MBA取得でキャリアアップできるという幻想

MBA留学

どうもプロサラです。

 

MBA取得することでキャリアップできる、というのは幻想にすぎません。MBAを取ったからと言ってキャリアアップできる保障などどこにもないのです。キャリア戦略が重要なのであってMBAはツールにしかならないのです。失敗事例も紹介しながら説明します。

 

キャリアアップするには色々な条件が必要

MBAを取得してキャリアップするにはそのための条件が必要になります。それは例えば、年齢であったりそれまでの経験であったり、手持ちのスキルや資格であったりです。年齢が高年齢になると企業はポテンシャルでは雇ってくれません。

 

即戦力が求められるのでキャリアアップのためにはそれまでの経験が重要になります。逆に言うと年齢が低くて経験がなかったとしてもポテンシャルを買われてキャリチェンチ+キャリアアップが同時に実現できる転職もあります。

 

この点を考えていないと例えMBAを取得したとしてもキャリアアップできるとは限りません。何も考えずに海外留学してまでMBA取得できたとしても場合によってはキャリアダウンしてしまう可能性もあります。

 

キャリア戦略が必要

上記の条件もそうですが、その他にも労働マーケットや景気などにも目を見張っておく必要があります。いくら条件を満たしていたとしてみ景気が悪いとそもそも企業が採用を控える可能性もあります。

 

キャリアアップするためにはこれら外部環境や自分の状況すなわち内部環境を理解した上で戦略を立てる必要があります。戦略的な転職プランが求められるのです。

 

具体的な転職プランの立て方についてはシリーズ化していますのでそちらをご覧頂ければ幸いです。

 

(参考)戦略的転職プランシリーズ

404 NOT FOUND | プロサラいすと

 

戦略なしでMBAを取ると

上記の戦略なくMBAを取るとどうなるでしょうか?

 

何も起こらずに単にお金だけ払ってMBAホルダーになった、というケースもあります。プロサラの先輩は34歳から国内大手の学校が提供するMBA講座をパートタイムで受けていました。職種は営業職です。スキルや資格は営業以外にありません。36歳でMBAを取得しました。その結果どうなったか?何も変わらずに今の仕事を続けています。

 

(参考)残念なMBAホルダー

残念なMBAホルダーの価値について教えます
今回は残念なMBAホルダーについて取り上げました。このようにならないためにも20代のうちから冷静かつ戦略的にキャリアプランを考えておくべきです。さもないとお金をドブに捨てただけの最もコスパの悪いMBAホルダーになりかねません。戦略的な転職プランの考え方については以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

また、海外MBAでもないので英語はできません。さらに年齢と職種を考えると大幅なキャリアチェンジはもちろんのこと、キャリアアップすら望めない状況です。

 

さらに悪い事に今いる職業がコントラクトMR(医薬情報担当)のため、MR自体の数も少なくなっているという非常に厳しい状況です。このようにMBAを取得したからといってキャリアアップが約束されている訳ではないのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

MBAを取得することでキャリアアップできるというのは幻想です。転職マーケットや産業・景気動向から自分の持っているスキルや経験を掛け合わせた上で転職のための戦略をMBAに行く前に練っておく必要があります。それがなければ単にMBAホルダーになっただけで何の価値も生み出さないことになりかねません。

 

(参考)転職マーケットで評価される人になるには

転職市場で求められる人材にどうやってなる?その方法教えます!
転職エージェントが発表するレポートなどを定期的にチェックすること、新聞などからトレンドを把握すること、転職エージェントの担当者と会って情報収集すること、の3点が重要です。プロサラはそれを20代の後半から意識することによって、今では希少人材になることができました。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

コメント