつ早口で話すようにしましょう。
ポストMBA外資系転職:米国本社勤務への壁
外資系メーカに勤めていた頃、プロサラは本社への出張はあるものの、米国本社で働くという機会には恵まれませんでした。実感として本社で働くのは相当な理由がないと難しいです。ポストMBA転職後に、米国本社で働きたい方、興味のある方に本社で働くために必要な事について説明します。

コメント