新卒者・転職者向け こんな会社は要注意part4 研修制度に自己啓発系の研修がある会社

ブラック企業

どうもプロサラです。

 

シリーズも第四弾まできました。

 

今回は研修制度に自己啓発系の研修がある会社です。自己啓発系の研修では、プライベートまで掘り下げられ人格まで踏み込んできます。そういった研修を「社内制度」として活用している会社には注意をした方がいいでしょう。

 

過去シリーズはコチラから。

新卒者・転職者向け こんな会社は要注意!part1 「成長」がキーワードの会社
成長という言葉に騙されないようにしましょう。成長なんてどこの会社でも一旦入ってしまえば誰でもできるのです。これは単なる企業のプロモーションにすぎません。むしろそういう飾り言葉よりもファクト=経営実績や今後のビジョンや具体的な戦略と進捗状況、などを重視しましょう。
新卒者・転職者向け こんな会社は要注意!part2 企業担当者が「いい人」の会社
就職活動中に説明会や面接などのプロセスで出会う社員がいい人ばかりで、「この会社いいな」と思う気持ちを会社選びの基準に置いている人は要注意です。業界の将来性やその企業の経営指標などで定量的に把握しつつ、OB訪問などを通して定性的にその会社が良いのかどうかの2軸で判断しましょう。
新卒者・転職者向け こんな会社は要注意!part3 理念や価値観ばかりで具体的な戦略説明がない会社
会社説明会で社長および経営者から理念や価値観ばかり離している会社は要注意です。いくら社長の話しが引き込まれる内容であったとしてもその会社の具体的な戦略がなければブラック企業の可能性が高いです。逆に例えプレゼンが下手な人でも、しっかりと会社の方向性や戦略を示せている会社の方が魅力的です。

 

スポンサーリンク

研修制度の充実度をアピールする会社

確かに新卒社員にとって研修制度が充実していることは教育環境が整っているという意味では就職先の決め手の一つではあるでしょう。

 

しかしながらこれが会社選択の決め手になってはいけません。本来、研修とは業務遂行する上で必要なスキルを学ぶための場を言います。あくまで研修制度は会社の補助的な機能にすぎず、それが会社にとって第一に重要ではないはずです。

 

しかしながら、この企業研修制度を猛烈にアピールする会社があります。「ウチは研修制度が整っているので、社員の成長環境が整っている」「外部研修を受けることにより人としても成長できる」。

 

こういう形で以前のエントリで説明した「成長」とセットで「社内研修制度」をアピールしている会社は要注意です。

 

スポンサーリンク

人格能力の向上に関する研修制度のある会社は要注意

研修制度の中でも、テクニカルなスキルではなく、人格に関する研修制度を整えている企業は要注意です。人格形成に関する研修とはすなわち、洗脳に近い教育を受けさせる研修です。経営者がよくハマるような研修です。

 

これらの研修は経営者が受ける分にはいいですが、それを従業員にまで強制させるのはどうかと思います。従業員はあくまで使用人であり、経営者ではありません。こういう研修は仕事以外の部分にまで踏み込んできます。

 

例えば人格系の研修を受けるにあたり上司に家族について報告することが求められます。また、家族に関する文章を書かせたりします。これに共感できないならやめておくべきです。また、採用する側も最初から学生に対してそういう会社であることを説明しなければなりません。ミスマッチがおきれば会社・学生双方にデメリットでしょう。

 

 

スポンサーリンク

研修制度はあくまでオマケ

プロサラが学生時代の頃は研修制度にも魅力を感じたりして会社選びの決め手の一つにしていました。実際に入社して自分で3年くらい働いていると将来キャリアについて考えるようになりました。

 

その時に自分で将来なりたい姿について考えました。そうやって考えるとそこにたどり着くためには何が必要かわかります。その必要なスキルは会社の研修制度で学べるものかもしれませんし、自分で取りにいかないと学べないものもありました。

 

プロサラは29歳の時にMBA留学することを決めましたが、会社にはそのような制度はありませんでした。したがって最初からどんな研修が必要かなんてわかりません。3年くらい働いてみて自分の得意な事ややりたい事がわかってきたらその時にどんなスキルが必要なのか考えればいいのです。

 

その時に会社で学べるなら学べばいいし、学べないなら外に出て学んで身に付ければいいのです。新卒の就職活動の段階で会社の研修制度について特に気にする必要はありません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

会社の研修制度をアピールしてくる会社は注意が必要です。特に成長と結びつけたり、人格形成に結び付けたりしてアピールしてくる会社はブラック企業の可能性が高いので受けないでおきましょう。

 

もしこのような企業で働いていて転職したいが会社がさせてくれない方へ。プロサラがブラック企業で働いていたときにはなかった退職代行サービスがオススメです。中でもSARABAは料金安く、サービス内容も他社と比較しても良い内容となっています。

 

退職代行

LP | 退職代行「SARABA」

 

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

 

転職活動のノウハウについてはコチラも参考になります。

転職マーケットにマッチした人材になるための工夫
転職エージェントが発表するレポートなどを定期的にチェックすること、新聞などからトレンドを把握すること、転職エージェントの担当者と会って情報収集すること、の3点が重要です。プロサラはそれを20代の後半から意識することによって、今では希少人材になることができました。
レア人材になる方法
希少人材になることで自分の人材市場での評価が高まります。誰でもなれるような人材であれば企業から安く買い叩かれるだけです。替えがすぐに見つかるので市場評価も低いです。企業が欲しがる、希少人材になりましょう。食いっぱぐれることがなくなります。
転職のススメ
転職すれば別に会社が危なくなろうがどうなろうが生きていくことができます。会社に浸かっていると、会社の中の視点になり、外が見えなくなってしまいます。手遅れにならないうちに、転職するまでとはいかないものの、一度転職活動をされてみることをおススメします。会社の中での視点ではなく、客観的な自分の評価がわかりますよ。
転職面接活用法
プロサラは転職での面接を情報収集の場として活用していました。企業の生の情報をその企業で実際に働いている人から聞ける貴重な機会です。この貴重な機会を活かして色々な企業の面接を受けてみることをオススメします。面接の練習にもなりますので一石二鳥です。

コメント