大学生の時にやっておいたらよかったと思う事

雑記

どうもプロサラです。

 

現在、30代も中盤に差し掛かったプロサラです。もし大学生に戻れるなら何をやっておいたらよかったか書いてみます。後悔先に立たずですが、このブログを読んだ大学生(このブログのターゲット読者ではないのですが・・)向けに書いてみます。

 

スポンサーリンク

自分の知識をアウトプットするバイトを見つける

アルバイトでは自分の将来に役立つアルバイトをしておけばよかったと思います。プロサラが大学生の頃はファミリーレストラン、コンビニ、塾、飲食店、でのアルバイトが主でした。

 

塾はアウトプットして生徒に教える仕事でしたが将来には直結していなかったように思います。今だと記事を書く仕事、調査、英語を使った仕事、などです。飲食系のバイトでも店舗の数字を見るとか、売上を上げていくような仕事であれば面白かったたなと思います。

 

スポンサーリンク

ワーホリや海外放浪より留学先で旅する/アルバイトをする

できれば海外の大学とのジョイントプログラムなどがあれば参加したかったです。もしくは単位交換留学など。海外に行きながら単位が得られると一石二鳥ですし、さらには学位までダブルで貰えると海外の大学も卒業した事になるので一石三鳥です。

 

どうせ海外経験するなら休学して旅するよりも留学しながら留学先の休暇中に旅した方が良いです。

 

スポンサーリンク

日本の伝統文化に関わる部活もしくはサークル活動に入る

プロサラは大学時代、部活もしくはサークル活動に参加していませんでした。今入るとしたら体育会系なら日本発のスポーツをやりたいですね。特に剣道をやってみたいですね。

 

また、文化系なら日本文化を扱う部活とかですね。要は日本の伝統的な文化に関係する部活に入っておくと、将来的に海外の友人やビジネスシーンで日本を紹介する時に役立つからです。自分がやっていた事なら特技としても紹介できますし、友好のネタになるのです。

 

スポンサーリンク

講義で学んだ事を実務に活かす

プロサラは工学部出身ですが、もっと実務に直結する形で勉強していればよかったな、と思います。当然、基礎系の科目は座学で勉強しなければいけません。

 

学んだ知識を企業の研究所などでアルバイトしながら学んだ知識を現場でどう活かすかを体験していればもっと学びが深まったように思います。座学で学んで、大学で実習をやってラボで研究。当時の大学の工学部のカリキュラムってこんな感じでした。

 

あまり面白くなかったので、どこかの企業でアルバイトでもいいのでやらせてもらえればよかったな、と思っています。お金はもらえるし学んだ事の理解が深まるし、社会の事も知れるし一石三鳥です。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

もし大学生に戻れるなら、アウトプット重視のアルバイトをする、留学して留学先で旅/アルバイトをする、日本文化に関わる部活・サークルに入る、大学の講義で勉強した事を実務に活かす、これらの事をやっておきたかったです。

 

いずれも社会に出た事を想定しています。今大学に戻れるならもっと毎日を大切に生きていたように思います。自分への反省をこめて。

コメント